退職|転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備はしなければなりません。

転職活動を進めるには、相応の準備が必要となります。

  • 再就職する場合、それなりの準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は気にしている人は多いはずです。ところが、近年の企業面接については形式ばらない服装で良い会社もあるため、スーツでなくては、と考えて面接に行く必要がない場合もあります。とくに会社の創立したての新規の会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接したほうが、相手先に良い印象をあたえます。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話が出来るのも魅力です。さらに私服であれば、面接時に、ファッションの話題に発展しやすいので、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。今後、転職は会社の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている…

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にチェックしてほしいポイントが何点かあります。一般的に派遣社員の業務については、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といったものを連想する人がおそらく多いかと思います。本音を言うと私もまさにそう思っていました。今、働いている職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「担当業務は電話対応になります」と派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし、仕事に就くと、「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。とくに特別な知識もなく、入社前の説明とはかなり違っていたので毎日非常に参っています。現在は、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

    近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり・・

  • 今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、社名の公表がなされるなど罰則も強化されていますが、まだ完全とはいえません。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。とりあえず、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらをもとに色々と質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場では答えられない」みたいなはぐらかされるはずです。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳しく聞いていくと、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでも質問を止めずにいると、ふてくされたかのような態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、「何か引っかかる」と思ったなら、入社は止めるべきです。

    生涯初の失業保険をもらうときに、何もしなくても受け取れると思っている人が…

  • 生涯初の失業保険を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人がかなりいますが、それは正しくありません。実は、失業保険の給付を職探しを続けている必要があり、その上で、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔でハローワーク職員と面談をして、きちんと就職活動をしていると判断されれば翌月の保険給付が行われるシステムです。これに対し、真剣に就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、アッサリと給付をストップされたり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそれを防ぐために充分に気をつけてください。

    退職|派遣先の会社が決まりました。勤務の初日に派遣会社の営業担当者と…

  • 派遣先の会社が決まりました。仕事の最初の日に営業を担当している方と就業先の近くのコンビニで待ち合わせたら、彼がなぜか店の前にいないので中にいるのかもしれないと考え店内に入ってみると、彼は驚くことに雑誌売り場の所でしゃがみ込んで18禁の雑誌のグラビアページを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな担当者の仕事なんて勘弁してほしいと考えて、挨拶もせずこっそりとコンビニを出て即座に派遣会社に辞退の連絡をしました。

    新たな勤め先でこれまでに培われてきた資格やキャリアを活かすことができれ…

  • 新しく就いた勤め先で今までに培ってきた能力を活かすことができれば、即戦力として周囲から評価されて、早々に職場にも馴染めるようになるでしょう。また雇用先も即戦力となる人材は常に欲しがるので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。それに加えてこれまでの働いていた職場と似た業界であれば、見込みはおおいにあります。ですが、即戦力な基準を満たしていても、大手の事務職、公職については、時代に関係なく、かなりの難関であることは間違いないといえます。

    就労期間中なら、なるべく周りの人間に気づかれないように…

  • 就労期間中は、可能であれば、悟られないよう、(自身の場合)在職中に「転業するかも」という意思表示のみを活動初期の段階で周りの人間に言ってみたことがあります。けれど、その顎、求人情報を散々見て回ったのですが、思いとは裏腹に働く先やタイミングも計画も立てずに進めていたので、知らぬ間に時間を空費する結果に。その傍ら、社内では仕事の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験したのち、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

    転職活動をやっていると、絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていて面接で間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、正直に話しても問題ありませんが、「転職理由」を率直に話すのはオススメできません。待遇に納得できないことや、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。とはいっても、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。加えて、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話題を変えてしまいましょう。

