退職|転職活動を始める場合、事前にインターネット上で求人サイトを閲覧したりし・・

転職を行うにあたっては、始める前に、ウェブ上の求人サイトを見たりして…

転職を行うにあたっては、事前にネット上で転職関係のサイトを見たりして気になる会社をチェックするでしょう。当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。仮に公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の「社長インタビュー」などに関しては、馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「話が全く違う」と気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれ言いがかりをつけて退社させないように仕向けています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

退職|新卒で採用された会社でつらく当たる上司に憂鬱な気分にさせられ…

勤めていた会社でパワーハラスメントを行う上司に悩まされ、我慢の限界を超えてその会社を辞め、同じフィールドの別の企業に変えました。人間関係で悩むこともなく本当に満足の日々でしたが、ゆっくりと会社の売上が悪化して、ある会社に経営統合されることとなりました。そして経営統合したのは驚くなかれ前勤務していた会社で、加えて反りが合わない上司が再び私の上司となることになりました。いったいこれはここまで縁があるとは。当然新たな転職先を探す活動を開始する予定です。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといってすぐ退職できるというわけではないこと・・

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、任意のタイミングで辞められるわけではないと、実際に転職活動を経験して実感しました。結婚し、落ち着いたら早く子供がほしかったので、その時がくるまでのあいだ、数年だけ今のそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。派遣社員であったために、正社員より月収は少なかったですが、それでも時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。ですが、入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの人が10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣だからといって、契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、ちょっと困っています。

転職サイトあるいは転職エージェントを使って、転職活動される人は多くなってきました。

転職エージェントと転職サイトを活用し、転職活動される人は多くなってきました。だとしても、より転職の可能性を高めたいなら、並行して転職フェアも活用しておくことをお勧めします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、そこに足を運ぶことにより多くの企業の情報が得られ、加えて、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加する機会があれば、1次面接に臨むつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。仮にフェアの期間中に企業側に必要な人材と思わせることができれば、後に採用面接でアドバンテージになります。

退職|「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜…

これはシフトの仕事についてです。毎週、特定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方について、あらかじめチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、過去に私は産休で休む人の代わりにと正社員として入社したのですが、そこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任の方が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私自身もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・今思うと本当によく我慢してやってこれたと思います。

転職する活動で「自分はこれまでずっとこのような職場…

今やっている転職活動時、「これまでこのような仕事をしました」「過去の仕事によって、手にした技術は、、、です」とそれまでの成功体験やセールスポイントをしっかりアピールする人は少なくありません。ところが、転職希望する再スタートを狙う環境下で「こういったことをしたい」「斯くの如き内容の事ならできれば貢献できると思う」と将来的なビジョンで自分自身を売り込むほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

このように近年の企業の雇用事情の激変ぶりに当たって、働きざかりの世代の…

このように現在の企業の労働環境の大きな変化について、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代が特にチェックし、気にかけているようです。それはたぶん、先行きを見据えようとしているのでしょう。なので、働き手といった労働力の「流動化」が顕著になっているため、さらに後々転職への関心度が高まる気がします。「流動化」の影響により、労働者の転職は他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が存在したかつては、「会社を辞めて転職」にはれだけで良くないイメージがつき転職が思い通りにいかない人もたくさんありました。けれども、時流が変わったせいもあり、今現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も減っているように感じます。

退職|転職をしようとするときに、まずは会社を辞めた後でと考える人もいるでしょうが、…

新しい職を探すのに、会社を辞めてからと思っている人もいるでしょうが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスがいつ支給されるかについて事前に確認しておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業はほとんどですが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが出る日が目前に迫っているのであれば、それから会社を去るという考えもうまいやり方です。ボーナスは結構額が大きいので、もらっておかないと損をすると考えることもできるでしょうから、辞職を考えたらいつボーナスが入るのかを最初に調べておいた方がスマートな方法です。

退職|転職のため仕事探しをするときに特に注意すべき求人の募集内容・・

就職活動するときに注意したほうがよい求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長めであるというものです。このような求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがよくあります。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間とか45時間という感じで求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、前もって給料に残業代を組み込むというシステムになります。(この仕組みは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代25時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料です」という意味になるわけです。ですが、悪質な求人にはこの『みなし』をわざと記載していない場合もあるので、しっかり気を付けてください。

退職|知人の紹介をキッカケにして転職の先を見つける人もいます。

知人による紹介で転職先を探すこともあるでしょう。しかしながら、その場の労働環境、それから労働時間などの大切な部分を知人からの口コミ情報のみで鵜呑みに判断するのは後々良くはありません。そういうわけはある特定の人の口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。要するに知人にしたらとてもよい職場に思えても、、自身にとってはイライラするだけの可能性だってあるのです。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけで判断せず、自身の目でしっかり確認しておきましょう。

もし転職することを、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知…

転職することを、今の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気がガラリと変わるかもしれません。今までの周囲との関係によっては、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。時には、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに転職のことを周囲に言うのはお勧めしません。上記のようなトラブルを避けるためにも、今の職場では、真面目に仕事をしておきましょう。そうしておけば、良い空気をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を退職できるはずです。そして、円満退職できれば、辞めた会社に困ったときにアドバイスをもらえるかもしれません。業種などに関係なく、どこの企業も、人とのつながりはとても大切であるため、退職前のトラブルは、できるだけ回避してください。

転職活動で重要なことは企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接係員との…

最短で転職したい場合は希望する企業とのやりとりというより、人事や採用担当の面接官との勝負が大半といえます。面接で成果を出すためにも、初歩として面接が始まるときに焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。たとえば女性とお見合いをする気持ちで望むと良いと思います。更に大事なことは面接官は第一にあなたの内面的な素質をチェックされてしまうので誤解を招くような言動や見た目は気をつけて控えましょう。社会人らしい身だしなみや服装を整えながら、あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

退職|派遣で働いています。派遣法とか労働契約法のからみで否応なく・・

ある会社に派遣されて働いています。労働契約法の関連で残念ですが長く働いた就業先での仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣である方の中には、派遣で勤務している会社で正社員としての契約を獲得した人もいるのですがぶっちゃけた話仕事の実力とは関係なく派遣先上司の扱い方が上手でそれが採用の決め手となった様子。業務上の能力よりもおじさん転がしのスキルが大事なんじゃないのと抜擢されなかった他の派遣仲間と派遣先の会社で愚痴を言う日々です。

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。その…

ある古物商の会社で書類選考をパスし、面接の日時について相手方から連絡をもらい、それなのに、面接日当日、指定場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。待たされたのち、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、非常に面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接を終えました。しかしながら、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでそんなわけで改めて電話した結果、「残念ですが不採用になりました」、とそう言われてすぐ、電話を切られました。私は呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、本心から、不採用で良かったと痛感しています。

退職|転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。多くの企業は履歴書と職務経歴書に記載されている内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、どうあってもこれらの書類の作成が大事になってきます。ただ必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容を魅力的なものにすることも重要です。職務経歴書は、今までの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書きましょう。さらに、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく記載しましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのために転職エージェントを利用してみるのも転職を成就するための有効な方法です。

退職|求人広告には、多くの株式会社では月収が明記されています。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の企業では月収の記載に目が行きますよね。だけれどもこの箇所を見る際は、注意して確認する事が大切です。額の多い少ないだけを見て納得しないほうが無難です。というのはもしかすると、月収の中身が「毎月15時間の残業」が含まれているおそれもあります。残業代を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性が考えられます。そういうわけで、このような可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。