退職|女性が転職する時、数年前と現在と多少の変化が見受けられます。

女性が転職するに当たって、数年前と現在と少なからず、違いがあるようです。

女性が転職する時、数年前と今とで若干の変化があったりします。かつては面接の場で会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事などに関して、普通に質問されることが多々ありました。ですが、現在はその手の内容は、セクハラとして聞くのを避ける会社、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、タブーとして露骨に避けるようになっています。が、会社側は、YES・NO、の2択でなく、その人が結婚後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを把握しておきたいとは思っているはずです。自分の将来設計を理解しておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールとともに言い表すことで、面接官にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。たとえ、質問されていない部分も、先にあなたの側から積極的に話をしておくのが良いでしょう。

退職|転身を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずに様々な…

転職したいなら、労を惜しまずにたくさんの会社の募集案内をチェックしておくと転職先の判断がしやすくなります。現在の仕事になにか納得のいかない部分があるケースでは、いざ転職活動を開始した時、どの企業もいいように思えてしまします。そういった状況下では、どの会社を選択したら良いのか迷ってしまい、判断を大きく間違える可能性もあります。そのため、短い期間で不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性を重視する企業は、取引先を公開していますし、反対にそうではない企業は、宣伝ばかりなのでよく見ておきましょう。また、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前でチェックし、確認しておくのも手です。

転職における面接などに関して名刺を手渡してきたら、自分も同様に名・・

転職における面接などに関して面接担当者が名刺を手渡してきた場合、同じようにあなたも名刺を渡すべきか?渡さないべきか?と悩んだときは、たいていの場合は差し出さなくても良いと思っておきましょう。面接とは仕事ではなく、就職活動の一部です。ですから大方は名刺をやりとりする時間とは異なります。さらに、会社の人として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。ですから、もし相手側から名刺を差し出されても、こちらにおいては名刺をもらうだけでよくて、相手側に渡す責任は必ずしもないと推測できます。

会社で何かあって回復が難しいほど心的に自分が苦しくな・・

職場環境が原因で回復が難しいほど精神的に苦しくなり、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、そんな時は、職場の人と相談する以上に自身の家族と話し合い、退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、働くのは自分の事でもありますが、同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、納得のいく高い報酬を得られたとしても、精神がダメージを負うほど我慢しながら無理して仕事をするのは良い状態とは言えません。現在の社会では、働きやすさを大事にする生き方が尊重される社会です。あなた自身の家族や、あなた自らの心身をいたわりましょう。

退職|転職しようと考えている会社の見学は、すごく参考になります。

転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社見学は、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。ですが、「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、通常通りの姿を見せてくることは少ないのです。もっとも顕著なのは、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に入社してからでないと、本来の姿はみえないものです。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは決めつけないことが良いです。さらに、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社はキケンなのでハッキリ言うと「論外」です。入社していない段階では万が一問題が発生したとしても、保証が一切ないため、仮に、勧められたとしても丁寧に断るようにしましょう。

転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。ですが、仕事を行いながら求人情報を見つけて応募したり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも大変だといえます。転職活動を行っている間は、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接が決定した後で辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、他方自身で直接、応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と意識しておきましょう。

退職|転職先を決めるにあたって、やりがいを考慮することも重要だけど…

転職をするなら、むろん仕事のやりがいアップと共にそれにとどまらず収入のアップも大事なポイントになりますから「年収比較サイト」というところに登録して事前に調べています。一緒の会社でしかも同一の職種、社歴なのに人によって広く違いがあることも多数あって、正直に言えば面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた側も誰であるのかだいたいは予測がついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。

転職サイトは知名度の高いサイトであるほどたくさんの企業が掲載されているため、…

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される求人情報がたくさんあるため、2つか3つ、まずはメンバー登録しておいて、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、条件に合った案件が自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことができるようになります。だとしても、初回は登録するのに少々時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録の初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、後の応募を考えれば、最初の準備を抜かりなく行うことを心がけましょう。

