退職|派遣でのお仕事が決まりました。

派遣会社での仕事が決定しました。

派遣で働く会社が決まりました。就業初日に営業を担当している人と就業先の近所のコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、担当者がどうしたことか約束したお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思いコンビニエンスストアの中に入ってみると、驚くことに雑誌のコーナーに座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて読んでいるのを発見しました。こんな担当の人の仕事なんて勘弁してほしいだと思って、そこで声をかけることなくお店の中から出てすぐさま派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。

再就職先で今までの資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として高く評価され・・

再就職先で今までに培われてきたスキルを生かすことができれば、即戦力として周囲から一目置かれすぐに仕事場で存在感を得られるでしょう。同時に会社サイドも、即戦力となる人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はそこまで難しいものではありません。加えて以前の働いていた仕事と似た業界であれば、転職自体、難なく叶えられるでしょう。ですが、即戦力となる能力があったとしても一流企業の事務職、公務員の募集については、いつの世でもかなりの競争率ですから、楽観視は禁物です。

就労期間中なら、可能であれば、同僚にバレないよう(ちなみに私のと・・

就労であるのなら、可能であれば、周囲が気づかないように、(私の転職活動では)就労期間中に転社したいという意図だけ、早い段階で周りの人に仄めかしてみました。だが、その後に転職サイトを散々みていったのですが、思いとは裏腹に働き先のあても転職時期も計画も立てずに進めていたので、知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。そして一方、社内では仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経たのち、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

退職|転職活動をしていると、面接のときに必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をやっていると、面接のときに「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。これらのうち「志望動機」は、そのまま話しても大丈夫ですが、これとは異なり転職理由について正直に伝えるのはよくありません。収入面の不満、同僚・上司との人間関係など、面接官に悪い印象を与えるものです。たぶん、過去のマイナスをそのまま話する人は稀だとは思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。それにプラスして、この会社に入ってこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選択しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

退職|再就職の面接につけていく腕時計については、明らかに目立つようなタイ・・

転職時の面接を受ける時につけていく腕時計について申し上げますが、ビジネスの場らしからぬ派手な時計はやめた方が悪い印象を与えません。この場合の目立つというのは高級ブランドの腕時計とか、反対に完全に安物である腕時計に見えるとか、そのような目を惹くという意味であって両極端で目を惹く、ということで認識しておきましょう。再就職の面接のときの腕時計においてはポジションとしてはスーツやネクタイと同様の考えで、平凡なものをするほうが良い印象を与えてくれます。とはいっても、歳に適しているということも肝心であって、新卒の就活の頃に準備した腕時計よりは少しでも高級感のあるものにした方が年齢に見合っていると言えます。

退職|知り合いから聞いた話です。始めに新卒時に絶対に入りたか・・

兄の友達の話です。新卒として絶対に入りたかった最終目標であるA社で行われた最終の面接で不採用となってその先嫌々ながら違う会社に就労しました。1年経った頃に派遣求人サイトを閲覧していた際偶然A社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、いてもたってもいられなくなり当時の会社をすぐさま辞めて、A社での派遣勤務を開始、やったな、と思った行動です。懸命に頑張ってのちに幸運にもA社で正社員登用され、現在は仕事のやりがいを感じつつ明るく仕事をしています。

日本には”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

「石の上にも三年」という教訓があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は衰退してきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。しかしながら、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に転職したいなら、タイミングを図る必要があります。ますはじめに、現在の職場・や仕事内容について、嫌だと強く感じていることを、10個前後、リストアップしてみてください。この作業が、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、未来の展望が拓けたのなら、できるだけ早々に、より良い仕事ができるように自分なりに努力してみてください。

いい職場に入りたいと転職をする活動をしている場合には…

いい企業につきたいと転職で活動している場合は「1秒でもはやく、内定(採用通知)が手にしたい」と考えてしまうはずです。ただ、そういう気持ちで良い知らせが得たいばかり、自分自身の能力について、嘘の申告をしたり、あるいは対称的に自分を過小評価するかのようなマネは出来るだけしないでください。大事なのは焦ってしまう気持ちをこらえて、冷静に客観的に考えながら自分にふさわしい職場を探すことに専念しましょう。これまでの経験が活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く探していきましょう。

