転職活動中に、良いと思う求人(または職種)があったら、…

転職活動しているとき、気になる求人(または業種)を見付けるたび…

あなたが転職活動中に、気になる求人(あるいは職種)を見つけた際にはマメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス部分について知らせてもらえません。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索でいとも簡単におおまかな実態を理解できます。そういった実態を理解しないまま、入社してしまうと、のちに入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「業務内容が厳しく、なかなか人が定着しない」といったケースが多くを占めるため、気になった業種について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

退職|転職期間中には、自分の好きなことに時間を使うほか、体力を損なわない生活をしてお・・

転職期間のあいだは、自分の好きなことに没頭することに加え、体力を低下させないようにしておくとベストです。転職先が決まり、いざ仕事を始めた時に、趣味に集中していたおかげで気付かない間に集中する力が上がります。さらに体力を補っている事で、一緒に働く人たちと比べると疲れない体になっているということを自ずと認識することができます。そんなわけで、退職して次の仕事を始めるまでは好きなことに没頭することと、体力を低下させないようにしておくのがおすすめです。転職後、その会社であなたと共通の趣味の人とめぐりあうことができれば、話題に花が咲くので、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

多くの場合大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですか…

たいてい一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職で入る事は容易ではありません。また、都会以外だと転職の機会はたいへん低くなりそうです。とはいえ「製造業」関連の場合であれば、都市部でない地方の工業団地の近所に運営していることが可能性が高いです。また、そういった地方の工場は、事業分野の拡大の際に人員募集をすることも珍しいことではありません。この好機を利用するのが無難です。地方の工場での転職を考えているなら、転職を希望する企業についての下調べからあらかじめチェックしておきましょう。その会社のホームページを覗いて、人員募集の有無など、頻繁にチェックされることをお勧めします。

数年前の求人情報では、募集要項の中に「性別」につい…

数年前は求人誌には、募集条件の中に「性別」について、書かれているのが普通でした。しかし最近では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、雇用時、男女差別があってはならないルールとなり、募集要項の中身に「性別」が記載されなくなりました。ですが、求人側は、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。現実に、実際は男性が希望のジャンルに女性が募集にやってきたり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といった問題も無関係ではありません。もし、「女性が活躍している職場です」といった内容なら、求めているのは女性だと解釈しておいたほうが確実です。

退職|転職活動を始めるとき、様々な手段で情報を得るのが通常だと思います・・

転職活動を行うとき、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しないと損です。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の報復としてその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。でも、実態は『クロ』で「このままではマズイと思い、潰そう」と思っている可能性もあります。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いのは、それだけトラブルが発生するリスクが高くなると判断するのが妥当だと思います。そもそも、良い会社には煙なんて立ちません。

生まれてはじめて転職をするのであれば、気を付けなければいけないのは…

初めて転職を行うにあたって、注意すべきことは「現在の仕事を辞めたい理由」を頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが賢明でしょう。その上で問題解消が見込める会社を決定していってください。転職活動は、学生時の就職活動とは違って、働きつつ、転職活動をすることから、時間と体力を消耗します。だからこそ理由が明確にされないまま転職を試みた場合、途中で息切れしてしまうことがあります。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいといった強い意志がないうちは、転職活動を本格的に始めることはやめておいたた方がいいでしょう

再就職の面接での身なりはクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来るケースもあります。です・・

転職をする際の面接で会社側からクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来るケースもあります。ですが、なかには、クールビズの格好は実際は印象が悪いのではないか?と感じてしまいます。そのような思いを懐に感じている人に言いたいのが、企業側からクールビズで良いとされた面接は伝えられていることをそのまま実行したほうが安心です。迷いすぎて、汗がでる時期にスーツをびしっと着る格好をすると相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズで良いと記載されていたらクールビズで構わないのです。

