退職|女性が転職するに当たり、数年前とここ最近とでは少なからず、変化があるといいます。

女性の転職は、数年前と現在とでは少し状況に違いがあったりします。

女性が転職するに当たり、近年と一昔前では多少の、違ってきている点があります。前は会社側から結婚の予定や結婚後の仕事についてごく一般的なこととして質問されることがほとんどでした。でも、現代では、その手のデリケートな内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問を避ける会社が増えています。そしてまた、とりわけ大企業ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。しかし、面接する側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人が、結婚した後は退職するのか、出産後の細かい予定を当然、把握しておきたいとは思うはずです。自身の価値観を理解しておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと併せて伝えることで、会社側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。なので、たとえ、質問されていない箇所についても、あなたが先んじて配慮し、答えてみることを考えてみてください。

転身を近いうちにするつもりなら、多くの会社をチェックしておけ…

再就職を予定しているのなら、労を惜しまず頻繁に会社の情報を定期的にチェックしておくと就職した後の見る目に大いに役立ちます。現在の職場にやりがいを感じていない場合、いざ転職活動を開始した時、どの会社も魅力的です。そうなったら、どの会社を選択していいのか迷ってしまうので判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。よって、最終的には一瞬で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性ある良い企業は、取引先情報を開示していますし、反対にそうではない企業は、宣伝ばかりなので求人チェック時に見ておきましょう。また、会社によって個人グループに入っているものもあるので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

転職の面接などにおいてもし名刺を手渡されとしたら、同じようにあなたも名…

再就職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を渡された時、あなたも名刺を相手側に渡した方が良いのか?と迷ったときは、大体の場合は渡さないもの、と頭に入れておきましょう。面接というものは仕事の延長上のことではなくて、職を得るための就職活動内のことになるので、普通一般的には名刺を交換する時ではないのです。加えて、会社の人間としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。ですから、もし相手側から名刺を差し出されても、こちら側は、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側にあげる責任は必ずしもないと考えます。

仕事のせいで精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら…

仕事のせいで精神的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談していくより身内に話を聞いてもらいその後の進退を判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするのは自分のためでもありますが、同時に家族の問題でもあります。毎月、納得のいく報酬が良いからといって、精神的に追い込まれるまで我慢しながら無理して働くのは好ましくありません。現在では、経済的なことよりも、働きやすさが優先で前提にしていく生き方も徐々に増えつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの身内や、あなた自らの心と体を大切にしていきましょう。

転職しようと考えている会社で見学などがあるとすごく参考になります。

転職候補先で見学などがあれば、すごく参考になります。また、「職人」さんがいる会社では、スキルを近い距離で見られるので楽しくなります。でも、「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、本来の現場を見せることはまずありません。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので入社しないと、本来の姿はみえません。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことが無難です。それに加えて、見学時に実際に仕事を体験させる会社はとても危険ですから気を付けるべきです。入社していない段階ではトラブルが発生してもそれに対する保証などありません。仮に、勧められたとしても丁重に断るとこが大切です。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。でも、忙しく働きながら求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接を受ける、というのは負担がかかるといえるでしょう。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、書類選考をパスし、面接の段になって辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、それとは異なり自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しておきましょう。

転職にあたっては、言うまでもなく仕事のやりがいアップも大切だ…

転職を行うにあたって、もちろん仕事におけるやりがいのアップと共にさらに収入アップも大切なことなので「年収サイト」というサイトに登録をしていろいろと調査をしています。一緒の会社で同じ職種、社歴なのに人によって大きく違いがあることも多くて、正直に言えば面接で質問したことがあります。面接官も同じサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人について誰だろうとある程度察しがついているのですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される会社も豊富なので、…

転職サイトは大きなサイトの方が掲載される案件の量も多いので、興味のある2~3社を、ともかくメンバー登録しておいて、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、さらに条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。とはいっても、最初は登録するのになかなか手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初回時、多少時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着情報だけチェックすれば良いので、後の応募を考えれば、最初の準備に手を抜かないことを心がけるのが無難です。

