退職|政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、今の安倍内閣では…

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、現在の安倍政権では、…

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理による現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」といった経済政策が矢継ぎ早に展開されています。経済政策共々日銀主導の金融政策とも相まって、財界や企業間でも次世代の社会的な変化が巻き起こりつつあります。そういった変化を受け、民間企業では、今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が深刻化しています。ここ何年かの間で「外国人の労働者」の比率を今よりも増やしていく、と現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用状況や転職状況も大きく変わっていくはずです。

新卒で入社した会社を去り、転職を決断しました。

新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職すると決めました。実際に転職する前は、かなり悩んだように思います。しかし、数年で会社を辞めて、大半の人が転職を経験していることを転職活動中に学び、自然と将来への不安が消えました。なにより転職を経験したことによりふしぎなことに肩の荷が下りたような感じがして、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が楽しくなりました。やはり「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」という転職を否定する意見もありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私の人生においては転職を決断して良かったと思います。

転職の採用面接を受けにある会社に伺ったときのことです。

転職のための採用面接に転職したい会社へ赴きました。会社の部屋が空きがないということで外部のとある場所で面接をする方と待ち合わせて採用面接を行って、その場所で解散をして、面接を行った方も会社に帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、驚くことに下車する駅が私と一緒だったのです。そのため電車の中でも面接担当者とずっと話をしながら帰宅することとなり、その結果緊張が解けて面接しているよりも話が弾んで、それが良かったからなのか何事もなく採用を勝ちとることができました。

自分自身の好き、を仕事にしたいという風に思っている方は要注意です。

得意なことや好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意が必要です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私の場合、もともと食べることが大好きでそれが理由で、前に、飲食の世界(レストラン)で仕事をしていたことがあります。その飲食店での業務は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまったのです。ということが引き金となって職場を離れることにしたのですが、同時に、食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌になり、似たような飲食店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは素敵なことだとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、真面目に向き合う必要があります。

転職を繰り返さないための対策は、シンプルです。

転社を繰り返さないためにすることは一つだけです。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の現在では精神面を鍛えるコツは容易に拾えます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全く異なる行動でも、メンタル面を強化することが可能です。その行動とは、外国に行くことです。海外旅行に行くと、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、刺激を受けることばかりです。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態で(転職のための)面接を行えば、今までとは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。どうしても、退職して間もない頃は精神面がダメージを受けやすいので気力回復のために休業期間も必要です。

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が本当に強いものであるなら…

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、未来の進む道もハッキリしているのなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。ただし、ここでは曖昧な表現をすると高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職することをはじめに直属の上司に話した時は年度末、結果的には数ヶ月働くことになり、退職届けを出せたのは同年の11月です。本来なら、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、大変驚きました。やっぱり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり以前にも増して失望しました。

転職活動中の会社での採用面接での勘違いしている人が多いので・・

転職時の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまり度を超えた猫かぶりは、予想に反して良い結果にはならないことがあります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「産休」など、通常ならかなり質問しづらいことを勇気を出し率直に尋ねておくと、最終的に確実にあなたのためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なそのような質問をすることで選考結果に採用されないのではないか」と気にする人もいるかもしれません。だけども、かえってプラスの結果をもたらすことは最終的には少なくないようです。こうした労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。しかし、面接応募者の多くは、はっきりと聞けないものです。なので、ほんの少し勇気を出して質問することで「正直な人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

現在の勤め先や仕事に対する多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今の自らの職場や業務に対する不満に思っていることの中に、「自分の能力(スキル)を正当に評価されていない」ゆえに、「年収アップもないし、昇格する可能性も見いだせない」といった点が多くを占めるでしょう。しかしながら、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自身の本当の実力を実際よりも過剰評価していないか、改めて確認する必要があります。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と中々就職先が決まらないおそれがあるので、要注意です。という事態を招きかねません。ですから再就職をスムーズに行うためには、「本来の自分のスキルや能力」を厳しい目で客観的に評価してみてください。

