退職|あなたが転職活動中に、良いと思う求人(あるいは業種)…

これから転職活動をされるなら、良いと思う求人(OR 業種…

  • 今から転職活動をされるなら、良いと思う求人(業界)があれば、逐一、「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントからは業界に関するマイナス要素について、知らせてもらえません。もしブラックな面があるならネット検索によってカンタンにカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そういった実態を理解しないまま、会社に入ると、あとになってガッカリしてしまうおそれがあります。だいたい求人が出ていた理由が「内容がキツイからなかなか人が定着しない」ということも多いので興味をもった案件や業種については、注意してください。

    転職先を探している期間中は、趣味に時間を費やすことに加え…

  • 転職先を探している間は、趣味に時間を費やすほか、体力の低下を招かないようにしておくとベストです。転職先が決まり、いざ仕事を始めた際に、趣味に集中していたおかげで気付かないうちに集中する力が高まります。さらに体力アップしていることで他の社員と比べると体力が持続するということを認識します。なので、退職して次の仕事を始めるまでは好きなことに打ち込むことと、体力を落とさないようにしておくのがベストです。転職後、同じ会社内であなたと同様の趣味の方がいれば、会話が盛り上がります。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

    一般的観点からすると一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • 一般的に見て一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。そればかりでなく、田舎のほうでとなると転職の可能性がきびしくなります。ただ、製造業の場合には、都市部でない地方の工業団地等に製造の拠点としていることもよくあります。そのような地方の工場の場合、事業拡大をする際に「途中採用」を併せて行っているので、この機会に転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する企業の情報をあらかじめ収集しておきましょう。ホームページにアクセスして、求人予定がないかちょこちょこチェックされることをお勧めします。

    以前の求人誌では、募集条件の中に「性別」まで、しっかりと記載されていました。

  • 数年前の求人誌では、募集要項の中に「性別」が、記載されていました。けれども1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用時、男女の差別をしてはならないルールが敷かれ、応募条件の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。でも、求人募集をしている企業は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。ですので、実は男手を希望の業種に女性が募集にやってきたり、逆に女性希望なのに、男性がエントリーしてきたり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もし、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、女性の働き手を希望しているのだと考えると確実です。

    転職活動を始めるにあたって、いろいろな方向から情報収集されるとは思いますが…

  • 転職活動を開始する際、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系「口コミサイト」は必ず利用しておくべきです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる角度から見れば、書き込みの内容が嘘であれば、会社としては気にしなくてもいいはずです。または、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではいけないと考え、急いで火消しをしよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、その分トラブルが発生する心配のあるといえるでしょう。というか、善良な会社だったらトラブルは起こりません。

    生まれてはじめて転職をするにあたって、忘れてはいけないの…

  • 初めて転職をするとき、注意すべきことはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかについてクリアにしておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。その後問題を改善できそうな会社を選択してみましょう。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、今の仕事をこなしつつ転職活動を行わなくてはならないため、時間と体力とが必要だと考えられます。ゆえに理由を明確にせず転職活動を行えば、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動にゴーサインを出すことはやめておきましょう。

    退職|転職時の面接に関してですがクールビズでも大丈夫で…

  • 職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられることもあるようですが、なかには、クールビズで赴くのは失礼なのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する迷いを心に背負いこんでいる人たちにアドバイスしておきたいのは、クールビズで来ても良いとされた面接なのであれば、書かれていることを実行したほうが間違いないです。色々考えすぎてしまい、夏の真っ盛りの時期にきちっとしたスーツの格好をしていくと面接担当者に暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズで来てくださいと言われたらクールビズの格好をおすすめします。

    転職先を探している間は、無意識のうちに時間が有り余っている分、…

  • 再就職先を探している間は、無意識のうちに時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。しかし、そのような過ごし方は避けたほうが賢明です。言うまでもなく、緊張感のない、ダラけた生活が当たり前になると、「心」にも問題が出てくるからです。時間がたつにつれて、働く気力も失い、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。このように、生活も仕事も悪循環になり転職先をうまく見つけられなくなります。再就職先をハッキリ決められないのは、お金を第一に考えるようになるからです。給料を一番に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活を目指すためにも、だらけきった生活は、止めておきましょう。