退職|転職活動をする上での最後の壁として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、今勤務している会社の退職があげられます。転職先の企業を見つけても、現在働いている会社があなたを手放したくないとして引き留めることもよくあります。そのような場合は、「ゼッタイに退職する」という強固な意思を保つことが重要でしょう。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきます。そのあとで、決定権を持つ上司と談判し、この退職にはどんな交渉も受けませんとハッキリと伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動のひとつです。

転職をする場合、比較的重要となるのがまぎれもなく「面接」である。

転職をする場合、比較的重要なのがまぎれもなく「面接」になります。ふつうの面接では、応募してきた人に対し、転職事由や退職理由など色々なことを質問されると思います。そして必ず、面接の終了間際に転職希望者から面接担当の人に逆質問に切り替わります。担当者から、「何か我が社についての疑問点はありますか?」と。こんな時は、面接者本人が答えを用意しておらず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。こんな場面に備えて、事前に面接担当者からの質問に対する、質問の内容を整理しておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

再就職のための面接では、中小企業であれば、おおよそは「人事」が面接担当です…

転職の際の面接は、零細企業だったら概ね「人事」が面接担当ですが、別のケースもあるようです。具体的には、これから仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、つまり管理職である課長や部長が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。特に、営業系や事務系に転職する場合は資格による人の良し悪しを判断しづらいのでしっかり自分自身を売り込んでいくことが必要であります。面接担当から「この人はしっかり自己主張するし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

これまで私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」を利用していました。

今までの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。どうしてかというと、有名どころの「転職サイト」は、いつも都心の求人情報しかないからです。であったので、求人を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。求人募集をする多少企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域密着タイプなので安心できます。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」とイメージしている方もいるかもしれません。以外にも、転職サイトには掲載されていない求人があるので、近いうちに転職しようと考え中の方は、ハローワークへ足を運んでみてください。転職サイトのようにこれでもかというくらいのニュースレターの心配もありません。

再就職する場合の面接でほぼ必ず尋ねられることが辞め…

再就職をする際に面接で必ず投げかけられるのは以前勤務していたところを辞めたのかということですが、このような質問に回答する時には話題を前職のことにしない方がベストです。退職した理由にスポットを当てるとどうしても悪い印象を与える要素を含んだ話の内容になってしまうので。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の職場を退職したかという点をこちらの会社にぜひとも入社したいという考えがあったからという話題に向けていくということで、自分が面接している会社に話の内容を向けていくべきなのです。転職理由でも、そういった話ならば、好印象のものに変えることが可能です。

転職をする際に目を光らせる求人内容に関しては、参考程度…

職を変えようと考えている時にチェックする募集要項は、参考程度に掲載されている確率があります。ですから、記載内容が全部正しいとは考えない方が良いでしょう。その中でもとりわけ給料面に関しては、社員を平均した値なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?といった判断ができないケースが多く、勝手な判断でわかったつもりでいると、今後、後悔する確率もあり得ます。そのような訳で、そんな風にならないためにも、募集事項については、うのみにせずに、そういった重要な内容は会社に直に確認を取るのがベストです。

退職|全く経験したことがない分野などに転業を行う際は、自分が前の職場で…

初挑戦の業種などに転身をしようとするときには、以前の業界で育んできた腕前や経験が生きるという自己アピールがいるようになります。その業種に勤務したことがない人はそれだけその分野で働いたことがある人よりも正直、不利になりますけど、自分自身の持っている能力がそのジャンルでも十分に発揮することができるということをうまく相手に伝えることができれば、戦うことができる場合も十分にあります。そのような訳で、未経験である業種にチャレンジする場合は、その分野と自分が今までやってきた仕事とのかかわりをできる限り見つけ出してみましょう。

退職|一昨日転職先の会社を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。

転職の準備をしようと人材会社に登録に行きました。そのとき登録カウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気がどうも入社してから間もない新入社員のようで、私が伝えたいことの2分の1も理解していないように見えました。それでいて「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと自分の強みを考えることが必要でしょう」とか、知ったかぶりに偉そうに話すのでとても不快な気分になりました。カウンセリングをする人はそれなりには仕事を経験している方にするべきです。