退職|就職活動において、年収は大変重要な要素です。

転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。面接において、必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこでウソがバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。今の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはないものと考えておくべきです。今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、すぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。

看護婦と言った看護師という仕事は、歴史的にも女性のすごく多い…

その昔は看護婦と言った看護師は仕事としてやはり男性以上に女性が活躍している職種です。ご存知のように気力あるいは体力をひどく消耗する職場ともいえます。なので、職場の対人関係の問題や、自分の結婚・出産などによって仕事とプライベートとの両立がかなり取りづらい仕事ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職希望者が多い傾向にあります。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に悩まされています。というワケで、どの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」となっていて、それが転職希望者が後を絶たない要因になっているのでしょう。

転職の意思があるのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。特に、はじめの年は大体「研修期間」が含まれているというのがケースが多かったりもします。自分の例では、やっと手にした職場だったものの、悲しいことに前いた会社での年収と大方同じ額でした。さらに、業務内容は多様で忙しく、たいへん責任のある立場で最初の一年を乗り切るのにたいへん苦労しました。そのような経験をしてみると、初年度は、仕事を学ぶ年と割り切り、可能なかぎり転職する前から貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることが必要なのです。

失業保険の給付は、職を探していることを証明しなくてはいけません。とはいっても、実際は「ハードワークから解放されたし、とりあえずはのんびりと過ごしたい」というのが本音でしょう。というワケで、しっかり次の仕事先を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談は当然ながら必要ですが、求人票を見ることは少なくともしておきましょう。まじめに探す気持ちがないときは、求人票を熱心に見ている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談にて、「労働条件のいい仕事や自分がやっていけそうな仕事が残念ながら今回はありませんでした」と相手に報告し、次の機会を探すという方法もあります。

あなたがもしも、「転職サイト」を利用して自らの希望条件にマッチ…

現在あなたが、「転職サイト」で自身にぴったりの働いてみたいと思えるような仕事情報を見ているのなら、絶対に「転職エージェント」も活用しましょう。登録は簡単です。エージェントサービスに登録後紹介してくれる求人というのは、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比べ物にならないほどにたいへん高品質といえます。そればかりか、あなたにピッタリなものをピックアップし、調査した上で紹介してくれます。だから、これは結構ドストライクで自身の理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。仮に、同一の求人に出くわすとしても、自身の力で最初から調べていくのと比較するととても効率がいい。そのうえたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

求人に関係する情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、…

求人を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業をスルーしてしまっています。そうした人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解している可能性が高いです。事実、製造業での求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理のような「事務系」に分類される仕事が結構な数あります。でも、製造業の仕事場はオフィス街から離れているのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。ただし、自らのこだわりを捨ててみることで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

現代はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。あなたに特許権取得の経歴があるなら、ヘッドハンティングされやすくなります。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許以外にも、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われる話が出てきたなら、心当たりがないか考えてみましょう。たまに、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、そのような会社はむろん嘘であるので注意しましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要などありません。

転職活動をしたとしても、何もかもが順調に運ぶというわけではありません。

仮に再就職しようとしても理想通りの成果があがる確証はありません。可能であれば、いつか、しようと考えているなら年齢が若いうちにできるだけ早く行動に移すほうが良いでしょう。ほとんどの場合、20代のうちは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってからの転職活動は、とても難しくなります。もしもあなたが、重要なポジションにいる場合、転職に気持ちが傾いたとしても、現在の仕事を続けるということを選択項目に含めておくべきです。退職届を出したあとに転職活動するよりも、今の会社での仕事を続けながら、時間をかけて慎重に探すほうが良い、ということです。

退職|仕事をするために派遣会社に登録する人が現在増える傾向にあります。

派遣会社に登録して仕事をしている人が過去の規制緩和以降、多くなってきています。派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをできる限り面接の際に質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースがほとんどです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらしない派遣会社も多く、ひどいケースでは、3割しか労働者に還元しないという場合も多くあります。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、可能であればそこでの登録を止めておくのが賢明です。

