退職|再就職をスムーズに行いたい場合、準備は必要です。

退職|再就職する場合、それなりの準備は必須です。

転職にあたって準備は必要不可欠です。特に目に見える「ファッション」は大事に感じてしまいます。けれども、最近の採用面接では私服がOKな企業も多いので、スーツ(正装)で行く必要はありません。会社の創立したての企業などは、考え方が柔軟で私服で面接の場に行ったほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、フランクに会話できるメリットも。さらに私服であれば、面接の間に、洋服で、相手との話が広がる可能性もありますから、うまくいけば面接担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、今後、転職は会社の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えてほしい…

転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意して欲しいことが数点あります。なんとなく派遣と聞くと電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をといった業務内容をなんとなく考えてしまった方が多いかと思います。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。現在勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「電話対応がメインです」と派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、実際に業務に掛かると、「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を任されてしまいました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明とは全く違うのでかなりきついです。とりあえず、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

近時は、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、悪質な会社が公表されるなど、厳罰を与える傾向にありますが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。実は、面接で見破る方法があります。求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目を順番にあれこれ質問していきましょう。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、あるいは、その場で答えられなかったり逃げるような姿勢になることが多くあります。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問を重ねていくと渋い顔をする場合が多くあります。それでも食い下がると、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。

はじめて「失業保険」を受ける際、じっとしていれば給付されると思っている人・・

生涯初の失業保険を受ける場合、何もしなくても受け取れると思っている人がかなりいますが、それは正しくありません。実際は、失業保険をきちんと受け取り続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンで職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、きちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。対称的に、真剣に就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談に参加しないときは、有無を言わさずに給付の一時停止となったり、場合によってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために十分気を付けましょう。

派遣で働く会社が決定しました。

派遣会社での仕事が決定しました。勤務1日目に営業担当の方と勤務先の会社の近くのコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、営業担当者がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいなかったので店の中にいるのかもしれないと思ってコンビニエンスストアの中に入ってみると、担当者は雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアページを開けてじっと見ているのを発見!こんな担当の人のお仕事なんて勘弁だと感じ、挨拶することもなくコンビニの外へ出てすぐに派遣会社へ辞退をする旨の連絡をしました。

新しく就いた職場で自身のこれまでの能力を存分に発揮できれ…

新しく就いた勤め先でそれまでに身に付けた資格やキャリアを活かせられれば、即戦力と周囲から見られて割と早く仕事場にも馴染めるようになるでしょう。いい人を求人している会社側としても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングがうまく合えば難なく事が運ぶでしょう。更に過去の業務内容と同じなら確率はおおいにあります。とは言っても、ある程度の実力があるといっても大手企業の事務系の仕事や、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、いつの時代も、かなりの競争率ですから、楽観視は禁物です。

雇用期間にあるときは、できるだけ周りの人に気づかれないよう…

就労期間中なら、状況が許す限り、周りの人にバレないように(自身の転職活動では)前職中に転職の気持ちのみをはじめの時期に周りの人間に話してみました。けれども、その後に転職サイトを色々とみていったのですが、転職するタイミングさえも無計画なまま煮詰まっていないままズルズル時間だけが経過してしまいました。一方、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、私の退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験したあとで、次の就業先を探すことになりました。

退職|転職活動をしていて面接において必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていて面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。志望動機については、隠さずに話してもOKですが、これとは異なり転職理由についてストレートに話すのはよくありません。収入に対する不満、人間関係に関する問題など、面接官に好印象を与えるものではありません。おそらく、自分が不利になることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。現職の不満を回答しないためには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そのあと、「入社したなら、〇〇をしたいです」、5年以内にこんなゴールを達成したい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

転職をする際の面接のときにする腕時計のことなのですが・・

再就職する時に行われる面接で着用する腕時計のことなのですが、どう見ても目を惹くタイプの時計はつけないほうが好ましいと言えます。目立つ腕時計とは高級ブランドの腕時計とか、といったことだけではなく反対に、明らかに完全に安物である腕時計の印象を与えるとか、そういう目立つという意味であって両極端な意味で目立つ、ということで頭に入れておきましょう。再就職の面接のときにつける腕時計はポジションとしてはスーツやネクタイと同じように、ビジネスの場にふさわしい適切なものを着用して行った方が確実です。ですが、自分の年齢に適しているということもとても大切なことで、新卒で受けた面接のときに用意した腕時計よりはほんの少しでも高級感のあるものにした方が良いということははっきりと断言できます。

