退職|転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」におい…

もしもあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」にお・・

  • もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと検討している人、実践している人が増えています。ここ最近は求人情報サイトを使用することで地方の求人でも容易に知ることができますが、ですが、地方や郊外での求人に関しては、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないので、その点がマイナスといえます。なので、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもしっかり確認しておくことをお勧めします。そうした機関の就業サポートの関連情報も見逃さないようにしましょう。

    転職サイトは、一度登録したら、電話やメール連絡がしつこく入ります。

  • 転職サイトは、一度登録したら、電話やメール連絡が頻繁に入ります。このことに対して初めて利用する人は結構驚くことが多いです。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが業務なため、非常に積極的な姿勢でいます。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることで企業からお金をもらえるシステムといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業の都合を優先させることがよくあります。加えて、「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れると間髪入れずに、入社するよう後押ししてくることがよくあります。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職に妥協しないように気を付けなければいけません。

    将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職活動と向き合っていけ・・

  • 楽しく過ごしつつ、転職と向き合うことで、メンタル面での負担が減るので、転職活動の間の堕落も避けられるはずです。おまけに精神的な箇所が健全であれば、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。理想的なのは、休職期間を作らずに転職先を見つけることが大事です。今の仕事を辞めずに次の仕事を見付ける形が理想といえます。また、隙間のない探し方をすることで、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのように予定を組んでおくと、働いていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。先を見据えて、うまく転職活動を進めていきましょう。

    転職について考えた場合、そこでの給料ばかりに気を取られる人が…

  • 転職しようと考えたとき、転職先での給与ばかりに気を取られる人が案外少数派でもないでしょう。大半の人は、ですから生活費を手に入れるべく精を出すはず。ですから年収というのは自分の社会的な価値を知る値という見方もできるから、大切なことは至極当然です。でも、ひどくもらっている年収の額ばかりを固執しすぎる人生というのもさみしい気がするでしょう。この世には年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。

    再就職にあたって準備は必要不可欠です。

  • 再就職する場合、相応の準備はやらなくてはいけません。そんな中でも目に見える「服装」は注意している人は多いでしょう。けれども、ここ最近の、企業面接に関しては私服が多い企業があるので、ガッチリとスーツで決めて面接に向かわなくてもいい場合がケースもあります。会社の創立してすぐの歴史のない会社ほど、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をした方が、相手に良い印象を与えられます。さらに、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。また、私服を見せるたことで面接の際に、ファッションについて、話もしやすくなるため、もしかしたら担当者へのアピールにもなります。ということで、今から転職する際は、企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

    退職|転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方に注意してほしい…

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひチェックしていただきたい点が数点あります。なんとなく派遣というと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった仕事内容をなんとなくイメージする人が少なくないでしょう。私自身もまさにそう思っていました。今、勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「お願いしたい業務は電話対応になります」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、実際に入社してみると、なんと「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務をやってくれと言われました。毎回振り回されますし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々困っています。現在は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

    最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件についての取り締まりが強化された・・

  • 現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、悪質な企業は公表されたりと、厳しく罰する傾向にありますが、未だ完璧とは言い難いのが現状です。そこで、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それぞれの項目について細かく質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。その場では答えられないなど逃げようとします。中でも「給与」「残業」「休日」については、質問をしつこくしていると、渋い顔をするケースが多くあります。それでも迫ると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、少しでもおかしいと感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

    生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている…

  • 初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても受け取れると考えている人が少なくありませんが、それは正しくありません。実のところ、希望通りにもらうためには、職探しを続けている必要があり、その上で、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で職員に求職活動の状況を報告して真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。また、「この人は就職活動を本気で取り組んでいない」と見なされたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加な場合は、ルールとして給付を一時的に止められたり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないために充分に注意しましょう。

