退職|あなたが持つ現在のスキルを活かしつつ、転職をするつもりなら・・

今あるスキルや資格を活かして転職活動を検討しているなら、…

  • 自分のスキルや資格を活かしつつ、再就職したいと思っているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種とそうでないものを知っておいてください。すんなりと転職がかなう業界としては、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系の仕事が代表的といえます。看護師や介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。今現在、医療従事者として勤務している人が、何かしらの理由によって他の業界に転職しようと思う場合は、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性がそれほどありません。そのため、容易に考えない事が必要です。転職をされるのであれば、医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと気をつけましょう。
  • この先、短絡的な仕事は機械に置き換わってその結果、労働人・・

  • 将来、労働力という観点においてより一層簡単な仕事は機械化が進んでいき、結果、必要な労働力は縮小させられてしまいます。なぜなら、考えなくてもできる労働という観点では人の手を借りるよりも機械でやったほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作を延々と反復したりすることは機械にとっては何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って不満を言わないし、疲れることがありません。また、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、均一にこなせます。また、給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。こういったことから、生身の人間を使う意味がまったく無いため、機械化が自然といえます。
  • 私はかつてかなり何個かの人材紹介会社に登録していのだが…

  • 自分が求職中のころ割と多くの人材紹介会社に登録していのだが、転職のアドバイザーのレベルも本当に多種多様でそのほとんどは物足らなく感じる人ばかりでした。こっちは人生の大事な事なのにもっと心して臨んでほしいという気持ちが積もってしまいました。それがきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためには費用も掛かりました。また、勉強面もとても大変ですが、就職活動の際にあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。
  • 退職|再就職の際に必ず用意する履歴書や職務経歴書は、基本的に…

  • 再就職する場合絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては、原則的にはパソコンを使って作成するのが主流です。現代の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンではなく手書きで用意するのが当然だと考えられている面もありますけど、それは新卒の就活やアルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、実際には、転職をする時においては絶対にパソコンで書いたものは駄目とはっきり言うことはできないのです。手書きの履歴書の方を評価する場合もありますけど、違うケースがずっと増えてきているようなので、自筆の履歴書でなくても良いとする企業は多いのです。
  • 退職|転職をする場合、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たり…

  • 転職活動を行うとき、はじめに、ハローワークの求人票を見たりして興味のある会社を調べるでしょう。とはいっても、その会社が情報を公にする場合には、コンサルタントが主導している可能性が高いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。不都合な内容を公表する場合も、表現に神経をとがらせています。そういった類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、そのままを信じるよりも、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、こんなはずではなかったと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々な文句をつけて会社を辞めれないように画策します。この種のブラック企業には注意が必要です。
  • 働いていた会社で意地の悪い上司に悩みを持ち、とうと…

  • 働いていた会社ですぐにきれる上司に悩まされ、結局耐えることができなくなり退職し、ある別の同業者の企業に働き先を変えました。上との関係も良好で仕事ができ本当に充実した毎日でしたが、だんだんと会社の業績が落ち込み、ついにはある会社に経営統合されることになったのです。その経営統合先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、おまけに非常に嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。どれだけ縁があるのでしょうか。当たり前ですが新しい転職活動を開始するつもりです。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職で気付かされました。新婚生活に慣れたらなるべく早く子供が欲しかったので、妊娠するまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今の会社で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、収入は少なかったですが、仕方なく時間的な融通のために、この道を選択しました。でも、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんど派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。なので派遣を選択しても、契約が終わってもすぐに辞められるワケではないと、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • 退職|転職エージェント、そして転職サイトを使って、転職活動すること自体、一般化してきました。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを使って、転職活動する人は年々増加しています。さらに、より確実に良い仕事を探したいのであれば、それと同時に転職フェアの利用が有益です。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、そこに足を運べば一度に複数の企業の情報を得ることができ、それに加え、スタッフの言葉遣いやマナーから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加される場合は、面接に臨む覚悟でしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。幸運にもフェアの中で、企業側から魅力的な人材、と思われれば、その後応募して面接の本番時に大きなアドバンテージになるでしょう。
  • 「シフト制」の仕事に関する話です。

