退職|クールビズの格好をして転職の面接場に出向く場合、ジャケットに関し…

クールビズ(軽装)で再就職の面接に行く際には、さすがにジャケッ…

  • クールビズの服装で転職の面接に行くときには、ジャケットまでは着ていかなくても大丈夫だとはっきりと分かるわけです。ですが、ネクタイにおいてはして行った方が印象が良いです。ネクタイなしでもOKだとしている会社もある確率もなくはないですが、ことネクタイは例えクールビズでも必ずつけて行く必要があると考えている会社がある程度あります。したがって、例えクールビズ(軽装)の恰好ではネクタイだけは着用いく方が良いということをお知らせしておきます。
  • 現在では、株・不動産投資の不労所得を得たり、自営業や起業を目指す人も増えています。

  • この頃では、株式・不動産投資などの不労所得で稼いだり、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。そういった変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった見解も変わってきています。高度経済成長期に関しては自営業者よりも組織の一員のほうが堅実であり、人生のもっとも正しい道として一般の人々に認知されてはいました。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という風にも付けられています。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。
  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 今、私は派遣会社に登録して働いています。インターネットサイトの中で気の向くままに自分にぴったりの仕事を発見して問い合わせを行ってみると「そのお仕事はすでに別の方の採用が内定しています」と断られて一瞬ウェブサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、その翌日になると情報が閲覧可能になっています。ということは要するに私ではダメと言っているのですね。そういうことであれば初めからカドが立たない程ではっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはひょっとして実際には存在しない仕事なのでしょうか?
  • 最近パソコンやスマホは便利でネットの世界では、今で…

  • 最近はPCを使えばわかるけどインターネットで見られる世界ではいわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在します。サイトを見て自分自身にピッタリの転職先と思えるのを見付けるために、最初は情報を集めることが欠かせません。こういうサイトをきっちり使いこなすことで、効率的に転職先探しができます。最新情報が満載で、正しいレビューなども載っている優良な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。
  • あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」にお…

  • もしもあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」など、都市部から地方に引っ越したうえで再就職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。今のネット社会では転職サイトの地域指定をするだけで、地方や郊外での求人情報にも簡単にアクセスできます。ですが、地方や郊外での求人の場合、都市部ような選択肢がないのが欠点といえます。そのため、求人サイトを使用するのは当然ですが、求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもよくチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートのイベントにも見逃しがないようにしましょう。
  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話・メールで何回も連絡が入ります。

  • 転職サイト一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が何度も来ます。これについて初めて利用された人はとても驚くことが多々あります。転職エージェントは転職させることが仕事だと考えられるので、とても積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬が支払われるシステムといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先させることが少なくありません。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出たその日に、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職することがないように気をつけておきましょう。
  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職と付き合っていけ…

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職と付き合う事が出来れば、メンタル面での負担も少ないので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。そのうえメンタルにも損なわれていない分、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。オススメなのは、スムーズな隙間のない時間で転職先を見つけることが大事です。今の仕事を続けながら、次の勤め先を見つけるのが理想です。それに、隙間をなくせば仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そうすると、仕事をしていない期間はできませんから、履歴への影響も回避できます。要するに、転職の際に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、転職活動を進めてみましょう。
  • 転職というものを考える際、転職したあとの自分の年収ばかりを気にする人は、…

  • 転職について考えた場合、転職後の自分の給与について気にする人がとても多く見受けられます。とうぜん大多数はですから生活費を得るべく仕事を選択するはず。ですから年収がどれだけかは自分の価値を測る指標という見方もできますから、とうぜん大切なことは至極当然です。しかし、必要以上にもらっている年収の額に執着しすぎるのも考え気がしませんか?それより収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が普通に転がっているからです。
  • 転職する場合、然るべき準備をしておく必要があります。

  • 転職活動では、然るべき準備をしておく必要があります。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、「ファッション」を重要なことだと感じてしまいます。…が、ここ数年の、企業面接では私服を許可している会社もあるので、スーツを着込んで面接に赴く必要はありません。創業したての新規の会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手先に良い印象をあたえます。正装でないので、フランクに会話が出来るのも魅力です。そして私服だと、面接中に、ファッションの事で話題が広がることがあります。ですから、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、今から転職にトライするなら「創立した年」を確認し、(ベンチャー系などの)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている・・

  • 転職する場合、派遣社員」で考えている人に注意してほしい箇所が複数あります。派遣に対して、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といったものをぼんやりと想像した人がおそらくいるはずです。実はかく言う私もそう勘違いしていました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに電話応対と聞いていました。採用の際に説明を受けました。ところが、実際に働き始めると、辞めた正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめに説明された内容とは全く違うので毎日非常に困っています。とにかく、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり・・

  • 「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、会社名が公開されたりと厳罰を処する流れにありますが、まだまだパーフェクトではありません。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。とにかく、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらをもとに堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。「その場では答えられない」みたいなはぐらかされるはずです。特に「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せる場合が多いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、会社の正体がわかります。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、何か違和感を感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。
  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくても給付されると思っている…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が極めて多いですが、それは正しくありません。実際には、失業保険を職探しを行っていることが必要で、さらには、月に一度はハローワークに行く必要があります。毎月ハローワーク職員との面談を通じて、真剣に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。その反対に、真面目に就職活動をしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さないときは、強制的に給付をストップされたり、以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために注意しておきましょう。
  • 派遣先が決定しました。就業1日目に派遣会社の営業担当の・・

  • 派遣でのお仕事が決まりました。勤務初日に派遣会社で営業を担当している方と派遣先の会社に近いコンビニで合流することになっていたのですが、なぜかコンビニの前にいないから店内にいるのではないかと思いコンビニの中に入ってみると、彼はなんとまあ雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開いて閲覧しているのを発見!こんな人に担当されるなんてとてもじゃないけどできないことだと思って、その場で声をかけることなくこっそりとお店を出て即刻派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。
  • 新しく就いた仕事でそれまでの能力を存分に発揮できれば…

  • 新しい環境下でこれまでのスキルが生かせれば、即戦力として周囲から一目置かれ直ぐ仕事場にも馴染めるし、人を雇おうとしている雇い主も即戦力は常に必要なので、時期さえうまくいけば、難なく事が運びやすいといえます。しかも、以前の仕事と近い内容であれば、転職自体は簡単にいくはずです。とはいえ、即戦力となる実力があったとしても一流企業の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)などは、時代・景気に関係なく相当な難関となるのは間違いないでしょう。
  • 就労期間中は、可能であれば、周りの人にバレないよう・・

  • 在職中であるのなら、出来るだけ会社内の人にバレないように(私の例ですが)就労期間中に転身する意図だけを早い段階で社内の人間に仄めかして反応を見ました。ところが、その後に求人誌を散々色々とチェックしてみたのですが、予想に反して転職先や時期などすら何一つ煮詰まっていないままダラダラと時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその一方で、会社のほうは、退職に関わる引継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験し、次の就職先を見付ける活動をはじめました。
  • 転職のための活動を行っていて面接時に例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、これとは違い「転職理由」をありのまま話すのはキケンです。転職理由でよくある給料・待遇に対する不満、上司と相性が悪いことなど、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そしてさらに、「入社したなら、〇〇をしたいです」、3年後にはこうなっていたい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機に話をすり替えてみましょう。