退職|再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必須です。

退職|再就職する場合、それなりの準備はしなければなりません。

  • 転職活動する場合、準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、身だしなみ、に含まれる服装は注意している人は多いでしょう。…が、ここ数年の、採用面接については形式ばらない服装を許可している企業もあるので、ガッチリとビジネススーツで決めて行く必要がない場合もあります。とくに会社の創立したての新規の企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手からの印象が良くなります。そして、ざっくばらんに話ができるメリットも。そうして、私服だと面接時に、服装の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、担当者へのアピールにもなります。というワケで、これから転職は企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • 転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方に…

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひチェックしてもらいたいポイントが何点かあります。まずはじめに派遣社員というと、データの入力、その他雑用等をなどの業務をなんとなくイメージされる人がおそらく多いかと思います。私も現在の会社に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには電話応対と聞いていました。直接派遣会社から伝えてもらっていました。しかし実際に業務に掛かると、「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を頼まれました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とはかなり違っていたので毎日困っています。今は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 今日では、ブラック企業がメディアで取り上げられたりし…

  • 現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、会社名が公開されたりと厳罰化の流れが続いていますが、完全には至っていない状況です。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。ともかく、求人票などで労働条件をチェックし、不安に思う項目について聞いてみましょう。おおよそブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。回答を避けるなど逃げようとします。とりわけ「休日」「給与」「残業」では、質問を重ねていくと渋い顔をすることが多いです。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、化けの皮が剥がれるようになります。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、その会社に入社すべきではありません。
  • 退職|生まれて初めて失業保険を受ける場合、じっとしていれば給付されると思っている・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても給付されると考えている人が非常に多いですが、それは誤解です。本当は、希望通りに仕事探しを行っている必要があり、それとは別に、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔でスタッフに就職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることをわかってもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。一方、きちんと就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、決まりとして給付がされなかったり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、充分に気をつけてください。
  • 派遣で働く会社が決定しました。

  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。お仕事開始の初日に営業の担当の方と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、約束したお店の前にいないから中にいるのかもしれないと思ってコンビニエンスストアの中に入ってみたところ、彼は雑誌売り場の所でしゃがみ込んで成人向けのグラビアページを開いて閲覧しているではないですか。こんな担当者の仕事なんてやってられないだと思って、挨拶することもなくこっそりとお店の中から出て即座に派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。
  • 退職|再就職した会社で自身の過去のスキル・キャリア活かせられれば・・

  • 再就職した会社で過去のキャリアを生かすことができれば、即戦力として高く評価されて、早々に仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している雇い主側もそのような人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職は簡単だといえます。それに加えてかつての働いていた仕事と似たジャンルなら転職はとても楽となります。ですが、即戦力な人材であったとしても、大手の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、時代や景気に左右されることなく中々の競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。
  • 雇用期間にあるときは、できたら、周囲が気づかないように…

  • 就労期間中は、できるだけ同僚に悟られないよう、(自身の経験談ですが)雇用中に転社の意図のみを早いうちに周りの人に話してみました。でも、その顎、求人誌を散々見たものの、予想に反して働く先もタイミングすら計画も立てずに決まらずいつの間にか時間を空費する結果に。そしてその一方、社内では退職に関わる諸々の手続き、自らの退職予定日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験し、次の就職先を探す流れになりました。
  • 転職活動で面接で「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

  • 転職活動をやっていると、「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。これらのうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これと違って転職理由についてありのままに伝えるのはよくありません。給料・待遇に対する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、採用担当者に悪い印象を持たれるものです。おそらく、自分の得にならないことをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、「御社に入ってから〇〇したいです」、5年後はこうなっていたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で巧妙に話をすり替えましょう。
  • 転職する際に行われる面接を受けるときにする腕時計です…

