退職|転職活動には、然るべき準備は必要です。

退職|転職活動では、それなりの準備はやらなくてはいけません。

転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備をしておく必要があります。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に見える「ファッション」は気になりますよね。しかし、今の企業面接については形式ばらない服装を許可している企業もあるので、ビジネススーツで出向かなくても良い場合があります。創業したての企業などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。正装でないので、フランクに話をしやすくなります。そして私服なら、面接の際に、洋服の話題に発展しやすいので、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということから、これから転職するのなら、気になる企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意してもらいたい箇所が複数あります。派遣社員という言葉を聞くと、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をのようなものを考えた人がおそらく少なくないとは思います。実はかく言う私もそう勘違いしていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「電話対応が主な業務」と入社前に説明を受けました。でも、いざ仕事に就くと、なんと「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めを頼まれました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とはかなり違っていたのでかなりきついです。今はとにかく、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、厳しく罰する傾向にありますが、まだ完璧とは言い難い状況です。そのため、面接で見破る必要が出てきます。とりあえず、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについて色々質問してみることからやってみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場では答えられない」みたいなはぐらかしをしてくるはずです。とりわけ「給与」「残業」「休日」については、詳しく聞いていくと、渋い表情を見せる場合が多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、変だと思ったら、見抜いた方が後々いいと思います。

退職|生涯初の失業保険をもらう際に、じっとしていれば給付されると考えている人が…

生涯初の失業保険をもらう場合、じっとしていれば受け取れると思っている人がたいへん多いですが、それは誤解です。実は、受け取り続けるためには、職探しを続けている必要があり、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔でハローワークの職員と話し合いをして、真面目に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。また、真剣に仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談を無断欠席している場合は、ルールとして給付をストップされたり、場合によってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために気をつけてください。

派遣でのお仕事が決定しました。

派遣として働く会社が決定しました。仕事の最初の日に営業担当者と派遣先の会社に近いコンビニで合流する予定だったのですが、なぜか約束をした店の前にいないので店内にいるのではないかと考えコンビニの中に入ってみたところ、彼はなんと雑誌の所に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて見ているではないですか。こんな人に担当されるなんて勘弁だと感じて、挨拶することもなくお店を出て即刻派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

あたらしい職場でそれまでのキャリアを活かせられれば…

新しく就いた仕事でそれまでの資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力として周囲から迎えられ、割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。それはつまり会社サイドも、そういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえあえば、そんなに難易度は高くありません。加えて以前の仕事と近い仕事内容なら転職は非常に楽になるでしょう。しかし、それなりに実力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員系(国家・地方ともに)は時代に関係に左右されることなく中々の競争率ですから、楽観視は禁物です。

退職|就労であるのなら、極力気づかれないように、(自身の転職活動…

雇用中には、状況が許す限り、周りの人間にバレないように(自身の転職活動では)就労期間中に転身したいという意図だけをはじめのうちに社内の人間に知らせたことがありました。だが、その後に転職情報を色々と探してみたものの、就職のあても転職するタイミングすら何一つ進めていたので、やみくもに時間だけが過ぎてしまいました。一方、社内では業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、お粗末な展開を迎えました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就職先を探す流れになりました。

転職のための活動を行っていて面接において絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をやっていると、面接で高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、隠さずに話してもOKですが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。転職理由でよくある報酬に関する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、採用担当者に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重に質問をしてきます。不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。それにプラスして、この会社に入社してこんなことをしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、そのために御社を選びました、とうまく話をすり替えましょう。

退職|転職する際に行われる面接でつける腕時計に関しては、明らかに目を惹くタイ・・

転職をする際の面接を受ける時につけていく腕時計に関しては、明らかに目立つような腕時計は着用をやめた方が好ましいです。この場合の目立つ腕時計とは有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではないのです。それとは真逆で安い腕時計に見えるとか、そういった目を惹くという意味であって正反対で目立つ、ということで考えておいてください。面接の際に付けるべき腕時計においてはネクタイやスーツと一緒の考え方で、ふさわしいものをするほうがベストだと言えます。とはいえ、自分の歳にあった腕時計というのも不可欠なことで、新卒の面接で着用していた腕時計よりは多少なりとも値が張るものにした方が好印象だとはっきりといえます。

退職|こういう転職ができたという話は知人から聞いた話です。

こういう転職という話は友人の話です。始めに学生時の就職活動でなにがなんでも勤務したかった憧れていたA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、その先他の会社に就業しました。3年経ったぐらいに派遣の求人サイトを閲覧する中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を発見し、いてもたってもいられずその時働いていた会社をすぐに辞め、派遣社員としてA社で働き始めました。真面目に頑張ってそれから後予定通りにA社で正社員として採用されて、今は仕事のやりがいを持ちつつ元気に働いています。

退職|昔から日本には”石の上にも3年”という格言があります。

”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。現在、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのはとても身近なものになってきました。とはいえ、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職するつもりなら、時期を図る必要があります。必ずや今やっている職場、仕事について全般的に、嫌だと感じいているポイントを、およそ10個、メモしてみてください。この作業が、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、できるだけ素早く、良い仕事を手に入れられるように進めることも大事です。

違った職場がいいと転職活動をしている場合には「一刻も…

もっと良い会社がいいと転職を希望する場合、「ちょっとでもはやく内定が手にしたい」と考えるものです。でも、それで内定通知ほしさのばかり、自分をより大きく見せたり、またその逆に過小評価につながる言動はできるだけ止めておきましょう。焦る気持ちをグッとおしころして、冷静かつ客観的に自分にふさわしい職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活用できるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く選んでみてください。

退職|今の自分のスキルや資格を有効活用しながら、就職活動をしていく場合…

今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動をしようと考えているのなら、比較的、再就職しやすい業種と比較的、転職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。すんなりと転職がかなう業界としては、働き手がいないと問題となっている医療・介護業界が代表でしょう。医療や介護では、看護師や介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、仕事に対しての不満によって、異業種に転職しようと思う場合は、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の流動性はかなり低くなります。というわけで、簡単に考えないことが大切です。異業種への再就職される場合は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。

退職|私たちの社会的環境において、今後より一層簡単な作業…

将来、私たちの労働環境において短絡的な仕事は機械で処理されるようになっていき、それによって労働人口はどうしても減っていきます。単純労働では、人間の手を借りるよりも機械で進めたほうが数段に分があるからです。数を数えたり同一の動きをずっと繰り返したりすることは機械には何の苦もありません。もちろん人間とは違って文句も言わない、疲れることがありません。また、不正をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できる強みもあります。さらには、報酬も発生しません。こういったことから、人間を使う意味がまったく無さすぎるため、機械化が当然といえます。

私が仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

昔は何個かの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーの質も驚くほどまちまちで大体は納得のいく対応をしてくれないアドバイザーばかり。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと思い入れを込めて向き合ってほしいという気持ちが積もり、その事がきっかけで自分がキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取るのは費用も必要でしたし勉強に関してもとてもヘビーでしたが、就活中の人たちから頼ってもらえる存在になるべく努力しています。

転職の際に絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書において…

転職の際に絶対に準備する履歴書などに関しては、基本、パソコンで作るというのが当たり前です。日本国内は履歴書は自筆で書くのが当たり前だと思われる面も多々ありますが、それは新卒の人の就職活動やアルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、実際には、転職に関しては絶対にパソコンを使ってはいけないとはっきり言うことはできないのです。手書きの方を良しとする企業もあるようですが、そうではない時がだんだん多くなってきていますから、パソコンで作った履歴書でも大丈夫なケースは意外にも大量にあるのです。