    退職|派遣でのお仕事が決まりました。

  • 派遣会社での仕事が決定しました。最初の勤務日に営業担当者と勤務先の近くのコンビニエンスストアで合流する予定だったのですが、担当者がどういうわけかコンビニエンスストアの前にいなかったので店の中にいるのかもしれないと考え店内に入ってみたところ、営業担当者はなんとまあ雑誌コーナーで座り込んでいやらしいグラビアのところを開けて見ているのを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて勘弁と判断し、挨拶することもなく気付かれないように店を出て即座に派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

    退職|あたらしい職場でそれまでに培ってきたキャリアやスキルを生かすことができた・・

  • 新たな勤め先で今までに培われてきた資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力として認められ、職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している会社側としても、そのような能力がある人材は常に必要なので、雇用側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。加えて過去の業務内容と同じジャンルであれば転職はかなり楽になるでしょう。ですが、即戦力となるスキルがあったとしても大手企業の事務系、公務員は時代に関係なく、中々の競争率になることを肝に銘じておきましょう。

    雇用期間中は、できれば周りの人に気づかれないよう…

  • 在職中は可能ならば、会社内の人にバレないように(自身の場合)雇用期間中に転社の意思表示のみを早期に会社内で仄めかしてみました。だが、その後に求人誌を必死にあれこれチェックしていったのですが、思いとは裏腹に働く先や仕事を変えるタイミングすら無計画なまま煮詰まっていないまま知らぬ間に時間を空費する結果に。挙句の果てにはその一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験し、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

    転職活動をやっていると、高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると面接のときに間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、正直に話してもOKですが、「転職理由」を率直に話すのはオススメできません。例をあげれば給与に関する不満、上司とそりが合わないことなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。たぶん、自分の得にならないことをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重に質問をしてきます。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そして、「御社に入ってから〇〇したいです」、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社に応募しました、と志望動機にすり替えてしまうのです。

    退職|再就職時の面接を受けるときにする腕時計については、どう見ても目を惹くようなタイプ・・

  • 再就職する時に行われる面接につけていく腕時計については、明らかに目を惹くタイプの腕時計は着用しないほうが安心といえます。腕時計で目立つものというのは高そうなデザインだったり、反対にチープに見える腕時計に見えてしまうとか、そのような目立つということで両極端な意味で目立つのだと理解しておいてください。面接のときに着用する腕時計はスーツやネクタイのようにとらえて、ビジネスの場にふさわしい適切なものをつけるほうが好印象を与えてくれます。ですが、自分の年齢に見合ったものであるということも肝心であって、新卒の時に面接で買ったものよりは多少なりとも高級感のあるものにした方が良いと断言できます。

    これは従兄からの話です。就職活動を始めて在学中の就職活・・

  • こうした話は友人の話です。就職活動を始めて在学中の就職活動で入社することを強く希望していた目標であるA社で行われた最終面接で不採用になって、それから先嫌々ながら違う会社に就職しました。そのあと2年経過したぐらいに派遣の求人のサイトにおいて偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、じっとしていられなくなってその時の会社を即座に退職し、A社で派遣の勤務を開始、懸命に頑張ってそれから後問題なくA社で正社員として働くことができ、現在においては仕事のやりがいを感じながら楽しそうに働いています。

    古来より「石の上にも三年」といわれる諺もありますが…

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という教えがあります。「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。が、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような安易に職を変えようとするのはキケンです。再就職を検討する際は、まずは適した時期を図る必要があります。まず第一に、今現在の職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できていないと感じることを少なくとも5、できれば10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうすることで、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして決断したら素早く、今より良い仕事を手に入れるべく努めることも大切です。

    いい職場がいいと転職活動をしている人の大半は「ほんの少しでもはや・・

  • いい企業の社員になりたいと転職希望者の大半は、「1日でも早く、内定が手に入れたい」と考えてしまうはずです。ですが、その気持ちが強くて吉報ほしさのあまり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、またその逆で能力を安く見積もった言動はできるだけよしましょう。焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専念しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を見極めましょう。