退職|転職のため職探しをするときに気を付けて欲しい求人内容・・

退職|就職活動時に特に注意が必要な求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく・・

  • 転職のため仕事探しをする場合に気を付けるすべき求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いものです。こういった求人の場合、給料に『みなし残業代』が含まれている場合がとても多いのです。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間という風に求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を組み込んでおく、といったシステムです。(注意・違法ではありません)もし求人に『みなし残業代25時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料がもらえます」という意味になるわけです。しかし、悪質な求人は、『みなし』を表記していない場合もありますので気を付けてください。

    知っている人からの紹介によって転職する先を探すこともあるでしょう。

  • 友人や知人からの紹介を通じて転職する先を探す人もいるでしょう。それはいいけれどそこでの労働環境や、労働条件に関する情報について、知っている人からの口コミだけをあんまり信用しすぎるとトラブルになるかもしれません。というのは一人の個人の口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。それ故に友人の立場では良い職場に映っても、あなたにとってはまったくそう思えない可能性かもしれません。その逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけで判断せず、最終的には自身の目でチェックしておくようにしましょう。

    再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • 再就職の前に、今働いている会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が一変するかもしれません。働いている会社の環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。さらに、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽はずみに「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。上記のトラブルを回避するために、今所属している仕事場では、真面目な態度でいましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を退職できるはずです。しかも、何の問題もなく円満退職できれば、転職後も、あなたが困った際には相談できる機会も出来ます。業種や規模に関係なく、どこの会社も、人とのつながりは大事なので、会社を辞める前のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

    転職とは、希望先転職先の会社企業というより、どっちかというと「担当面接官」…

  • 転職活動で重要なことは企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」との勝負といってもいいでしょう。しっかり採用してもらうために、先ずは面接が始まるときに焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げるとお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと緊張がとけるかもしれません。更に大事なことは面接内では第一歩としてあなたの人となりを判断してもらうので誤解を招くような見た目・言動は注意しゼッタイに避けましょう。社会人らしく整った服装を意識してください。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず転職活動はかなり楽になります。

    派遣として働いています。労働契約法のからみで長く働い…

  • 派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法の関連で残念ながら長く勤務してきた派遣先での仕事を終了しなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣先の会社から直接雇用の地位をつかみ取った人もいるのですがぶっちゃけた話仕事の実力というよりは派遣先の上司への媚びへつらいが上手な人でお引き立てがあった模様。仕事ができるかどうかよりもおじさん転がしの能力が大事なんだねーと選考に漏れた派遣仲間の同僚と派遣先の職場でいつも不満をたれています。

    とある古物商の会社で、書類審査を通過しました。2、3日・・

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。その後面接の日時について相手方から連絡をもらい、けれども、当日、指定場所へ行ってみると、なぜなのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、始終呆れるほどけだるい表情を見せ、なんとか面接を終えました。でも、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、いてもたってもいられず、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方がないのでもう一度連絡をしたところ、なんと、「今回は見送らせてもらいました」とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。あまりのことにしばらく何も言えませんでしたが、内心、不採用で良かったと感じています。

    退職|転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だとされています。企業の大多数は履歴書と職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを判断するため、ともかくこれらの書類の作成が大切といえるでしょう。ただ必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、内容が充実していることも大事です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記載します。また、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく記載しましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値を高められるように転職エージェントを利用することも転職を成就するための有効な手段です。

    退職|求人関連の広告には、大部分の場合は大部分の株式会社で・・

  • 求人広告には、とうぜん月の給料が明記されています。しかしこの月収の箇所を見る時には、注意深く確認する事が大事です。その数字だけ見て納得しないようにしましょう。実は場合によっては、月収の額のなかに月15時間残業の場合が含まれているかもしれません。つまり残業代をあえて含めることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられるのです。また「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあります。そういうわけで、こういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社にはスルーしておくのが無難といえます。

