退職|看護師という仕事の人のそれ以外の職業に転職を決断するキッカケは…

退職|ほかの職業に転職する原因はその人によって違うはずです。

  • 看護師という仕事の人の他の職業に転職に至る理由は、その人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師でありながらの転職には「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚することで配偶者のこともあって出産それから子育てそれに親の介護など、さまざまな身近な家庭環境の変化によって仕事が難しくなってしまった」「収入面で不満がある」というような悩みが考えられますね。しかしながら、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と思うに至った理由をじっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考し、決断しておくと間違いありません。

  • これから転職を考えているのなら、今現在の職場・業務での不満に思う部分を…

  • これから転職活動しようと思うのなら、現状の仕事で感じている不満点を明確にしておいた方が良いです。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満な点があるからこそ、転職しようと思っているはずです。でも「現状の会社の問題なことを書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を未然に防ぐことが可能なはずです。

  • 退職|転職の面接で着用するスーツの色については、新卒の方が就活の際…

  • 職を変える際にいるビジネススーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の時に身に付けている色がベストとされています。ですので、黒や紺色といった暗めの色味、ということになります。それは転職の面接においても、着ていくスーツの色合いに関しては新卒の就活の時のような落ち着いたカラーが圧倒的な数を占めていて、そうでない色を着用している方はほとんど見ることはありません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいです。割合からしても紺系や黒系のスーツを着用している方が大多数を占めているので、面接を行う採用担当の人も黒とか紺のスーツを着ている人が当たり前のように感じます。ですから、第一印象という点ではおすすめしたいのです。

  • 退職|ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず・・

  • 2ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、あっという間に辞めてしまう決意してしまう人が結構多いものです。それはおそらくリフレッシュな気持ちで新しい仕事環境を見つけたものの、「自分の理想としていた職場と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「雰囲気が受け入れられなかった」と考えて退職してしまうことが多いといいます。できればこういった転職における失敗を避けるためにはやはり、前もっての情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内のルール、通勤に掛かる時間、などいろいろチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • 退職|クールビズのスタイルで転職の面接にチャレンジするときに・・

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接を受けに行くときには、やっぱりジャケットは着用しなくても安心であると間違いなく分かりますが、ネクタイにおいてはして行った方が印象が良くなるのでお勧めです。タイなしで大丈夫だと思っている企業も存在する可能性はなくはないですが、ネクタイは例えクールビズであろうと身だしなみとしてするべきだと思っている会社がある程度あります。そのような訳で、例えクールビズ(軽装)の恰好ではネクタイにおいては必ず着用から行った方が良いというのは知っておいてください。

  • 現在では、株・不動産投資の不労所得で生計を立てたり…

  • 今のご時世では、株・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり、独立で頑張っている人も増えています。そのような社会的変化もあるせいか、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、株式投資・個人事業より会社勤めの方がずっと将来が安定していて、人が生きていくうえで正しい進路として、一般の人々に広まっていました。しかし、そういった時代は終わり、現代では「成熟期」という名が言われています。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

  • 退職|このところ私は派遣会社を通じて働いています。

  • 派遣会社に登録をしています。インターネットサイト内でなにげなく気になる仕事を発見し尋ねてみると「その仕事はすでに別の方が採用されました」と言われて一瞬サイト内からも仕事の情報が見えなくなるのですが、翌日になるともう一度載っています。これって結局は私だとよくないのだってことですよね。そうであれば初めからカドが立たないくらいに正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいは客寄せのための存在しない仕事を載せているのでしょうか?

  • 近頃はPCを見ればインターネット上には、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるも…

  • この頃はパソコンは便利でインターネットの世界では、要するに「転職サイト」と呼ばれるものが無数にあったりします。その数限りないサイトから自身にあった転職先を見つけるにはまずは情報を収集することをする必要があります。こういう転職サイトを上手く使いこなすことで、満足度の高い転職が実現します。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

  • 仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった形で、…

  • もしもあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」において大都市から地方に移り住んで再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。最近では転職サイトを見れば、国内のどの地域の求人情報にも簡単に得られますが、しかしながら、地方での求人はどうしても都市部よりも少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。といった性質上の問題があるので、転職サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも見逃さずに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートのイベントにも見ておくと間違いがありません。

  • 転職サイトは一度登録すると、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。

  • 転職エージェントに登録した場合、何度も電話やメールをしてきます。このことに対して初めて利用した人は大変びっくりするケースが多いです。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが役割だといえるので、とても積極的に行動します。その中でも大手エージェントは、転職を成功させると企業から報酬が支払われるシステムであるといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えることがよくあります。さらに、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れたすぐ後に、入社の説得をしてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意しなければいけません。

  • たのしい気持ちでいながら再就職と向き合えれば、精神的な重荷を抑えられるので、…

  • 期待をもって転職活動をすることができたら、メンタル的にも転職期間中の堕落も避けられるでしょう。メンタルにも健全な状態のままであれば、割と早く転職が出来るでしょう。理想的なのは、やはり、休職せずに新しい職場に飛び込むことが重要です。今の仕事を辞めずに次の職場を探すのがベストです。そのうえ、休職期間をなくすことで、退職後もすぐに働けます。そうすることで、働いていない期間はできませんから、今後に響きません。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を進めていきましょう。

  • 転職について考えた場合、転職先となる職場における給与を気にしすぎる人…

  • 転職を考える際、転職したあとの自身の年収を過剰に気にする人がそこそこ多いように思います。とうぜん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費をつくるために仕事を選択すると思います。ですから自身がどのくらい評価してもらえるか、という面もあるからとうぜん大切なことは至極当然です。しかし、年収というものに気にかけすぎる生き方というのも考えものです。それより年収に反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは多々あるからです。

  • 退職|転職にあたって準備は欠かせません。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、準備は不可欠です。なかでも、目に見える「服装」は気になるところだと思います。とはいえ、最近の採用面接については形式ばらない服装がOKなところも多いので、しっかりビジネススーツを着て赴く必要がない場合もあります。とくに創業してすぐの歴史のない企業ほど、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で行ったほうが、相手に良い印象を与えられます。また、正装ではないので、ざっくばらんに会話がしやすいのもメリットといえます。また、私服であれば面接の際に、服装について、話が広がることもあるので、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。ということから、転職にトライするなら「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 転職の際、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意していただきたい…

  • 転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてほしいポイントがあります。一般的に派遣社員の業務については、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をのような業務内容をなんとなくイメージされることがおそらく多いかと思います。本音を言うと私もかつてはそう思っていました。現在働いている企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「業務は電話対応になります」と派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、業務に掛かると、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを要求されました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明とは全く違うので毎日かなりきついです。今はとにかく、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

  • 現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、損をする流れになってきましたが、完全とは言い難いです。したがって、面接で見破る必要が生じます。最初に、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、怪しい点について堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になるでしょう。中でも給与や残業や休日に対しては、質問を続けていく中で、渋い顔をする場合が多いです。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、何か違和感を感じたら、見抜いた方が後々いいと思います。

  • 初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても給付されると考えている人…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、じっとしていれば給付されると思っている人がかなりいますが、それは誤りです。実のところ、失業保険を仕事を探していることが必要で、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況をきちんと説明して職探しに真剣に取り組んでいることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。残念ながら、真面目に就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月の職員との面談に不参加な場合は、アッサリと給付してもらえなかったり、それ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために十分注意しましょう。