退職|もしあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」に・・

もしあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で…

  • 再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移って転職したいと考えている人が、近年増えています。今のネット社会では転職サイトをうまく活用すれば、国内のあらゆる場所の求人情報にも閲覧できるようになっています。しかしながら、地方や郊外での求人はどうしても都市部よりも少ないのが事実、難点でもあります。なので、求人サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもこまめにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートに関する情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 退職|転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。これに関して初めて利用された人はとてもびっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが業務ですので、本当に積極的な姿勢を見せます。特に大手のエージェントは、転職を完了させると企業からお金をもらえるシステムといえるので、転職者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れるとすぐに、入社するよう後押ししてくることがよくあります。自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意を払うことが必要です。

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職をすることができれば、…

  • 将来に目を向け、楽しく転職活動と向き合っていけば、メンタル面での重荷が減るので、転職期間に堕落はしないですみます。またメンタルが健やかな状態のままであれば、直ぐに転職が出来るでしょう。そのためには、やはり、スムーズな隙間のない時間で新しい職場に飛び込むことが大事です。今の会社を退職せずに次を見付ける形が理想といえます。間をおかなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そのようにしておけば、職歴に空白期間ができないので、履歴にもキズがつきません。すなわち、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、円滑に転職活動を進めてみましょう。

  • 転職というものについて考えた場合、転職先での給与ばかりに気を取られる人・・

  • 転職について考えた場合、転職先での自分の給料ばかりを気にする人は、わりと多いように思います。誰もが仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を得るべく励むと思います。ですから年収がいくらかは自分の評価という見方もできますから、当然大切なものとして扱うのは無理もありません。それにしても必要以上に年収の額に執着しすぎる人生というのも悲しい気がするでしょう。収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充足感を得られることは多々あるからです。

  • 転職活動を進めるには、然るべき準備は不可欠です。

  • 転職活動では、然るべき準備は不可欠です。とくに、目に映る「服装」は、誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ところが、ここ数年の、面接に関しては、私服が多い企業があるので、しっかりビジネススーツを着て赴く必要がないケースもあります。とくに創業してすぐの会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手に好印象を与えられます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。さらに私服だと、面接中に、ファッションの話題に発展しやすいですから、もしかしたらポイントが残るでしょう。というわけで、転職活動は会社の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意していただきた…

  • 転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えていただきたいことが何点かあります。一般的に派遣社員に関しては、お茶出し、その他雑用等をなどの仕事をなんとなく思った人がいるはずです。実は私もまさにそう思っていました。今、勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「メインの業務は電話対応になります」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ仕事に就くと、まさか「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを頼まれました。とくに特別な知識もなく、求人表だけでは、日々とても困惑しています。とにかく、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 退職|今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりし・・

  • 現代では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、社名が公開されるなど、厳罰化の動きが活発になっていますが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。そこで、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票などで労働条件を見えておき、それらを使ってあれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、回答を避けるなど逃げようとします。「休日」「給与」「残業」では、詳しく聞いていくと、困った表情をする可能性が高いです。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、会社の本当の姿に気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、何か違和感を感じたら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

  • 初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても給付されると思っている人が…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が極めて多いですが、それは間違いです。実のところ、失業保険の給付をもらい続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、さらに、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンでスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して真剣に就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。その真逆に、本気で就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、決まりとして給付をストップされたり、その後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために気をつけてください。

  • 退職|派遣での仕事が決定しました。最初の勤務日に派遣会社の営業の担当の方と…

  • 派遣先の会社が決まりました。最初の勤務日に派遣会社で営業を担当している人と会社の近くのコンビニで待ち合わせたところ、営業担当者がどういうわけか約束のお店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思い店の中に入ってみると、あろうことか雑誌コーナーの前にしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開けて見ているのを発見!こんな担当者の仕事なんて我慢できないことだと感じて、声もかけずにこっそりとコンビニを出て即刻派遣会社へ辞退すると連絡をしました。

  • 退職|新たな勤め先でそれまでのスキルが生かせれば、即戦力として周囲から高く評価されて・・

  • 新たな勤め先で自身のこれまでの資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力として仕事を任してもらえ、早々に職場にも馴染めるはずです。また会社としても、そのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえ合致すれば、すんなりと採用されるでしょう。更にこれまでの働いていた仕事と近い仕事なら転職すること自体すんなり行くはずです。しかし、即戦力となる基準を満たしていても、一流企業の事務職系や公務員系の募集は、時代や景気に関係なくかなりの難関を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

  • 雇用期間中は、できたら、周りの人にバレないよう(私のとき…

  • 就労期間中なら、できるだけ周囲が気づかないように、(ちなみに私のときは)前職中に転業する考えを早いタイミングで周りの人に仄めかしてみました。が、その後転職サイトを散々色々とチェックしてみたのですが、予想に反して就職先や仕事を変えるタイミングさえも何一つ決まらないまま、ズルズル時間だけが過ぎてしまいました。その一方、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、本末転倒な展開を迎えました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験し、次の就職先を探すことになりました。

  • 退職|転職活動を行っていて間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていると、面接においてほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。このうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば収入面の不満、人間関係に関する問題など、採用担当者に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分が不利になることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。加えて、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、3年後にはこうなっていたい、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • 再就職する時に行われる面接のときに着用していく腕時計については、…

  • 再就職時の面接のときに着用していく腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目を惹くタイプのものはしないほうが最善といえます。この目立つという意味は明らかに高そうに見える腕時計とか、その反対で安物の印象を持たれてしまうとか、そういう目を惹くということで真反対の目を惹くのだと捉えておいてください。転職時の面接につけていく腕時計においてもポジション的にはスーツやネクタイと一緒の考え方で、面接に適切なものを着用して行った方が賢明だと言えます。しかし、歳に見合った腕時計であるということもとても重要で、新卒の面接で買ったものよりはほんのわずかであっても値段が高いものにした方が間違いないと言えるでしょう。

  • こういう転職ができたという話は従兄から聞いた話です。

  • こういう転職という話は知り合いから聞いた話です。就職活動を始めて新卒採用にて死んでも入社したかった目標であるA社で行われた最終の面接で不採用になって、それから先別の会社に入りました。それから3年経過した頃に派遣の求人サイトの中でA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、気持ちを抑えることができずその時働いていた会社を即座に退職し、A社で派遣の勤務を開始、やったな、と思った行動です。死ぬ気で頑張ってのちに希望通りA社で正社員登用されて、現在では仕事のやりがいを感じつつ元気に仕事をしています。

  • 日本には「石の上にも三年」という教訓があります。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という教訓があります。現在の社会では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。ですが、誰もが簡単に転職できるうかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職したいなら、適した時期というのも有るでしょう。ますはじめに、現在の職場・自分の置かれている立場などについて、嫌だと感じいているポイントを、5~10個ほど、紙にリストアップしてみましょう。この作業が、将来の転職活動に役立ちます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、躊躇することなく、よりも良い仕事ができるよう、努力していきましょう。

  • いい企業に入りたいと転職をする活動をしている場合には…

  • もっと良い職場に入りたいと転職をする活動中の場合には「ちょっとでも早く採用通知がものにしたい」と考えるはずです。が、それで吉報が得たいばかり、自分をより大きく見せたり、あるいは逆に自分を過小評価につながるマネは可能な限り避けましょう。そうではなくて、焦ってしまう気持ちをこらえて、冷静に、そして客観的に、自分に最適の職場を見つけることにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経験が活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く選んでみてください。