    転職活動のとき、気になった求人(あるいは職種)を見つけたと・・

  • 転職活動をしているなら、良いと思う求人(もしくは業種)を見つけたときにしっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、まずその業界のデメリットなどは、知ることができる確率は低いです。インターネットで調べれば簡易的なネット検索によって本来の姿を理解できるでしょう。そのような検索をしないまま、入社した場合、あとでガッカリしてしまう可能性が高いです。そもそもその求人募集が出ている理由が「業務内容がキツく、人がすぐに辞めてしまう」というケースがかなり多くあります。興味をもった案件や業種については、しっかりチェックしてから応募することを心がけましょう。

    転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やすことに加…

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を使ったり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いでしょう。転職先が決まり、仕事を再始動したとき、趣味に打ち込んでいたことによって気付かない間に集中力が養われているのです。加えて、体力アップしていることで一緒に働く人たちと比べると疲れにくいということを認識します。ということで、退職してからの生活は、好きなことに集中することと、体力を落とさないようにしておいて損することはありません。転職が決まり、その職場のなかであなたと同様の趣味を持つ人と知り合えたなら、すぐに仲良くなれます。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

    ほとんどの場合大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、…

  • 大手企業は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。そのうえ、田舎のほうでとなると転職のチャンスがとても小さくなります。しかしながら製造業の会社の場合、地方の工業団地周辺に製造工場を置いていることも可能性が高いです。また、そういう地方の工場は、事業拡大などの際に人員募集をすることも珍しくありません。その機会に転職を検討してもいいかもしれません。地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する会社についての下調べから仕入れておきましょう。公式サイトを見て、求人予定の有無など、こまめにチェックしておくと間違いがありません。

    退職|数年前は求人誌に募集要項の中に「性別」が、記載されているのがほとんどでした。

  • 以前は求人誌では、性別がきちんと明記されていました。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、雇用において、男女差別があってはならないという決まりになり、応募資格内に「性別」を明記できなくなりました。そうはいうものの、求人を出す側としては、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。現実問題として、実は男性必要な案件に女性が募集にやってきたり、女性が必要なのに男性が来てしまったり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。たとえば、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、雇用主が「女性」を必要としている、と読むのが良いでしょう。

    転職時は、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが、…

  • 転職活動を始めるにあたって、様々な手段で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトを利用しない手は無いです。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。辞めさせられた社員の報復によってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、違った視点から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。とはいっても、実際は『クロ』で「本当のことが書かれているので、はやく炎上をしずめよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分関わったらトラブルに遭遇するおそれのあるといえるでしょう。そもそも、本当に善良な企業であればトラブルなんて発生しません。

    人生初の転職を行う際、頭に入れておくべきなのはどうして現在の仕事を去るのか・・

  • 人生で初めて転職をするにあたって、なぜ現職を辞めたいかをクリアにしておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきでしょう。その上で問題を解消できそうな企業を決めていきましょう。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を継続しながら就職活動をしていくことから、時間と体力がなければやっていけません。だから理由がはっきりしないまま転職しようとした場合、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。「なんとしても転職したい!」「現状をゼッタイに変えたい!」という熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくことをおすすめします。

    退職|再就職の面接での身なりは企業側からクールビズで良いと…

  • 再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくださいと記載されているケースもあるようです。ですが、なかには、クールビズで伺うのは印象が良くないのではないか?と感じてしまいます。クールビズについての迷いを抱いている人に伝えたいのは、クールビズでも良いとされているのなら、伝えられた内容をそのまま守った方が良いです。色々迷ってしまい、夏にクールビズでないと不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズ可と言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

    再就職先を探している間は、つい時間が有り余っているた・・

  • 転職期間ではそんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕があるため、だらけてしまいがちです。ですが、そんな風な過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜなら、ダラけた生活が当たり前になると、「心」にも問題が出てくるからです。時間がたつにつれて、仕事をしようとする意欲が湧かず、お金に困ってしまうかもしれません。そうしているうちに、悪いサイクルができてしまい、転職先をうまく見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、給料を第一に考えてしまうからです。給料を一番に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけた姿勢は、転職活動中には必要ないのです。