退職|自身のスキルを武器に転職をしようと考えているのな…

退職|今ある自分のスキルを活用しながら転職を検討する場合は、…

  • 自分のスキルを活かしつつ、転職活動する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と比較的、再就職が難しい業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなう職種としては、人手不足が問題視されている医療や介護系のジャンルがその最たる例です。医療・介護の職種では看護師、介護士の「資格」が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、とある事情によって他の業界へ再就職したいと思っているのなら、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。ですから、簡単に考えない事が必要です。再就職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

  • これから、私たちの社会的環境において今以上に短絡的な労・・

  • この先、みるみるうちに短絡的な作業は機械に変換されて結果として、そういう仕事をする人員はどうしても減っていきます。なぜなら、単純労働においては、人間より機械を稼働させたほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ動きを繰り返したりすることは機械ならへっちゃらです。人間とは違って不平不満を言わないし、疲れもしない、不正行為をすることもないし、正確な作業ですし、均一だし、さらに、人と違って給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。というわけで、労働力として人を使う理由がまったく無いため、機械化されるのは注目されているのです。

  • 私は以前ずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが転職を考えていた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルにおいても驚くほど様々で大方は物足りない人ばかり。こちらは人生の大事な事なのにもっと熱心に向かい合ってほしいという欲が積もり積もってそれが理由で自らキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーの資格を取得するのに費用も掛かりました。また、資格取得のための勉強面においても大変でしたが、お仕事を探している人から担当者があなたで良かったと言ってもらえる人間になるために頑張っています。

  • 転職をしようとする場合、書かなければいけない履歴書や職務経歴書などにおいて・・

  • 再就職しようとする場合絶対に準備する必要のある履歴書や職務経歴書についてですが、ほとんどは手書きではなく、パソコンで作るというのがほとんどです。今の日本においては履歴書や職務経歴書はパソコンではなく自筆で作るのが当たり前と捉えられていることもありますが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、実際のところ、転職に関しては絶対にパソコンで書いたものは駄目とまでは言えません。手書きを高く買うケースもあるようですが、そうじゃないケースがどんどん増加していていますので、自筆でなくても大丈夫なケースはたくさんあるのです。

  • 転職をする場合、まず第一に公式ホームページ、求人票、パンフレットな…

  • 転職をする際は、始める前に、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりして転職希望先の会社をチェックすると思います。その会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントから指導を受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、額面通りではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

  • 勤めていた会社で性格が合わない上司に嫌な気分にさせられ…

  • 働いていた会社で性格が合わない上司に困惑してしまい、結局耐えることができなくなりその会社は辞め、同業の他の会社に職を移しました。転職先の会社では上との関係も良好で働くことができきわめて満足の日々でしたが、だんだんと会社の業績が悪化し、結局はとある会社に経営統合されることとなりました。ところがその統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、加えてまったく反りが合わない上司がまた私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけ縁があるのでしょう。当たり前のことですがまた転職活動をスタートしています。

  • 退職|時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、好きなタイミングで退職できるわけではないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごとに好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動を通じて感じました。私は新婚語、生活が落ちついたらできればすぐに子供を授かりたかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、1年半~2年くらい現在の仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員であったために、正社員よりも年収は少なかったのですが、仕方なく家庭の時間を得たかったので、あえて選択しました。ですが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちは多数のスタッフが派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。なので派遣社員を選択しても、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • 退職|転職サイトや転職エージェントなどを通じて、転職活動を行う人はますます増えています。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動する人は少なくありません。としても、転職活動の成果をもっと高めたいなら、同時に転職フェアを活用することをおすすめします。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、そこに足を運べば多くの企業に関する情報を得ることができ、それに加え、その場にいるスタッフ(説明員)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する場合は、面接を受けるのと同じように自分をアピールする準備をしておきましょう。それによってフェアの中で、企業側から良い人材と見なされれば、それからあとの採用面接で有利になることが期待できます。

  • 退職|これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の業務についてです。決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方についてはあらかじめ尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、過去に私は産休で休む人の助っ人として、正社員として働き始めたのですが、土曜、日曜が固定シフトで新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出られたので、私も同じタイプと思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の上司に「日曜日に休みたいのです」と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。振り返ると「よく耐えた」と自分でも驚きです。

  • 退職|励んでいる転職活動時、「経験としてこういった仕事に従事してきました」…

  • 今励んでいる転職する活動の際、「振り返るとこういう内容の仕事に尽力してきました」「これまでにこのような技術に磨きを掛けました」とそれまでの成功体験やセールスポイントをアピールする人はときどき見かけます。でも、志願しその場所で「近いうちにこういったことに挑戦したい」「これこれの内容の業務をするのならぜひ貢献できると思う」と未来の姿を話してアピールしていったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • このように現代の企業の雇用事情の慌ただしい変移をにおいて、…

  • このようにここ最近の雇用事情の慌ただしい変移をにおいて、全世代の中で34歳ぐらいまでの若年層ほど注目度が高いといわれています。多分、自身の将来を見据えた動きなのでしょう。ですから、働き手などの「流動化」が顕著になっているため、ますます将来、世代に関わらず転職の関心度は高くなるでしょう。労働市場の「流動化」の影響により、転身することはあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、転職者は、評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思うようにいかず、困っていた人も多くありました。しかし社会的な変化とともに現在の仕事だけに執着する必要が特に無いように思います。

  • 新しい職を探すのに、とにかく勤務している会社を辞めてか・・

  • 転職を考え始めたときに、まず勤務先の会社に退社の意向を伝えてからとする人たちもいますが、そうならば会社がいつボーナスを出すかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスが支給される会社は多いですが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが手に入る時がもうちょっとならば、それから退職届を提出するというのも得策です。ボーナスと言うものは随分たくさん入るので、もらわないのはもったいないとも明らかなわけですから、転職しようと思ったらボーナスが入る日を確実に把握しておくと賢い方法です。

  • 転職活動をする際に注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高…

  • 就職活動をする場合に注意すべき募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長いものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが非常に多いです。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料形態に残業代を組み込んでおく、といったシステムです。(この仕組みは違法ではありません)もし求人に『みなし残業代50時間込』というのは、「記載時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という意味になります。けれども、悪質な求人は、『みなし』を記載していないこともザラですので注意をしておきましょう。

  • 知っている人の紹介をキッカケにして転職する先を見つける人もいます。

  • 知人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。それはいいけれど転職をした先の労働環境、あるいは労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報を鵜呑みに判断してしまうとトラブルになるおそれがあります。そういうのは一人の個人による口コミ情報はどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。それ故に紹介者にとっては、居心地の良い働く場所であっても、自身の価値観に照らし合わせたときには、イライラするだけの場合があります。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけで判断せず、自身の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、…

  • もしも転職することが、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が大きく変わるおそれがあります。周りとの付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。ひどいケースでは、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽々しく転職のことを口にするのはお勧めしません。上記のトラブルを避けるために、現在の仕事場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすることで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、最高の形で会社を辞められます。しかも、何の問題もなく円満退職に至れば、退職後も、困ったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業界や規模に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりはとても大事なので、辞める際のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

  • 転職活動で重要なことは希望する企業とのやりとりというより、…

  • 転職活動といえば、希望する企業とのやりとりというより、採用担当の面接係員とのやり取りが大事です。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、第一歩として普段通りを意識して冷静に対応することを心がけましょう。たとえばお見合いをする意識で向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。また面接を通じて最も初めにあなたの人柄や人間性をくまなく見られるので誤解を招くような見た目・言動は注意し避けましょう。なおかつ社会人らしくきちんと整った服装で向かいましょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。