    転職をする際の面接のときにつける腕時計についてですが、…

  • 転職する際に行われる面接を受ける時につけていく腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプのものは着用は避けたほうが良いと言えます。この場合の、目立つを詳しく言うと明らかに高価なものだったり、といったことだけではなく反対に完全に安物である腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目立つという意味であって正反対の意味で目を惹く、と覚えておきましょう。面接の際の腕時計に関してもポジション的にはネクタイやスーツと一緒の考え方で、ビジネスの場にふさわしい無難なものを選ぶのが確実です。けれども、自身の年齢に見合ったものであるということもとても大切なことで、新卒の頃に面接時に準備したものよりはほんの少しでも値が張る腕時計にした方が良いとはっきりと断言できます。

    退職|こういう転職ができたという話は知人から聞いた話です。

  • こうした話は兄の話です。新卒でなにがなんでも勤務したかった目標のA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、それから後仕方なく別の会社に就業しました。それから1年経過したぐらいに派遣の求人のサイトで奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、どうにかしたくなりその時の会社をすぐに辞め、A社で派遣勤務を開始、必死のパッチで頑張ってそれから先幸運にもA社で正社員になり、現在においては仕事に誇りを持ちつつ明るく勤めています。

    古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 昔から「石の上にも三年」という教えがあります。現在の社会では終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。でも、誰もが簡単に転職できる安易にそれを選択するのは考えものです。実際に転職するつもりなら、適した時期を捉える必要があります。はじめに、今現在の職場、仕事について具体的に、不満点を少なくとも5、できれば10個ほど、箇条書きしてみてください。そうしておくことで、再就職がスムーズになるはずです。そして、おおまかな進路が見いだせたら、素早く、より良い仕事ができるように進めることも大事です。

    新しい企業の社員になりたいと転職をする活動をする人の大・・

  • 違った職場がいいと転職をする活動をしている大半は、「少しでも早く内定がものにしたい」と思いがちです。しかし、それで内定通知を欲しいばかり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、また対称的に自分を過小評価にしかならない行動は出来るだけ避けるべきです。焦燥感をグッとおしころして、冷静に、そして客観的に、自分にふさわしい職場を探すことに専念することが重要なのです。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を見極めましょう。

    自分のスキルが有利にはたらくように転職活動を検討する場合・・

  • 今ある自分のスキルや資格を有効活用しながら、転職をしようと考えているのなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、再就職が難しいジャンルがある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職がむずかしくないジャンルは、慢性的に人材不足がいわれている医療や介護系の仕事が代表例といえます。医療・介護の分野では看護師や介護士の「資格」が必須なため、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、諸事情によって、他業界に転職したいと思っているなら、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。そのため、容易に考えない事が必要です。異業種への転職を実際に行う際は、「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。

    退職|近い将来、社会ではぐんぐんと簡単な作業は機械によ…

  • 近い将来、社会ではどんどん単純労働は機械に変換されて結果的に人手は少なからずカットされていきます。なぜかというと、単純労働の場合は、機械でやったほうが数段に分があるからです。数をカウントしたり、同じ動きを延々と繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。人間とは違って愚痴を言わず、疲れることもないし、ずるもしない、何より正確ですし、均一化できるのも魅力です。また、人と違って給料が発生しません。このように、人を使う理由がなさすぎます。ですから機械化が無理もありません。

    以前はかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 私が仕事を探していた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルにおいても本当にまちまちでほとんどの場合、満足のいく対応をしてくれない方ばっかりでした。こちら側は人生がかかっているのにもっと心して臨んでほしいという落胆した気持ちが募って、そんなことがあったこともありキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格の取得は費用も掛かりました。また、勉強面もとても大変なわけですが、就活中の人にあなたが担当者でよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

    転職をしようとする際に絶対に用意する履歴書や職務経歴書などに関しては・・

  • 再就職の際に必ず用意する履歴書などについては、大方は自筆ではなく、パソコンを活用して作るのが主流となっています。日本国内では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず手書きで作成するのが常識と捉えられている面もありますけど、それは新卒時の就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実際には、転職のケースは100%パソコンを使ってはいけないとは言えないのです。自筆の履歴書の方を高く買うケースもあるようですが、違うところがだんだん増えてきますから、パソコンを使って作った履歴書でもOKな会社は多いのです。