退職|自分のスキルや資格を活かしつつ、就職活動を考える際…

自身のスキルや資格を武器に就職活動をするつもりな・・

  • 今ある自分のスキルや資格を有効活用しながら、就職活動を考える場合に、比較的、再就職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職の難易度が低めの業界では、たえず人手が足りない医療や介護系の仕事がおなじみですね。医療や介護では、看護師や介護士の「資格」が必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、様々な事情により、異業種へ転職したいと思っているのなら、注意が必要です。他の業界ではスタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。したがって、容易に考えないことが重要です。再就職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。

  • 近い将来、社会ではみるみるうちに単純な仕事は機械で済まされるようになり…

  • 今後、労働力という観点においてますます簡単な作業は機械化が発展していき必要な労働人口はどうしてもカットされていきます。なぜかというと短絡的な労働という観点では人の手を借りるよりも機械で作業するほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作を延々とリピートしたりすることは機械では当然問題ありません。人と違って文句も言わない、ペースが変わらないし、インチキをすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。付け加えて、給料も発生しません。労働力として人を使う理由がまったく無さすぎるため、機械化されるのは当然の結果といえます。

  • 退職|自らが求職中のころかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 昔はずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それはサポートしてくれる担当者のレベルが驚くほど様々あってほとんどは物足らなく感じる人ばかり。こちらは人生がかかっているのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという願いが高まってきてしまいました。それがきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得できるまでにはコストもかかったし資格取得のための勉強の面に関してもかなり大変ではありますが、就活中の人たちから頼りにされる存在になるべく頑張っています。

  • 再就職する時に準備しなくてはいけない履歴書などにおいてですが、…

  • 転職の時に絶対に準備する必要のある履歴書や職務経歴書については、大体、手書きではなく、パソコンを用いて作成するのが当たり前です。現在の日本では履歴書はパソコンではなく自筆で準備するというのが一般常識だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒の就活やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際のところ、転職の際は履歴書や職務経歴書は100%パソコンで書いたものは駄目とはっきり言うことはできないのです。手書きをベストとする時もあるようですが、違う会社がどんどん増加していていますので、パソコンを使って作成したものでもよろしい会社は多いのです。

  • 退職|転職をするにあたってはまず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たり…

  • 転職をする場合、あらかじめ、インターネット上で求人サイトを閲覧したりして働きたい会社の情報をチェックするはずです。しかし、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントが主導している可能性が高いです。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。仮に公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのようなコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で聞き流すべきです。仮に鵜呑みにして入社した場合、期待していたことと全く違うとあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後、様々な難癖をつけて辞めさせないように考えています。このようなブラック企業には気を付けましょう。

  • 新卒後最初に働いた会社でつらく当たる上司に悩まされ…

  • 就職した会社で反りが合わない上司に悩みを抱えて、我慢できずに退職し、同業者である別の企業へ乗り換えました。そこでは居心地よく勤務することができてきわめて満足のいく毎日でしたが、月日の経過とともに業績が悪くなって、結局はある会社に経営統合されることとなりました。経営統合したのはなんと前に勤務していた会社で、しかもとても嫌いだった上司がまた私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前のことですが再度の転職活動を始めようと思っています。

  • 派遣社員だからといっても、自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職を経験して思い知らされました。私は新婚した後、生活に慣れたら早く子供を授かりたかったので、その時がくるまでのあいだ、1年半~2年ほど現在の部署でそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員より月収は少なかったですが、仕方ないので時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。ですが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほぼ全員のスタッフが10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。なので派遣社員だからといって、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気付かされ、困ってしまいました。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用し、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。とはいっても、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加したのなら複数の企業についての情報を得ることができ、同時に、そこで説明してくれるスタッフから、企業の雰囲気を肌で感じることができます。仮に、転職フェアに参加する場合には、これも面接のうちだと思ってしっかりと準備をしておきましょう。もしもフェアのあいだに自分の能力や長所を企業が評価すれば、その後の採用面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。