  • 「シフト制」のある仕事についてです。決まった曜日に入れる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方、休む方法については、面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、前に私は産休で抜けた人の代わりに正社員として就職したのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任者が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私から交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は一人だけなんて・・・。今思うと「おかしな職場だった」としか言いようがありません。
  • 今やっている転職する活動の際に「私は振り返るとこのような種類・・

  • 励んでいる転職活動中に、「私は今までずっとこのような職場の仕事をしてきました」「過去の仕事によって、こういった経験を得られました」と自身の実績などを十分にアピールしなくちゃと考える人はかなり多いです。しかし、転職先の再スタートを図る場所で「させてもらえるのならばこういった仕事をしたい」「こういうような内容の仕事をするのなら貢献したい」と将来的なビジョンを話して自分をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 退職|近年の会社や企業の雇用形態が目まぐるしく変わってきた…

  • 現代の労働環境の目まぐるしい変移をについて若者たちは敏感に感じ取ってそれはたぶん、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。このため、働き手といった人たちの労働力の「流動化」が顕著となっているので、次第に今後、転職への注目が増えると予想されます。労働市場の「流動化」が進んでいく結果、転職は一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、「会社を辞めて転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、それで損してしまうこともあったのです。時代も変わり今勤めている会社に執着する必要はますます無くなってきています。
  • 転職を考え始めたときに、今の会社を辞めてからという人もいるでしょう・・

  • 仕事を変えようとするときに、会社を辞めてから転職しようと考える人もいますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときには会社がいつボーナスを出すかを気にしておきましょう。社員にボーナスを出す会社はそこら中に存在しますが社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが出る日が目前に迫っているのであれば、ボーナスが振り込まれた後で辞めるという方法も良い手です。ボーナスはなかなかたくさん入るので、手に入れておいた方がいいとも明白ですから、会社を辞めるときにはボーナスが支払われる時期についてまず第一に確かめておくと堅実です。
  • 転職するため仕事探しをする場合に特に注意したほうがよい募集内容…

  • 転職活動する際に気を付けたほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束される時間が長めというものです。このような求人内容は、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースが多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間・45時間というように求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、事前に給料に残業代を組み込んでおくという仕組みになります。(違法ではありません)もしも『みなし残業代50時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という求人になります。が、悪質な求人では、この『みなし』を意図的に表記してないこともザラですので気をつけましょう。
  • 友人や知人の紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 知っている人からの紹介によって転職の先を探すこともあるでしょう。しかし、転職をした先の労働環境やそれと労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミを判断してしまうと面倒なことになるかもしれません。そういうわけはそういう口コミ情報というものはその人の主観に基づいているからです。要するに友人・知人から見たらかなり良い職場だとしても、あなた自身の主観で見た場合、まったくそう思えない場合があります。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけに頼らずに、しっかり自分の決断を信じるしかありません。
  • もし転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

  • もしも転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知ると職場の状況が一変するおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、やっかみや意地悪される可能性もあります。時には、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。そのような状態を回避するため、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすることで、良い状態のまま会社を去れるはずです。また、円満退職に至れば、退職後も、あなたが困ったときにアドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。業種などに関係なく、どのような企業も人とのつながりが重視されるので、辞める前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。
  • 転職のための活動は企業とのやりとりというより正確には「担当面接官」と…

  • 転職活動では、希望する企業とのやりとりというより、採用担当の面接官との勝負ともいえるでしょう。希望する企業に採用されるために、まずは肩の力を抜いて焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例えればお見合いをする気持ちで望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。とくに面接内ではまず第一にあなたの人柄や人間性を判断してもらうのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は注意しぜったいに控えましょう。そして常識的な社会人らしい整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。