退職|女性の再就職は、一昔前と今現在とは少し状況に違いがあったりします。

女性が再就職するに当たり、セクハラが社会的に問題になる前と今現在と・・

  • 女性が再就職する時、今とセクハラが問題視される前では多少の違いがあります。過去には会社側から結婚の予定や出産後の方針について一般的なこととして質問されることが多くありました。ところが、現在はセクハラとして聞かれないことのほうが多くなってきています。そして、特に大きな会社の場合は、かなり神経を尖らせているようです。とはいえ、企業側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性が「結婚後も働きたいのか」育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、把握しておきたいとは思っているはずです。あなたの将来設計を理解してもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと併せて言い表すことで、相手方も考えがわかり、安心できると考えられます。ですので、たとえ、聞かれていない箇所についても、あなたの側から気遣いつつ、答えてみると良いでしょう。

  • 再就職を近いうちにするつもりなら、多くの企業の募集案…

  • 転身しようと思っているなら多種多様な企業の採用情報を調べたり比較したりしておくと再就職先の労働環境の見極めがしやすくなります。あなたが今の職場に満足感がないと、転職活動する際、どの企業も魅力的です。そうなったら、どの会社に応募するべきか迷いが出てしまい判断を大きく間違える可能性もあります。したがって、最終的には直ぐに不満が募ってしまうこともあるので前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引先」も要チェックです。透明性を重んじる企業は取引先を公表していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。そのうえ、会社によって個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

  • 再就職での面接などの時に面接担当者に名刺を差し出されたとしたら…

  • 転職における面接などに関して担当者に名刺を渡された時、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきかどうかと迷ったときは、たいていの場合は差し出さないもの、と理解しておくと良いですね。転職のための面接とは仕事の一環ではなく、職に就くための就職活動の一環です。ですから普通に考えれば名刺をやりとりする時間ではありません。また、会社の人としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。という事で、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらの方は、ただ受け取るだけで問題なくて、相手の方に渡す義務はまったくないと言えます。

  • 会社が原因で精神的なダメージが増え、転職せざるを得ない状況となったなら・・

  • 仕事によって心的なダメージが蓄積され、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に身内と相談して、退職するか決めるといいでしょう。それは、仕事をするのはあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。どれだけ高い給料を得られたとしても、精神が追い込まれるまで延々と働くのは健全とは思えません。今の時代は金銭的なことよりも、働く本人が働きやすいことを重視していく生き方も認められつつあります。ですから、家族や、あなたの心と体を大事にしましょう。

  • 転職候補先の会社見学ができれば、非常に勉強になります。

  • 転職先で見学しておけば、すごく参考になります。その中でも、「職人」がいる会社での見学は、スキルを間近で見られるので楽しくなります。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはたいていの場合、いつもの仕事現場を見せてくれることはまずありません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。個人のプライドが高めな業種なので、実際に仕事を始めてみるまでは、本来の姿は伺えないものです。そのため、仕事は見学で見たものだけだと考えないことが大切です。ましてや、見学の時に仕事体験させてくれる会社は危険ですし、正直言って、注意しておくべきです。正規雇用が結ばれていない場合、もしケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保証も一切ないので、万が一、勧められても丁寧に断ることが大事です。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。でも、仕事をしながら求人の応募に走ったり、面接を受けるのは心身ともに非常につらいものがあります。転職活動中は、今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、書類選考をパスし、面接が決定した後で辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、他方直接応募していた場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と意識しておきましょう。

  • 転職先を選ぶ際、当然仕事のやりがいアップと共にそれだけで・・

  • 転職先を決める際、むろんやりがいのある仕事をすることも重要だけどそれだけでなく収入が増えることも重要なポイントになりますから「年収サイト」というサイトに登録して事前に調べています。同じ会社で加えて一緒の職種、経歴であるにも関わらずずいぶん人によって幅があることも多数あり、ぶっちゃけた話面接時に質問したことがあります。面接官も同じサイトを見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人も誰だかだいたいは予想はついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の年収だと覚悟しておいてください」とのことでした。

  • 退職|「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが・・

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される会社も豊富なので、2つか3つ、とりあえずサイト登録して、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、あとは条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。でも、初回だけは登録するのに非常に労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。初めの登録のときは時間がやや掛かりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、初めの準備に手を抜かないことを心がけるのが賢明です。