    退職|転職したケースでは、高い確率でそれまでの仕事は大方は美化された記憶となります。

  • 転職したケースでは、大体の場合、以前の会社の仕事での多くの出来事は美化されます。本当のところ今の職に問題点があるから、前向きにせっかく新たな仕事に就いたのに、時間の経過とともに不思議なことに「前の仕事のほうがよかった」と感じます。というのも当たり前で、前職では日々の仕事に慣れていて、簡単に与えられた仕事があっさりとできていたから、もっとも理由にあるでしょう。実際は「どうして退職したのか」と真剣に感じるほど、過去のほうが報酬も報酬が良い可能性もあります。

    年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな…

  • 転職活動を始める際に次までの仕事に期間がある方は可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。これはあなたが働いている企業側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、勤めている企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。このときの、もらえる「失業手当」の金額については、辞めた月の直近の給料を基準に計算されるため、現在の会社に繁忙期や閑散期がある方は繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

    失業した人に給付される失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが…

  • 失業したときに給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに勤務していた期間によって変わり、90日とか120日とかが決まるのですが、中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦りながら仕事を探してもうまくいく可能性は低いでしょう。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」位はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況次第では、そのような質問を食らう可能性もあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、9割がた採用されません。

    退職|長いこと接客業で務めていたのですが、加齢が原因か立ち続けるお仕事・・

  • ずっと接客関係で勤務してきましたが、加齢とともに立ったままの仕事は体力的にハードなため、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを目標にして活動しました。事務の経験がない場合わりと難しく、そこで接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと思い資格も合格して個人医院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関しても難しい。夜のシフトばかりさせられ、接客業時代より帰宅も遅いわけですが、最初はキャリア形成の時だと観念し頑張ります。

    退職|転職を予定しているのなら現在働いている会社を退社する時に…

  • 転職を予定しているのなら現在働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もし自らが希望して退職届を提出して退職する、いわゆる自己都合退職の際には直ちに失業保険が出るのではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、この規則をわかっていない人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークの担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。例外として、労働者側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けて即座に失業保険をもらえます。

    退職|転職を成功させるためには、事前の情報収集が必須です。

  • 転職することをスムーズなものにするには、事前に情報収集を徹底してみましょう。この頃はほんの小規模な会社にもかかわらず公式ホームページを常設している場合が多いので、ネットを使ってあれこれを調べておくとまたその会社についてなんだろうと思う点をチェックしておくと転職時に助かります。加えて公式サイトに加え、「転職サイト」の情報に目を通しておくと有りだと思います。また、インターネット以外の手段として、何よりもその職場を自分の目でチェックしてみることも大切です。

    退職|転職する際には面接が必須となります。

  • 転職時の面接の時に「転職理由は」と必ずと言っていいほど訊かれます。このときに、どんな事情があっても、前の職場の人間関係や労働環境に関しての愚痴を絡めた回答は、可能な限りしないほうが良いでしょう。こういった話をしてしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。ですから面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することがかなり大切で、正直な理由でなくとも、「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といったような未来志向での返答が必要とされます。

    「就職エージェント」の大手になると、様々な案件を抱えている…

  • 転職エージェントは大手であるほど、様々な案件を持っているという強みがありますが、他方、競合する転職希望者も多い可能性が高いです。そのせいかあなたが、気になる案件を見つけたとしても、転職エージェント側が「転職するのが難しい」と判断すれば応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見て自分より高く評価される人がいれば、その人を優先することも考えられます。つまり大規模な転職エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており応募しがたいので、方針を変更して中小レベルのエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないか、と尋ねておくと転職希望者のために働きかけてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。