退職|今あるスキルを武器に再就職を検討する場合は、再就職しやすい業界と、…

あなたが持つ現在のスキルを活かして転職をしようと考えているのなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。すんなりと転職がかなう職種としては、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系の仕事が代表例といえます。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士は「資格」が必須で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、仕事に対しての不満によって、異業種へ転職したいと思っているのなら、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は決して高くはないのです。ですので、安易に考えないことが大切です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職|私たちの社会的環境において、これから着実に簡単な仕事は…

私たちの労働環境は、今後着実に短絡的な作業は機械で済まされるようになり結果として、そういう仕事をする人員は少なからず減少していきます。というのも、単純作業という観点では人間の手を借りるよりも機械のほうが数段にすぐれているからです。数量をカウントしたり、同じ動きを延々と繰り返すことは機械では当然何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って言い訳もしないし、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、おまけに給料が発生しません。こういったことから、人を使う理由がまったく無いことが明白で、機械に置き代わるのも自然といえます。

退職|自らが求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していました。

割と多くの人材紹介会社に登録していたのですが、転職のアドバイザーの質も驚くほど色々あってそのほとんどはいまいちだと感じる方ばっかり。こちらは人生の大事な事なのにもっと心して向き合ってほしいという願いが積もり積もってしまいました。それが契機となり自らキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するためには費用も掛かりました。それに加えて勉強においても大変でしたが、お仕事を探している人から信用される人になるために努力しています。

転職をする際に絶対に用意する履歴書に関してですが、大方…

再就職する場合準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などに関しては、たいていはパソコンを使って作成するのが主流となっています。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず手書きで書くというのが当たり前と捉えられている面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの時の履歴書であって、実は、転職においては絶対にパソコンで書いたものは駄目と断言はできません。手書きの履歴書の方を高く評価する時もあるようですが、そうではない企業がだんだん増加していていますので、パソコンを用いて作成した履歴書でもよろしい企業は意外にもかなりあるのです。

転職活動では、事前に求人雑誌を閲覧したりして転職したい会社を調べるでしょう。

転職を行うとき、まず、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりして気になる会社を調査するとは思います。しかしながら、その会社が情報を公にする際には、、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。そのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、額面通りではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に鵜呑みにして入社した場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、言いがかりをつけながら辞めさせないように画策しています。ブラック企業では、このようなことがかなりあります。

退職|在職していた会社で相性の悪い上司に神経を削られ、・・

働いていた会社でパワハラを行う上司に悩みを持ち、結局とてもやってられないと思いその会社を辞め、同業者である別の企業に転職をしました。転職先の会社では面倒な上司もおらずきわめて満足の日々でしたが、時が経つにつれて業績が落ち込み、とうとう経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合した会社がなんと転職前に働いていた会社で、加えて大嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。いったいこれはどれほど縁があるのでしょうか。当然また転職活動を始めようと思っています。

退職|派遣社員であっても、1年ごとに自分の好きなタイミングで辞められるものではないと…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職したことで気付かされました。新婚し、生活が落ちついたあとなるべく早く子供を持ちたかったので、その時が来るまでのあいだ、数年だけ現在の職場で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、正社員より年収は少なめでしたが、家庭の時間のために、この道を選択しました。ところが、入社したあとで、一緒に働く人たちは大半のスタッフが10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。意外にも派遣社員だからといって、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、悩みが増えました。

転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動する人は年々増加しています。

転職エージェントと転職サイトを利用して、転職活動する人は年々増加しています。そうとはいえ、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、それに並行して転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加すれば気になる企業の情報に直接触れることができますし、加えて、説明員等を通じて、企業特有の個性を感じられるでしょう。転職フェアに参加する場合には、1次面接に臨むつもりで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。仮にフェアでの交流を通じて、企業側から欲しい人材と思われれば、後に応募して採用面接時にかなり有利になると予想できます。