退職|クールビズ(軽装)をして再就職の面接にチャレンジする際には…

退職|クールビズスタイルで転職の面接を受けに行く場合、ジャケットは…

  • クールビズをして転職の面接に行く場合、やっぱりジャケットは着用しなくても大丈夫だと言えるのです。ですが、ネクタイはしておいた方が好印象を与えてくれます。ネクタイに関してもなくてもOKだとする会社も存在する確率もあるにはありますが、ネクタイについてはクールビズが推奨されていても着用するべきだと考えている企業がある程度あります。ですので、クールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイだけは必ず着用して面接した方が印象が良いというのは伝えておきます。
  • 今のご時世では、株や不動産投資等の不労所得、あるい…

  • この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、あるいは独立や起業を目指す人も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、雇用されて働くことが世の習いといったこれまでの見解も変わってきています。高度経済成長時代には、将来的に不安定な自営業といった稼ぎ方よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれていました。人が生きていくうえで正しい道として、またそれが自然のことのように一般の人々に認識されてはいました。しかし、そのような時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という風にもいわれます。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。
  • 退職|今、私は派遣会社に登録をしています。

  • 今、私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイト上でなにげなく興味を引かれる仕事を見つけ尋ねてみると「その仕事はすでに他の人の採用が内定しています」と断られてしまい瞬間的にサイト内から仕事の情報が見えなくなるのですが、なぜか次の日には再掲載されています。ということは結局私ではよくないのってことですよね。そういうことであれば最初からカドが立たない程ではっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまたダミーのお仕事なのでしょうか?
  • 今ではPCを見ればインターネット上には、「転職サイト」に類するもの・・

  • 最近スマホを見ればネットのエリアには、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多数存在しているのをご存知でしょうか?サイトを見て自分自身が求めている転職先と思えるのを見つけるためには、最初は情報が大事ですから収集が必要です。こんなサイトをしっかり使いこなすことで、効率的に転職を叶えられます。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている役に立つ「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。
  • 退職|もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」におい…

  • もしもあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」のように、都市部から地方に移り住んで再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。ここ最近は転職サイトを用いれば、地方での求人情報にも簡単に得られますが、残念ながら地方での求人情報では、どうしても都市部よりも少ないのが欠点といえます。ですから、求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもこまめにチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートに関する情報も見ておくと間違いがありません。
  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。

  • 「転職エージェント」では、登録後、電話やメール連絡が何度も入ります。これについて初めて利用した人は非常に驚く場合がよくあります。転職エージェントは転職を推進することが仕事だとされるので、非常に積極的です。中でも特に大手のエージェントは、転職を成功させると企業から報酬がもらえるシステムなので、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させることが少なくありません。その上転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が出たすぐ後に、入社を強引にすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように注意しなければいけません。
  • 将来に目を向け、楽しんで転職活動をすることができれば…

  • 楽しい気持ちを持ちながら転職活動と付き合う事が出来れば、精神的な負担も軽減されるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるはずです。しかも精神的な箇所が良好な状態であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。お勧めなのは、やはり、休職せずに新たな勤め先を見付けることが大切です。今の仕事を継続しつつ、新たな職場を探すのがベストです。また、間をおかなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そうしておけば、職歴に空白期間ができないので、将来に響くこともありません。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、円滑に転職活動を進めていきましょう。
  • 転職を考える際、その職場の自分の給料ばかりを気にする人は、…

  • 転職というものをする場合、そこでの自分の年収ばかりを気にする人は、とてもいるようです。とうぜんたいていの方は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として稼ぐために精を出すのだとは思います。したがって年収の額は自分自身の評価という面もありますから大切と感じるのは否定できません。とはいえ、愚かにも年収に異常にこだわりすぎるのも虚しいものです。この世には年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることは少なくないからです。
  • 転職活動する場合、然るべき準備は必須です。

  • 転職する場合、然るべき準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に見える「服装」は重要だと感じてしまいます。ただ、最近の企業面接では私服で大丈夫な会社があるので、ガッチリとビジネススーツで決めて臨まなくても良いケースもあります。会社の創設間もない会社などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で行ったほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服だと面接の間に、ファッションについて、話もしやすいです。ですから、面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。今から転職は会社の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にチェックしてもらい…

  • 転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意していただきたい点が何点かあります。なんとなく派遣業務については、お茶出し、その他雑用等をのようなものをぼんやりと想像する方がおそらく多々ありますよね。最初は私自身もまさにそう思っていました。現在勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「担当業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。しかしいざ入社したとたん、なんと「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。毎回振り回されますし、はじめの説明とは全く違うので毎日かなりきついです。とりあえず、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。
  • 今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、…

  • 近時は、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件による取り締まりが強化されたり、社名が公表されるなど厳罰を処するようになってきましたが、まだまだ問題が多い状況にあります。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。はじめに、求人票などで労働条件を見えておき、怪しい点について質問をぶつけてみることです。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」みたいな逃げるような姿勢になることが多くあります。「休日」「給与」「残業」では、詳しく聞いていくと、渋い顔をすることが多くあります。それでもしつこく聞くとふてくされるような態度になるのでそこで相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、その会社に入社すべきではありません。
  • 生まれて初めて失業保険をもらう際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらう際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が少なくありませんが、それは間違いです。実際には、希望通りにもらうためには、職探しを続けている必要があり、加えて、月に一度はハローワークに行かなければいけません。一か月おきに職員に就職活動の状況をきちんと説明して真面目に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。もしも、真面目に仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、問答無用で給付の一時停止の措置を取られたり、それ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそれを防ぐために注意が必要です。
  • 退職|派遣先の会社が決定しました。仕事開始の初日に営業の担当者・・

  • 派遣先の会社が決定しました。仕事の初日に派遣会社の営業担当の人と就業場所の近くにあるコンビニエンスストアで落ち合う予定だったのですが、担当者がコンビニの前にいないので店の中にいるのだろうと考え店の中に入ってみたところ、担当者は驚くことに雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて読んでいるのを発見しました。こんな担当の方のお仕事なんて人間としてプライドが許さないことだと感じて、そこで声をかけず気付かれないように店内から出てすぐに派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。
  • 新たな勤め先で自身の過去の能力をフル活用できれば、即戦力として周囲から高く評価されて・・

  • 新たな職場で今までのキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力として周囲から扱われ、割と早く仕事場にも馴染めるし、人を募集している会社側としても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、時期さえうまくいけば、すんなりと採用されるでしょう。しかも、今までの職場と同じような仕事内容なら転職はとても楽となります。でも、それなりにスキルがあるといっても大手企業の事務職、公務員の募集については、昔と変わらず相当な難関を突破する必要があります。
  • 雇用中は状況が許す限り、会社内の人にバレないよう(私の例で…

  • 在職期間中は、可能なかぎり周りの人にバレないように(私の転職活動では)在職期間中に「転業するかも」という意思表示だけをはじめのうちに周りの人間に知らせたことがあります。でも、それから、求人誌を見て回ったのですが、結局転職先や時期など、何も進めていたので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには社内では退職に関わる手続き、私の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を探すことになりました。
  • 退職|転職活動をやっていると、面接時に高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていれば、面接のときに例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは違い転職理由についてそのまま話すのはよくありません。転職理由でよくある給与に関する不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。加えて、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選択しました、と巧妙に話をすり替えましょう。