例えばあばたが、転業を決断したなら、あくまで周りの人間には…

もし、転業を決断したのであれば、徹底的に会社の人にはこっそりとそれを言わずに、首尾よく転職活動を進め、現在の会社に所属している間は、可能な限り周りの人間に気づかれないように普段どおりに仕事をするのがとても賢明です。転職先が決まっていない間、その状態をキープしていれば、最悪転職先探しが簡単に見付けることができなくても、転身の予定を引き伸ばしながら、今の職をそのまま続けることもできます。そうではなくて、思わず口にしてしまったら会社は、その言葉を受けた応対をします。そればかりでなく会社内で「辞めるつもりです」と言ってしまうと会社内では「あの人は辞める予定の人」と確定します。そうなってしまってから「やっぱナシで」となっても、周りの人間には、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中は、立場が悪くなると感じるおそれもあります。

退職|20代に転職を2度経験して、今現在は資格を手に入れたいの…

20代前半に転職を2度行い、そして現在、資格を取るべく「派遣社員」を選択しました。フルタイムの勤務とは違うのでどうしても手取りが以前よりも少なくなりました。ですが、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。たまに、もっと学生のときに資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと余計に羨ましく思ってしまいます。以前の私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし現在は、結婚して私の生活環境が大きく変わり、前よりも明確な進路ができて自ずと生活が充実するようになりました。

転職して仕事先を新しく替えるということは、自身に合…

再就職して職場を新しく換えるということは、自分自身に適合する職場を見つけ出したほうが好ましいということです。うってつけの仕事に出会うかもしれません。とはいうものの、良い面ばかりでなく相応の努力やスキルがないと、転職自体がままなりません。別の表現をすると、あなたの力量次第で、「天職」に近い転職に巡り会えることも可能、ということです。最近では職業選択の自由が社会的に普通に認知されているので、勤め先を変えても特に問題はありません。今のような事態のもとでは、昨今、「優秀な人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。

看護師という仕事の人の他の仕事に転職を決断する原因・・

看護師という職業の人のほかの職に転職を決断する理由は、人それぞれではないでしょうか。どういう理由が多いかというと看護師が他の仕事への転職には「職場環境に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産それから子育てそれから家族の介護など、環境のいろいろな変化など、働き方ができなくなった」「現在の給与体系に不満を感じている」といったような悩みがあるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくり時間を掛けて現状を客観視することもやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したうえで決断すれば間違いが減らせます。

今からでも転職することを考えているのなら、直近の仕事や・・

来週からでも転職活動を希望しているのなら、現状の仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと不満が限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。でも「きちんと存在する業務や仕事の客観的にみた満足できないことを挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐ事が可能なはずです。

転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色合いは…

転職の時の面接で必要となるスーツのカラーは、新卒の学生が就職活動の時に準じている色が良いとされています。要するに、紺色や黒色といったようなダークなカラーになります。それが、再就職の場面においても、ビジネススーツの色味は黒系や紺系の落ち着いたカラーがほとんどで、黒色や紺色以外の色の人は少ないです。あえて言えば、たまにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいです。たいていの場合は黒や紺色のスーツを着ている人が大多数なのです。ですから、面接を行う人事側からしても黒や紺色であるほうが当たりまえに感じます。ですから、見た目の印象という観点ではぜひともそのようにしてくださいね。

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりなのに、慣れもしないあいだに…

ちょっと前に転職をやっとしたばかりというのに、何ヶ月もたっていないのに退職を決意してしまう人がずいぶん多いといいます。それはたぶん気持ちも新たに、自分自身に合った職場を見つけたものの、「期待していた職場環境とけっこう違っていた」「こんなはずが・・・」ということがワケで退職を決意することが珍しくないといいます。可能ならばこういった、転職先選びでしないためには、とにかく転職先の情報収集を欠かせません。職場内の環境、業務におけるルール、通勤時間、など多角的に前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。