  • 「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、特定の・・

  • シフトの仕事に関する話です。決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方を面接の際にチェックしておきましょう。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため休む人の代理として正社員として働き始めたのですが、そこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私も同じタイプと思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。今思えば「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • がんばっている転職する活動の際に「自分は今まで、こういう価値のある・・

  • いい転職をしようと転職活動の際に「自分は今まで、このような価値のあるの仕事を長く続けました」「過去の仕事では、こういった経験を身につけることができました」と実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールしなくちゃと考える人はときどき目にします。ところが、転職希望する再スタートを狙う企業で「そのうちこういった仕事をしたい」「私が申したようなことであれば積極的に貢献できると思う」と将来的なビジョンで自分自身をアピールしていくほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

  • このようにここ数年の会社や企業の雇用形態の激しい変化…

  • このように今の時代の企業の労働背景の目まぐるしい変移をについて、働きざかりの世代の中で若い世代ほど鋭く感じ取っているようです。十中八九将来を見据えた動きなのでしょう。そんなわけで、就業者といった層の労働市場の「流動化」が年々大きくなっているので、より一層、今後、世代に関わらず転職の関心度が高まる気がします。このような社会情勢の中、転身することは当たり前になり、「終身雇用制度」が実在したしたかつては、転職者というとそのことで評価が下がるとも言われて転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんあったのです。しかしながら、時流の変化とともにずっと同じ会社に勤める意味も段々と薄れてきています。

  • 転職を考え始めたときに、まずは勤務している会社を辞めてか・・

  • 新しい仕事を探すのに、とにかく今働いている会社をきちんと退社してからと考える人もいるようですが、辞めてから転職活動をする際には今度のボーナスの時期を気にかけておきましょう。ボーナスが支給される企業は山ほど存在しますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが手に入る時期が近いときには、ボーナスをもらった後で会社を去るというのもおすすめしたい手口です。ボーナスはなかなか大きな額なので、もらっておかないと損をすると言えるでしょうから、転職を思いついたらボーナスが支払われる時期について確実に把握しておくとスマートな方法です。

  • 就職するため職探しをするときに気を付けたほうがよい求人の募集内容は・・

  • 転職のため職探しをするときに気を付けるすべき求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合がよくあります。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間、45時間というように求人の内容に時間が書いてあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、給料形態に残業代を入れて計算しておくというシステムです。(注・違法ではありません)仮に『みなし残業代45時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」という話になるわけです。けれども、悪質な求人は、『みなし』を記載していないこともあるのでよく気を付けてください。

  • 知人からの紹介によって転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 知っている人からの紹介によって転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。…が、転職の先の労働環境やそれから労働条件などを知人からの口コミだけを過剰に信じると面倒なことになるおそれがあります。というのも、ある特定の人の口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。要するに他の人にとっては働きやすい良い職場に映っても、自分の主観で見た場合、ストレスフルな場合だってあるのです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。

  • もしも再就職の前に、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知…

  • 転職する前には、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が一変するかもしれません。あなたの置かれている環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。さらには、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、安易に転職のことを口にするのはお勧めしません。上記トラブルを避けるために、在籍中は、真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすれば、良い状態をギリギリまで維持したまま、気持ちよく仕事を辞めることが出来ます。また、円満退職になれば、辞めた会社にあなたが困ったときにアドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。規模などに関係なく、どういった会社であっても、人とのつながりはとても大切なので、転職前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

  • 転職活動では、企業とのやりとりというより採用担当の面接官と・・

  • 転職活動は、企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官とのやり取りが大事です。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、まずは普段通りを意識して焦らずに対応することを心がけましょう。例えれば素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる向かうと良いでしょう。また面接官に対しては最初にあなたの雰囲気や人間性を判断してもらうので悪い印象を与える態度は注意しゼッタイにやめましょう。そして良識ある社会人らしさが伝わるように、面接に適した服装を意識しましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。