退職|転職活動を行う上での最後に残る難関として、今勤めている会社の退職があります。

転職活動をする上での最後の難問として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業が決定しても、現在働いている企業があなたを手放したくないとして引き留めることは多々あります。仮にそうなったとしても、障害を乗り越えて退職する、という強い信念を維持することが必要です。たとえ会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。会社の規定を良く調べ、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきます。そして、決定権のある上司と相談し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と毅然とした態度でのぞみましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の重要なポイントです。

転職時に比較的重視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

再就職をする場合、重要となるのが「面接」というものです。よくある面接の際は面接担当者が応募者に対して、転職の経緯や退職理由などいろいろな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ疑問点などを質問できます。面接官から、「弊社に関して何か疑問に思うことはありませんか?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた時に緊張してアタフタしてしまうかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも事前に会社や仕事に対しての疑問点などの聞きたいことを準備しておきましょう。実際に仕事を始める前の段階であっても、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

退職|転職の際に行われる面接というのは、小企業であれば、大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官です…

再就職の際の面接は、小企業だったら「人事」が面接官となりますが、100%ではないのです。実際、今後仕事をすることになる担当者、簡単に言えば役職クラスである課長や部長が面接担当になる可能性もあります。また営業や事務などのジャンルでは、資格を介した人の良し悪しを判断しづらいですから、結局のところ自分自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。担当者から「この候補者はしっかり自己主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、印象付けることが大事になります。

以前は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を優先していました。

これまで私は、「転職サイト」を活用するより、私はハローワーク派でした。理由は、有名どころの「転職サイト」は、特性上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。であったので、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、掲載されるいくらか給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に貢献している企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。しかし、「ハローワークは地味なイメージがある」と思われている方も多いかもしれません。思いのほか、理想的な求人を発見できるかもしれないので、これから退職後の就職活動が不安な方は、お近くのハローワークへ1度行ってみるのも手です。人気の転職サイトのような大量のニュースレターの心配もありません。

再就職をする際でほぼ聞かれるのは前の職を辞職した原因なわけですが、…

再就職で面接でほぼ聞かれるのは前職を退職した原因のことですが、このような質問が出た際には前職を話の中心にしないほうが賢明です。前職を辞めた経緯を中心に話をするとほぼ確実にマイナス面を含んだ面接になってしまいます。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、前職を辞めたのはこちらの会社になにがなんでも入りたいという考えがあったからという話題に進めていくということで、今面接に来ている会社の方に話を向けていくべきなのです。行きたい会社の話だとマイナス面を隠し良い面を押し出した前職を辞めた訳にすることができます。

仕事を探しているときに閲覧する求人情報に関しては、おおまかなものとし…

仕事を変えようとしようとしている時に気にかける募集事項については、基準的なものとして掲載されている、という確率がありますから、そこに書かれていることは正しいものだと迂闊に信じるのはやめておいたほうがいいと思います。中でもとりわけ給与においては平均の値なのか?それとも最低限の金額なのか?それとも最高値の金額であるのか?といった見解ができる人は少なく、自分判断で決め込んでしまうと、後から後悔することになる確率もあり得ます。ですから、求人に書かれている情報は基準だと思って、そういった大切な事は会社側に直接確かめてみた方が妥当です。

経験のない業種などに転業するときには、自分が前の職・・

全くの未経験の業界などに転身したい場合には、前職で身についた能力や今までの経験値が生かせるといった内容のアピールがいるようになります。初めての業界の場合、その分その分野の経験者よりも正直、足りない部分はありますが、自分の持っている力がその業界においても生かすことができるということを伝えることができれば、戦えることも多くあります。そのため、経験のないジャンルに飛び込む場合は、その分野と前の職場でやっていた仕事との関係をできる限り見つけ出しましょう。

3日ほど前転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に行きました。

昨日転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。そこで登録カウンセリングの時に現れた担当の方がどうも入社して間もない新入社員で、私が話したことの50%ほども理解できてない感じでした。そのうえ「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが大切でしょう」とか、大上段から偉そうに言い散らかすので非常に不快でした。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングの経験がある社員にしてほしいと感じます。