退職|派遣で働いています。派遣法や労働契約法のせいで残念なこと・・

派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法のせ・・

  • 派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のせいで不本意ですが長く勤務してきた企業での仕事があと数週間で終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の勤務先から直接雇用の契約をつかんだ人もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事の能力とは関係なく派遣先上司へのあしらいがうまい人で引き立てがあった様子。テクニカルスキルよりおじさんにゴマをするスキルの方が大事なんだねーと他の派遣仲間と派遣先の会社で毎日愚痴を言ってます。
  • とある古物商にて、書類選考に受かりました。その後面接の日時について先方から連絡をもらい・・

  • とある古物商のお店で、書類審査に受かりました。すぐに相手方から面接日時を告げられました。だが、面接日当日、行ってみると、行き違いがあったのか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待って、所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、だらしのない態度で迎えられ、かろうじて面接は終わりました。ところが、予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、ガマンできなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。そんなわけで再度問い合わせたところ、どういったわけか、「今回は見送らせてもらいました」と有無を言わせずに電話を切られました。あまりの対応に呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、率直に、採用されなくてよかったです。
  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠です。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。会社のほぼすべては履歴書や職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、とにかくこの2枚の書類が大事なアイテムです。単に穴を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容の充実を図ることも重要です。「職務経歴書」は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり書き綴ります。さらに、現職の社内で挙げた実績を、たとえば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが得策です。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分のブランディングのために活用をはかることも満足のいく転職をするための一つの手です。
  • 退職|求人についての情報誌やサイトを見てみると、たいていの株式会社・・

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、月の収入がしっかりと記載されていますよね。でもこの部分を頭に入れる際は、しっかり確認する事が必要です。その多い少ないだけでわかってしまわないほうが無難です。何故かというとひょっとすると、月収の内訳に月30時間残業の場合が含まれているおそれもあります。それは残業代を入れて金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。このほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せているケースもあったります。そうやって「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。
  • 退職|これから転職活動をされるなら、良いと思う求人(業…

  • 将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(または職種)があれば、100%「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票・転職エージェントの情報では、まずその業界のマイナス部分について、アドバイスしてもらえません。ネットで調べればインターネット検索を通じてカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そういう検索をしないまま、入社すると、あとでしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそも求人が出ていた理由が「内容がきつく、人がすぐに辞めてしまう」というケースが少なくないため、気になる案件・業種については、注意してください。
  • 転職期間中は、自分の好きなことに打ち込むほか、体力の向上を意識してお…

  • 転職期間では、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない様にすると良いでしょう。勤務先が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に興じていたことで無意識のうちに集中する力が高まっているのです。加えて、体力を補っている事で、その場の社員と比較すると体力が持続するということを自覚します。ということで、退職したら趣味に集中することと、体力をアップさせる努力をしておいて損はありません。もしも、その職場にて共通の趣味の方がいれば、話が盛り上がるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 一般的に大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には適していません。

  • たいてい大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。さらに、都会エリア外だとその確率がたいへん小さくなります。でも、製造業の企業の場合、地方の工業団地などを製造工場を置いている少なくありません。さらに、そういった工場は、事業拡大に伴って途中採用する事がよくあります。そういったタイミングを利用するのが無難です。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、転職を希望する会社についての下調べから事前に仕入れておきましょう。ホームページに訪問し、スタッフの募集予定はないか、こまめに確認してみてください。
  • 一昔前の求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、明記されていました。

  • 一昔前の求人誌には、性別が記載されているのが一般的でした。けれど今現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用時、男女の差別をあってはならないルールが決まり、応募条件のなかに「性別」を明記できなくなりました。ですが、求人情報を出す企業は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。実際問題、実は男性希望の案件に女性の採用希望者がやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性がエントリーしてきたり、といったトラブルも無関係ではありません。求人情報で女性活躍等と紹介されていたら、求めているのは女性だと捉えておく良いでしょう。
  • 転職する場合、いろんな経路で情報を得ることが多いと思いますが…

  • 転職活動を行う際、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐によってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の視点から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。しかしながら、実際には『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、はやく炎上をしずめよう」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることで注目されるので黙認しますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するおそれのあるといえるでしょう。人もそうですが、本当にいい会社であればトラブルなど起こりません。
  • 人生初の転職をするとき、心がけるべきことはどうして現職を辞めたいか…

  • 初めて転職を行うとき、注意すべきことはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかについてはっきりしておくことだといえます。その理由が問題なのですから、その後問題解決ができる会社を決めましょう。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは違い、今の仕事を続けながら就職活動を続けていく必要があることから、時間・体力に余裕がないと難航します。それゆえ理由がはっきりしないまま転職しようとすると途中で挫折してしまう可能性もあります。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいといった強い意志がないうちは、転職活動を始めるのは、やめておくのが無難です。
  • 転職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫で・・

  • 転職の時にする面接では会社側からクールビズで良いとと連絡が来る場合もあります。しかし、クールビズで面接に行くのは実際は悪い印象を与えるのでは?と懸念する人もいます。クールビズについての迷いを抱いている人に伝えたいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接なのであれば、伝達事項をそのまま行動に移したほうが大丈夫です。迷ってしまい、すごく汗がでる時期にしっかりとスーツを着ていくと逆におかしいので、会社側からクールビズで来てくださいと言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。
  • 転職するための期間中は、どうしても、時間があるため…

  • 転職先を探している間は、ついつい時間があるため、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。しかしながら、そんな生活を習慣にするのはキケンです。不思議なもので、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。徐々に、働く気力も失い、お金が回らなくなって困ることにもなるでしょう。そうしているうちに、すべてにおいて悪循環になり、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。次の仕事を決めることができないのは、給料を第一に考えるためです。給料を一番に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活を始める為にだれた生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • 退職|転職したケースでは、高確率で以前の会社の仕事での記憶は大方、美化されます。

  • 仕事を変えた場合には、高確率でそれまでの会社の仕事はたいていは美化された記憶となります。実のところ今の会社にダメだからそれを払拭するためにせっかく新たな仕事に就いたのに、しばらくして過去を振り返ると、転職後の会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と感じることは多いです。極めて普通のことで、以前の職場では日々の仕事をこなすことに慣れきっていてすんなりと日常の業務が淡々とできていたのも理由にあるでしょう。だが実際は「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」といえるほど、以前の仕事の方が報酬も自分に合っていた可能性もあるはずです。
  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、必ず「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これは現在の会社側が社員に「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすればだれでももらえます。手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れる可能性もあります。ちなみに、もらえる「失業手当」の金額については、最後となる月の給料を軸に支給する額を算出されるため、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業中であることが給付のため必要です…

  • 失業した人がもらえる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付される期間が定められています。離職時までに働いていた期間に応じて変わり、90日とか120日とかが決まるのですが、これを知らずに失業中である限り給付されると勘違いして失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り急いで仕事探しを始めても好条件の仕事を探すのは至難の業です。転職先の面接官もアホウではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」位は大よその想像が付く。ときには、面接担当者から失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、9割がた受かりません。
  • 長い間接客関係で勤めてきましたが、年齢を重ねるにつ…

  • 長年にわたり接客関係で勤務を続けてきましたが、加齢とともに立ってする仕事は体力的につらいため、座って仕事ができるオフィスワークへの転職を考えて動きました。事務未経験だとなかなか厳しく、そうであれば接客の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も合格し個人医院に転職することができました。周囲はベテランの先輩パートさんだらけで人間関係が苦痛。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰宅する時間も遅いのですが、とにかく今はキャリア形成の時期と考えて我慢します。