退職|看護師という仕事の人のそれ以外の仕事に転職の理由はその人それぞれではないでしょうか。

退職|看護師の違う職に転職する原因はその人それぞれではないでしょうか。

ほかの職に転職する理由は人それぞれです。それを見てみると看護師でありながらの転職するには「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産そして子育て加えて親の介護など、仕事環境の変化など、今までのようには働き方が厳しくなってしまった」「現在の給与体系に不満がある」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。でも、転職前に、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やして冷静に、現状を見つめ直すこともやっておきましょう。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したうえで決断されることを強くお勧めします。

来週からでも転職をするのなら、現状の職場の何に対して不満を感じているの・・

明日からでも転職することを考えているのなら、直近の仕事の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。そもそも気に入らないことが大きいから転職しようと思っているはずです。でも「よく考えて現在の職場の客観的にみた問題点を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は高確率で防げますから、失敗しないのはできると思います。

転職時の面接で着るスーツの色味は、新卒の就活に準じた色味が…

転職時の面接でいるスーツの色味は、新卒の就職活動に身に付けている色味がベストです。言い換えると、黒や紺色などのような暗い色味になります。転職の場面でも、着用していくビジネススーツの色合いは黒系や紺系の落ち着いたカラーが大多数で、そうでないカラーの人はほぼいません。他のカラーで言えば、まれにグレーを着用している方が若干いるくらいで、一般的には紺色や黒色がほとんどなので、会社側から見ても黒や紺色であるほうが普通に見えます。ですから、見た目の印象という点ではおすすめです。

ほんの3ヶ月まえに、転職したというのに、わずかしかたっていないのに…

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、数ヶ月しかたっていないのに退職を選択してしまう人がずいぶん多いといいます。何故かと思うと私の考えでは新たな会社を手に入れたものの、「自分自身の思っていた職場環境とけっこうギャップがあって幻滅した」「納得行かないのでウンザリしている」ということで退職してしまうのだとか。できればこのような、転職に関しての失敗をしないためには、やはり、事前の情報集めを徹底しなくてはなりません。職場内の環境、通勤時間、給与体系、などあれこれ前もって調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

退職|クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接に行く際に…

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に臨む際には、ジャケットにおいてはやはり着込んでいく必要はないとはっきりと言い切れます。ですが、ネクタイはつけて行った方が間違いありません。タイなしで大丈夫だと思っている会社も存在するケースもありますが、ネクタイにおいてはクールビズが推奨されていてもしなければならないと考えるところがある程度存在するわけです。それゆえ、クールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方が安心だということはわかっておいてください。

この頃では、株・不動産投資の不労所得で生計を立てたり、…

今の時代は株・不動産投資といった、不労所得のほか、独立や起業で頑張っている人も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「会社の下で働く以外は怖い」というわけではなくなってきているようです。高度経済成長期にはどうなるかわからない自営業よりも雇用されて働いているほうが堅実でした。人生の「花形」として社会に認知されていました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」という名が言われています。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

退職|派遣の会社に登録しています。サイト上でなんとなく興味を引かれる仕事…

派遣会社に入っています。インターネットサイト内でなにげなく自分にぴったりの仕事を探して応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はもうすでに別の方が採用されました」と言われ一時的にウェブサイトから仕事情報が消えるのですが、その翌日に閲覧すると再掲載されています。これは結局は私だとよくないのっていう意味ですよね。それであるならば初めから変に隠さない程度に正直に教えてほしいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまたもしかすると偽りの仕事なのでしょうか?

世の中は変化していてスマホを使えばネットで見られる世界…

最近スマートフォンを見ればネットで見られる世界では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在します。その数限りないサイトから自身にピッタリの転職先を見付けるために、なんといっても情報を収集することが必要です。こんな「転職サイト」をしっかり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。はじめは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

退職|もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお…

仮にあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」など、大都会から地方に移住しつつ、再就職したいと考えている人が、近年増えています。ここ最近は求人情報サイトを駆使すれば、国内全エリアの求人募集もいつでも閲覧できるようになりました。しかし、地方での求人については、都市部のような選択肢は期待できないので、その点がマイナスといえます。そのため、求人情報サイトを使用するのは当たり前ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもよく確認し、「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートに関する情報も注意してみておきましょう。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡がしつこく入ります。これについて「転職エージェント」の利用が初めての人はかなり驚くケースがよくあります。転職エージェントは転職を後押しすることが業務だといえるので、かなり積極的です。大手のエージェントは、転職を成功させると企業から報酬を受け取る仕組みといえるので、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。また、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が取れるとすぐに、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。自身の気持ちや意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように心がけるようにしましょう。

楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合えれば、メンタルを脅かされることがないの…

将来に目を向け、期待をもって転職と向き合えば、精神的な負担を抑えられるので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。そのうえ精神的な部分が健全な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番ベストな形は、やはり、休職によるブランクをつくらず新たな勤め先を見付けることが大切です。今の仕事を継続しつつ、次の仕事を見つけるのがベストです。それに、ブランクをつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうしていれば、働いていない期間はできませんから、履歴にもキズがつきません。要するに、転職の時に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、転職活動を進めていきましょう。

退職|転職というものをする場合、転職先での自身の給与を過剰に気にする・・

転職というものを考えるとき、転職先となる職場における年収ばかりに気を取られる人がかなり多くいるでしょう。もちろん多くの人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として手に入れるべく精を出しているのはずです。だから年収は自分がどれほど評価してもらえているか、という見方もできますから、大切に思うのは無理もありません。それにしても年収額に執着しすぎる生き方というのもさみしい気がするでしょう。よく見れば収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充足感を得られることは少なくないからです。

転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要不可欠です。

転職を進めるには、それなりの準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は重要だと感じてしまいます。ところが、現在の採用面接については私服で大丈夫な企業があるので、「面接はスーツでなくては」と考えて面接に出向かなくても良い場合があります。とくに創業してすぐの企業などは、厳格なルールもないことが多く、私服で行ったほうが、相手に良い印象を与えられます。また、ざっくばらんに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば時には面接時に服装の話題に発展しやすいです。ですから、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、面接にトライするなら「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている・・

転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えてほしいポイントがいくつかあります。まずはじめに派遣というと、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をなどの仕事内容をなんとなく連想する人がおそらく多いかと思います。本音を言うと私自身も現在働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「担当業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けました。しかし実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とはかなり違っていたのでとても困惑しています。とにかく、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

近時は、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり・・

現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完璧とは言い難いというのが現状です。したがって、面接で見破る必要があります。とにかく、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目ひとつひとつについて細かく質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、結局は答えられなかったり逃げ腰になることが多いです。中でも「給与」「残業」「休日」においては、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せることが多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、少しでもおかしいと感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。

生涯初の失業保険の給付を受けるときに、「期間内は自動的に受け取れる」と考える・・

生まれて初めて失業保険を受ける際に、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が少なくありませんが、それは間違いです。実際は、失業保険をきちんと職探しを続けている必要があり、それとは別に、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔で職員に就職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。残念ながら、きちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に顔を出さない場合は、ルールとして給付が見送られたり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないために注意しておきましょう。