退職|このような話は友達の話です。就職活動を始めて在学中の就職活・・

こういう転職というのは知り合いの話です。就職活動を始めて学生時の就職活動でなにがなんでも勤めたかった憧れていたA社の最終面接を受けながら内定を得ることができず、それから後仕方なく別の会社で働くことになりました。それから1年経過したぐらいに派遣の求人のサイトの中で偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、いてもたってもいられなくなってその時の会社をすぐさま退職し、A社で派遣の就業を開始、やったな、と思った行動です。一生懸命頑張ってそれから希望通りA社で正社員になり、現在はやりがいを持ちながらいきいきと働いています。

古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、現在の社会では「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいうものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。再就職するつもりなら、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。基本として、今やっている職場、や仕事内容について、嫌だと強く感じていることを、約10項目探しておきましょう。そうしておくことで、転職を決断することです、そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、決断を早めにし、よりも良い仕事ができるよう、取り組むことが大切です。

退職|新しい会社がいいと転職をする活動をしている中のときの場合…

今と違った会社の社員になりたいと転職を希望する場合には「ほんの少しでも早く、内定がほしい」と考えるはずです。とはいえその気持ちが強くて良い知らせを得たいあまり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、あるいはその逆で自分を過小評価するかのようなマネはなるべくよしましょう。焦る気持ちはグッとおしころして、冷静に客観視しつつ、自分にピッタリな職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる会社を選択してみましょう。

今の自分のスキルを有効活用しながら、就職活動したいと思っているな…

今の自分のスキルや資格を活用しながら再就職する場合、転職しやすい業界と、比較的、転職が難しいジャンルがある事を知っておくことは大切です。再就職がむずかしくないジャンルは、慢性的に人材が不足している医療や介護系の仕事がおなじみですね。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士の資格が必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。今現在、医療従事者として働いている人が、ワケあって、他の業界に転職する事を考える場合、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、流動性は現業界よりも少なく、ですから、安易に考えないことが重要です。転職を本気で考えるのであれば、他の業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

これからの社会ではみるみるうちにシンプルな労働は機械に変換され…

今後、労働力という観点において着実に考えなくてもできる作業は機械化が進んでいき、結果的にそういう仕事をする労働力は少なからず縮小していきます。なぜかというと簡単な仕事は人の手を借りるよりも機械でやったほうが数段に分があるからです。数をカウントしたり、同じ作業をずっと繰り返したりすることは機械なら何も不自由もありません。もちろん人間とは違って不満を言わないし、肉体的な疲れもないし、適当にすることもないし、早いし均一化できる強みもあります。そして、人と違って報酬が発生しないのも違いですね。このような観点から人を使う理由がなさすぎます。機械に移行していくのも必然ともいえますね。

自分が勤め口を探していたころ何社かの人材紹介会社に登録していました。

私が求職中のころ何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのはサポートしてくれる担当者の質が驚くほど様々でほとんどの場合、満足できない感じるアドバイザーばかりでした。私にとっては人生かかっているのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという気持ちが募ってしまいました。そのことが契機となって自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取るのはコストもかかりました。それに加えて資格取得のための勉強面も大変ですが、就活中の人に信頼してもらえる存在になるべく努力しています。

転職をする時に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書は、…

再就職する時に必ず用意する履歴書に関しては、大方は手書きではなく、パソコンで作るというのが一般的です。日本に関しては履歴書はパソコンを使わずペンを使って書くというのが普通だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際には、転職に関しては絶対にパソコンを使ってはいけないとはっきり言うことはできないのです。手書きの履歴書の方を評価するところもありますけど、違うところが徐々に増加してきますから、パソコンで作った履歴書でも大丈夫な会社は意外にも多いのです。