女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と現在とでは…

女性の転職に際して、一昔前と今とで多少の変化が見受けられます。以前は、結婚の予定や結婚後の予定に関して、自然に女性たちに質問していたのですが、最近の動向としては、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大企業の場合は、NG質問として神経質になっています。とはいえ実際、面接する側は〇か×で返答するのではなく、その人が結婚後・「出産後はすぐに復帰するのか」などを漠然とは知っておきたいとは思っているものです。自身の将来設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と併せて伝えることで、相手側のモヤモヤも解消できると考えます。というワケで、聞かれていない内容でも、こちらが先んじて積極的に話をしてみると良いでしょう。

転職を考えているなら、労を惜しまずに多様な会社の採用情報の詳細…

転身を近いうちにするつもりなら、多種多様な会社の募集案内を普段からチェックしておくと再就職した後の見る目に大いに役立ちます。あなたが今現在の仕事に満足していない場合、転職活動する際、どの会社も魅力的に見えてしまいます。そんな状況に陥ってしまうと、どの会社を選択したら良いのかわからなくなり、判断を大きく間違えるおそれがあります。そうすると、短い期間で転職を考える羽目になるので、前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その企業の「取引先」も気にしておきましょう。良い企業は、取引している会社を公表していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりなのでチェックをする目安になります。そのうえ、会社によって個人グループに入ってることもあるので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

転職での面接などの時に面接担当者が名刺を手渡してきた場合、…

転職の面接などにおいて名刺を渡してきた場合、同じようにあなたも名刺を渡すべきか?と悩んだ際は、ほとんどは差し出す必要のないもの、と理解しておくと良いですね。転職のための面接は仕事内ではなくて、職を得るための就職活動の一部であるわけですから、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時とは違います。合わせて、会社の者としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。ですから、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなたのほうは、ただ受け取るだけでよくて、面接担当者に相手の方にあげる必要性はないと言えるのです。

退職|仕事をするにあたり、回復が難しいほど精神的なダメージがあり・・

仕事のせいで回復が難しいほど心的なダメージが蓄積され、転職せざる負えなくなってしまった時には、会社(の関係者)と相談をするより身内と相談し、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。というのは、仕事をするのは当事者であるあなたです。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。どれだけ給料がいいとしても、精神がダメージを負ってしまうまで我慢して働くのは良いことではないはずです。今の時代は、経済的に豊かなことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にする生き方も段々と増えていっています。ですから、あなた自身の身内や、あなたの心と体を大事にしましょう。

転職候補先の会社見学は、かなり参考になります。

転職候補先の会社見学ができれば、とても参考になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、職人技を近い距離で見られるので楽しみです。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学では絶対に見学者には、本当の仕事風景を見せてくれることはありません。その傾向が強いのは「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この業種では、個人のプライドが強いので実際に入社するまで、実際の姿はみえないものです。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは解釈しないことが大切です。それに加えて、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はかなり問題がありますから選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでない人にはもしトラブルが発生してもそれに対する保証など一切ありません。万が一、勧められてもていねいに断ることが大事です。

転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。

転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。ですが、忙しく仕事をしながら求人を探しながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にもかなり骨の折れる作業といえます。さらに転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をパスし、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにせよ自分の大事な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを認識しておくべきです。

転職先を選ぶのに、むろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だ・・

転職先を決めるのに、仕事のやりがいのアップと共に加えて給料のアップも大事なポイントなので「年収サイト」というところに登録して今いろいろ研究をしています。同じ会社でそして同一の職種、経歴なのに人によって非常に幅がある場合も多数あり、正直なところ面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトを見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物も誰だかある程度予測できるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の年収だと覚悟しておいてください」とのことでした。

転職サイトは大規模なサイトの方が多数の転職情報が掲載されているため…

転職サイトは、大手であるほど豊富な数の会社が掲載されているため、興味のある2つか3つの会社を、とりあえずはサイト登録して、勤務地や年収などの条件を設定しておき、加えて自動で案件についての連絡が入るようにしておくと情報を収集しやすくなります。とはいっても、最初は登録しなくてはならないのでサイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録初日は多少時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、初めの準備に手を抜かないことを推奨します。