退職|転職先を探している間は、ついつい時間があるため、気が緩んでしまい、…

転職するための期間中は、ついつい時間がある分、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。けれども、そんな状況は避けるほうが賢明です。なぜならば、だらだらと過ごす生活をしていると、肉体的にだけでなく、「心」にも問題が出てくるからです。時間がたてばたつほど、働く気力がわかず、生活ができなくなり困る事態となりかねません。そうして、すべてにおいて悪循環になり、転職をしたい会社を見付けることが困難になってしまいます。再就職先をハッキリ決められないのは、給料を最優先に考えるようになるからです。給料を第一に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。

職を変えると、大体の場合、前職はたいていの出来事は美化されます。

転職するとだいたいの場合は前職の美化されるものです。そもそも現在の仕事に不満があるから、それを解決するためにどうにか転職したはずなのに、気付けばなぜかわからないけれど転職した会社よりも「前職のほうがマシだった」と感じる機会が増えてきます。当たり前で、前の職場では業務に慣れていて今よりも簡単に与えられた仕事が淡々とこなしていたのが、大きい理由ですが、その一方、「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と真剣に思うほど、過去の仕事のほうが報酬も労働環境が良い可能性もあります。

これから転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合…

これから転職予定がある人で、次までの仕事にある程度期間がある方は「失業手当」をもらっておきましょう。あなたが勤めている会社がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合や残業時間によっては即、受け取ることが出来たりもします。もらえる「失業手当」の額は、辞めた月の給料を基に手当の額を計算するので企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

失業者に給付される失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、…

失業者が受け取れる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、ずっともらえるわけではありません。離職時までに勤務していた期間によって変動し、3か月とか1年とかが決まるのだが、こういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると思い込んで「失業保険をもらえるあいだは遊びにつかう」という人を見かけますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから急いで転職活動を始めても好条件の仕事を探すのは困難です。面接に応じる担当者も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった部分はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。場合によっては、面接の時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、不合格となるおそれもあるので要注意です。

長期間接客関係でお勤めしてきましたが、加齢のせいか立ち続けなければいけない仕事…

長きにわたって接客業で仕事をしていたのですが、年をとったせいか立ったお仕事は体力的につらく、座って仕事を続けられる事務の仕事へ転職することを目標にして動きました。事務が未経験となると少々厳しく、そこで接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をやろうと考え資格試験にも合格し個人医院に転職をしました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係が苦痛。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業で働いていた時よりも帰る時間が遅くなったのですが、初めの頃はキャリア形成の時と腹をくくって頑張ります。

転職を行うにあたって、現在働いている会社を辞める時…

転職を行うにあたり、失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、自分の意思で退職届を提出して退職する、いわゆる自己都合退職であった場合は失業保険は即座に給付されるのではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでその結果としてハローワークのスタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定を受けて即座に失業保険を受けとることができます。

退職|良い転職先を見つけるためには、前もって行動をするようにしましょう。

転職することを成功させるためには、戦略を立てながら行動するようにしなくてはいけません。ですから近頃は会社の名前も知らないような小さな企業にもかかわらず公式サイトで企業を紹介しているというのが多いため、ネットを利用して自分の知りたい情報を調べておくとまたその会社のなんだろうと思う点等を整理しておくと転職時に助かります。それと公式サイト以外にも「転職サイト」を利用してみるのも対策としては有効です。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何より転職の候補している職場を自分自身で見て確かめることも大事なことです。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」とほぼ確実に訊かれるはずです。その場合、どのような理由であれ、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」に関しての不満を絡めた返しなどは、出来るだけしないほうが良いでしょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスをダメにしてしまいかねません。ですから面接時にはポジティブな発言が正解なので、あくまで「新しい職場ではこれまでのキャリアをしっかり生かして、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のように将来を見据えた受け答えが担当者の心証はよくなります。

大手転職エージェントに限って、多くの案件を取り扱ってい・・

転職エージェントは大手に限って、多種多様な案件を持っているという長所があるといえますが、反面、転職希望登録者も多くいます。だからあなたが気になる企業を見つけたとしても、担当スタッフの側が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してもらえない場合もあります。さらに、企業から見て自分よりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先したりもするのです。要するに大規模なエージェントの運営元は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っておりなかなか難しいので、考えを変更して少し規模の小さいエージェントに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないか、と問い合わせておくと転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。