  • 転職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計ですが、ビジネスの場らしからぬ派手すぎる時計はしないほうが最善といえます。この場合の、目立つを詳しく言うと高そうなデザインだったり、といったことだけではないのです。反対に、明らかに安っぽいものに見えるとか、そのような目立つという意味であって両極端な意味で目を惹くのだと理解しておいてください。面接のときの腕時計はスーツやネクタイと一緒で、安全なものをチョイスするほうが賢明です。ただし、歳に適している腕時計ということも重要で、新卒の時に準備したものよりは少しでも値を上げた方が好印象であるということははっきりといえます。
  • 退職|知人からの話です。就職活動を始めて新卒採用でなにがなんでも就職したかっ…

  • こういう転職というのは従兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒採用でぜひとも入社したかった憧れていたA社の入社試験で、最終面接までいきながら採用されず、後に嫌々ながら違う会社に入りました。その後数年後派遣の求人サイトを閲覧する中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、いてもたってもいられなくなってその時の会社をすぐに辞め、A社で派遣での勤務を開始、必死のパッチで頑張ってのちになんとかA社で正社員になることができ、今ではやりがいを感じつつ楽しく仕事しています。
  • 古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • ”石の上にも3年”という諺がありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。しかしながら、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような安易に職を変えようとするのはキケンです。転職を検討する際は、タイミングを図る必要があります。初歩として、現在の職場・仕事内容について全般的に、不服に思っている点を10個程度、箇条書きにしてみましょう。こうすることによって、将来の転職活動に役立ちます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、決断を遅らせることなく、今より良い職を手に入れるべく進めることが大切です。
  • 今と違った会社がいいと転職をする活動をしている人の大半は…

  • 違った会社につきたいと転職をする活動をしているときの場合は「1日も早く、採用通知がものにしたい」と考えがちです。とはいえ内定が欲しいあまり、自分をより大きく見せたり、また対称的に自分を過小評価につながる行動をするのはなるべく止めておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちをぐっと抑えて、落ちついてあなた自身の能力にあった職場探しにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を見極めましょう。
  • 今の自分のスキルが有利にはたらくように転職を検討する場合は、…

  • 今ある自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職を検討しているなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種としづらい業種を理解しておきましょう。転職がしやすい業界としては、人材不足が社会問題にまでなっている医療・介護業界が代表例といえます。看護師、介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。今現在、医療従事者として勤務している人が、仕事がきついからと他の業界に転職する事を考える場合、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。簡単に考えない事が必要です。転職を本気で考えるのであれば、他の業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 私たちの社会的環境において、今後ぐんぐんと単純な仕・・

  • この先、徐々に考えなくてもできる仕事は機械化が進み、当然のことながらそういう仕事をする稼働人口はどう考えてもカットされていきます。どうしてかというと、考えなくてもできる労働は人間以上に機械で作業するほうが数段に強いからです。数をカウントするとか、同一の動作をずっと反復したりすることは機械なら何も不自由もありません。人と違って愚痴も言わない、肉体的な疲れもないし、不正をすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。さらに、人と違って賃金が発生しません。わざわざ労働力として人間を使う意味が無さすぎるため、機械化の流れは注目されているのです。
  • 退職|自分が転職を考えていた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

  • 以前は割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルにおいても本当に様々あってそのほとんどは満足できない感じる方ばっかり。こちら側は人生がかかっているのにもっと気持ちを込めて臨んでほしいという願いがいっぱいになりました。それが引き金となって自分がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。資格取得までには費用もかかったし勉強もとてもハードなわけですが、仕事を探している人たちから信用してもらえるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。
  • 再就職の際に準備する必要のある履歴書や職務経歴書などにおいてです…

  • 再就職しようとする際に絶対に用意する必要がある履歴書や職務経歴書などにおいては、ほとんどは手書きではなく、パソコンを活用して作成するのが一般的です。現在の日本においては履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで準備するというのが当然だと考えられているようですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実は、転職のケースは履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないと言い切ることはできないのです。手書きを評価する企業もあるようですが、違う会社がだんだん増えてきているようなので、パソコンで作った履歴書や職務経歴書でもOKな会社はかなりあるのです。