  • 転職活動をする上での最後の問題として、現在の会社の退職があげられます。

  • 転職活動の最後の難関として、今の仕事を辞めることがあげられます。転職先が採用の内定を出しても、現在勤務している企業があなたを慰留するというのもよくあるケースです。そのような場合は、障害を乗り越えて退職する、という強固な信念を保つことが必要でしょう。仮に会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきます。そうして、決定権を持つ上司と直接話し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と堂々と伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

  • 退職|転職時、比較的重視されるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 再就職する際、とても重要なのがまぎれもなく「面接」である。ふつうの面接では応募者に対して、転職の経緯や退職理由などいろいろな質問が飛んできますが、面白いことに面接の終わり頃になりますと、今度は、転職希望をする人からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当の方から「何か弊社について質問はありますか?」と言ってくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張しすぎて何も聞けなくなったりするものです。こういった場面に備えて、面接を受ける前に面接担当者からの問いに対し、質問の内容を考えておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 再就職時の面接では、中堅企業クラスの場合、「人事」が面接官ですが、…

  • 転職のための採用面接では、中堅企業だったら概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが、100%ではないのです。直接、仕事を一緒にしていく一番偉い人、かいつまんで言えば部長や課長クラスが面接をすることもあります。また営業職や事務職などのカテゴリでは、資格などという人の評価が難しいので自信を持ち自身を売り込んでいくことがとても重要になります。担当者から「この人はしっかり自己主張するし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

  • 退職|これまでの私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」に通っていました。

  • 今まで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、CMで有名な大手の転職サイトは、特性上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。そのために、転職時は「ハローワーク」ばかり使用していました。人気の転職サイトに掲載されている求人よりどうしても知名度は低くなってしまいますが、昔から地域密着型なため、とても信頼性が高いです。ですが、「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている人もいるはずです。でも、思いがけず理想の企業もあるかもしれないので数年以内に転職希望の方は、お近くのハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。有名な転職サイトみたいにたくさんの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

  • 転職する場合の面接で決まっているかのように質問されるのは…

  • 転職をする場合でかなり高確率で質問されるのは会社を退職した原因のことです。このような質問になった際には話の中心を辞めた会社に向けない方が無難です。そのことにスポットを当てると言うまでもなくマイナス面を伴った内容になってしまいます。ポイントとしては、なぜ以前働いていた会社を退職したのかという事をこの職場に必ず入社したいと思っていたからという話に進めていくということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社の方に話の内容を向けていくべきなのです。そういった話ならば、悪い面ではなく積極性を前面に押し出した前の職場を去った理由にすることができます。

  • 退職|転職をする際に目を光らせる求人情報は、通常のものとし・・

  • 仕事を探している際に見ることになる求人情報については、通常のものとして載っている、という可能性があります。そのため、そこに載っている内容は何もかもが正確であるとは思うのはやめておいたほうがよろしいでしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬に関しては一般的な値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額なのか?という見解ができないケースが多く、自分判断でとらえてしまうと、後悔する確率もあり得ます。そのため、そうならないためにも、募集内容に関しては、目安だと思って、そういったようなたいへん大事な事は会社に直接問い合わせるのが良いです。

  • 全く経験したことのない分野とかに転職を行う際は、前の業界で、自…

  • 全く経験したことがない分野などに転業したいときには、自分の以前の仕事で養われた力やこれまでの経験値が生かせるという自己アピールがいるようになります。経験をしたことのないジャンルの場合、経験していない分だけその業種で経験してきた人たちよりも事実、足りない部分はありますが、自分の持っている能力がそこで生かせるということを相手に伝えることができれば、戦うことができることもあり得ます。したがって、未経験である業種にチャレンジする場合は、その業界と自分が今までやってきた仕事との関係性を必ず考えましょう。

  • 昨日転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録に向かいました。

  • 先週仕事を探すために人材紹介会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングの時に現れた担当の人が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明したことの50%も彼はわかってはいない様子です。にもかかわらず「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておくべきです」とか、一人前のように横柄にのたまうので非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はある程度社会人を経験している人にしてほしいと感じます。