退職|クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接場に出向くときに・・

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接会場に行こうとするときに…

  • クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に行く際には、いくらなんでジャケットまでは着て行かなくても安心であると間違いなく言い切れます。ですが、ネクタイに関してはつけて行った方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイなしでもOKだとする企業もある可能性はなくはないですが、ことネクタイにおいてはクールビズであろうと必ずつけて行く必要があると思っている企業が一定数存在します。それゆえに、例えクールビズが指定されていてもネクタイだけは着用いく方が良いということをわかっておいてください。
  • 退職|近頃、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、…

  • 近年では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、起業といった生き方も増えています。必ずしも「起業はキケンだ」といった今までの考えも変わりつつあります。高度経済成長時代に関しては、将来的に不安定な株式投資・個人事業より雇用されて働くほうが賢明であり、人生の正しい道として、世の中に認識されていた。そういった成長期は終わり、現在のような時代は「成熟期」という風にもいうらしいです。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人がいらなくなっていく社会です。
  • このところ私は派遣会社に登録をしています。

  • このところ私は派遣会社に登録しています。インターネットサイトでなんとなく気になる仕事を見つけて応募したい旨を伝えたところ「そのお仕事はすでに他の方で話が進んでいます」とお断りされ瞬間的にウェブサイト上からお仕事情報が消えるのですが、翌日にそのページを見るとまた情報が掲載されています。これは結局は私だとダメだって意味ですよね。それであれば初めからプライドを傷つけない程度に正直に伝えてほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。はたまた偽りのお仕事なのでしょうか?
  • 退職|最近はPCを使えばわかるけどネット上には、いわゆる「転職に関するサイト」に類するもの…

  • 世の中は便利になったものでPCやスマホを使えばインターネット上には、いわゆる「転職サイト」に類するものが多すぎるくらいあります。その多くのサイトから自身にピッタリの転職先と思えるのを見付けるためには、まずは情報を収集することが必要です。こういうサイトをしっかり使うことで、効率的に転職先を探せます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」もありますが、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、実際に信用していいサイトであるかをよそと比較しながらしっかり確かめてみてください。
  • 退職|転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」など、…

  • 再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」において大都市から地方に移って転職したいと考える人も多いです。ここ最近は転職サイトをうまく活用すれば、地方での求人情報も手軽に知ることができますが、ただし、郊外や地方での求人は大都会ような選択肢がないのが正直なところといえます。ですから、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートのイベントにも注視しておきましょう。
  • 退職|転職サイトに登録した場合、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールが執拗に掛かってきます。初めて利用する人は非常にびっくりすることがよくあります。転職エージェントは転職を助けることが業務なため、とても積極的な姿勢を見せます。特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業から報酬を受け取る仕組みといえるので、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが珍しくありません。彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出たその日に、入社を積極的にすすめてくることが少なくありません。自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職することがないように注意を払うことが必要です。
  • 退職|将来に目を向け、期待をもって転職をすることができたら…

  • 楽しみつつ、転職と付き合う事が出来れば、メンタルへの負担を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるでしょう。またメンタル面が問題がなければ、割と早く転職先も見つけられるはずです。一番ベストな形は、休職によるブランクをつくらず新しい勤め先を見付けることです。現在の会社を退職せずに次を見付ける形が理想的です。また、隙間をなくせば退職後もすぐに働けます。このようにしておくと、職歴に空白期間ができないので、将来に響くこともありません。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、うまく転職活動を進めていきましょう。
  • 転職というものをしようと考えたとき、転職後の自身の給料を過剰に気にする人が…

  • 転職というものをする場合、転職したあとの年収について気にしすぎる人が案外多いように思います。もちろん誰もが仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を得るべく仕事をしているとは思います。年収がいくらかは自分自身がどれほど評価してもらえているか、という面もありますから大切なことは無理もありません。ですが、年収というものばかりをとらわれすぎてしまう人生というのも寂しい気がするでしょう。この世には年収にあまり反映されない仕事であっても精神的に満たされる可能性がゼロではないからです。
  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備が必要となります。

  • 再就職する場合、準備は不可欠です。なかでも、「服装」を誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装がOKな企業があるので、しっかりビジネススーツを着て面接に出向かなくても良いでしょう。会社の創設してすぐの企業などは、厳格な規則もないことが多く、私服の方が相手に好印象を与えられます。そして、正装ではないので、フランクに会話できるメリットも。また、私服であれば面接の際に、服装の話題で盛り上がる可能性もありますから、担当の人から気に入られる期待もできます。ということから、これから転職にトライするなら「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • 退職|転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてほしい…

  • 転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えていただきたい箇所が複数あります。まず派遣社員というと、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった仕事をなんとなく連想する人が多いとは思います。最初は私もかつてはそう思っていました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「電話対応が主な業務」と派遣会社からも説明も受けてました。でも、いざ業務に掛かると、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、はじめに説明された内容とは全く違うのでとても困惑しています。今はただひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。
  • 今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件での取り締まりが強化されていった・・

  • 現在、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されるなど、厳罰化の方向に動いていますが、完全とはいえません。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。ともかく、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それらをもとに堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることが多いです。中でも「給与」「残業」「休日」については、質問してみると、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • 生涯初の失業保険を受けるときに、じっとしていれば受け取れると思っている人が…

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人がかなりいますが、それは誤解です。実際には、失業保険をきちんともらい続けるためには、職探しを行っていなければならず、その上、毎月一回はハローワークに通う必要がある。一か月おきに職員に就職活動の状況を報告してきちんと仕事を探していることをわかってもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。因みに真面目に就職活動をしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に顔を出さないときは、強制的に給付が一時停止となったり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるので気をつけておきましょう。
  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。

  • 派遣として働く会社が決定しました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当の人と会社の近くのコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、営業担当者がなぜか約束をした店の前にいないので店内にいるのではないかと考えコンビニの中に入ってみたところ、担当者は雑誌のコーナーで座り込んでいやらしいグラビアページを開いて読んでいるところを発見!こんな担当者の仕事なんてとてもじゃないけどできないことだと思って、声もかけずにコンビニの外へ出て即座に派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。
  • 新しく就いた職場でこれまでの資格やキャリアを活かすことができれば・・

  • 転職先で今までの資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力として仕事を任してもらえ、すぐ職場内に自分の居場所ができ、人を雇おうとしている雇い主側も即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえ合致すれば、うまく事が運びやすいといえます。加えて以前の業務内容と似た内容であれば見通しはおおいにあります。そういっても、それなりに能力があるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、いつの世になっても、中々の難関になることを覚悟しておいたほうが良いです。
  • 雇用中は可能なかぎり周りの人間にバレないように(ちなみに私のと・・

  • 就労であるのなら、可能であれば、周りの人間に気づかれないように、(私の転職活動では)在職中に転業の気持ちだけを早い時期に社内で知らせたことがありました。けれども、その後転職サイトを必死に色々とチェックしてみたのですが、結局は転職先のあても、転職するタイミングさえも無鉄砲に決まらないまま、ズルズル時間がムダになるだけでした。一方の当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験し、次の就業先を再度探しました。
  • 退職|転職活動をしていれば、面接でほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。

  • 転職活動で面接で絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち「志望動機」については、ありのまま話して問題ありませんが、転職理由についてストレートに話すのは問題です。例をあげれば給料に対する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。おそらく、自分の得にならないことをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、かなり慎重に質問してきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そのあと、この企業に入社してこういうことをしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。