転職活動を開始するにあたって、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが・・

退職|転職を行う場合、様々な方法で情報を集めることが多いと思います…

  • 転職活動を開始するにあたって、様々な経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。以前、悪い口コミをサイトに載せられたと言って損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、会社の都合で退社した元社員の復讐でそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の視点から見れば、ウソの書き込みなら、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。あるいは、本当は『クロ』で「このままではマズイと思い、はやく炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけ、入社してから不利益になるリスクが高くなると判断して良いはずです。そもそも、本当にいい会社であればトラブルは発生しません。

  • 生まれてはじめて転職をする場合、注意しなければいけない・・

  • 生まれてはじめて転職をするとき、気を付けなければいけないのは「現在の仕事を変えたい理由」をハッキリしておかなくてはいけません。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきでしょう。その後問題解決ができる企業を決めてください。転職活動は、在学中の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を継続しながら就職活動を続けるので、時間と体力が必要だといえます。明確な理由がないまま転職活動をした場合、途中で挫折してしまうおそれがあります。何とか転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがない場合は、転職活動のスタートを切ることはあきらめましょう。

  • 転職の時にする面接での身なりはクールビズでもOKとと書かれていることもあります。しかし…

  • 転職をする際の面接でクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来るケースもあります。ですが、なかには、クールビズで面接するのは本当は失礼なのでは?と懸念する人もいます。クールビズについての迷いを心に抱えている方に伝えたいのは、会社側からクールビズで来ても良いとされた面接については言われたことをそのまま守った方が確かです。色々悩みすぎてしまい、真夏なのにスーツをびしっと着ると相手に暑苦しく感じられますから、クールビズ可と伝えられたらクールビズでいくのが望ましいです。

  • 転職活動中は、そういう風にしたいわけではないのに時間があるた…

  • 転職期間中は、つい時間があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。ですが、そういった過ごし方は避けたほうが賢明です。なぜかというと、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「心」にも問題が出てくるからです。気が付くと、仕事をしようとする意欲を失い、生活ができなくなり困ってしまうかもしれません。そうなると、負のサイクルができてしまい、転職先を見付けることが難しくなってしまいます。将来の決断ができないのは、もらえるお金を一番に考えてしてしまうからです。給料を最優先に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラけるような生活は止めておきましょう。

  • 職を変えた際には、大体の場合、以前の会社の仕事の美化されます。

  • 仕事を変えた場合には、大体の場合、以前の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。実のところ現在の待遇に向いていないと感じたから、それを解決するために思い切って再就職したはずなのに、時間の経過とともにどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前職のほうが心地良かった」と感じ始めるのです。というのは至って当たり前で、前の職では業務を把握していて、わけなくやるべき仕事もできていたのが、もっとも理由にあると思います。しかし、「転職するんじゃなかった」と本気で感じるほど、前の仕事の方がやりがいも職場環境も良い場合があります。

  • 退職|これから転職活動を始める際に次までの仕事にまだ期間がある…

  • 今から転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある方は忘れずに「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。あなたが働いている所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、働いている企業の都合の退職、または残業時間次第でただちにもらえる場合があります。このとき、支給される「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の近々の給料がもとになって失業手当の金額を算出されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、…

  • 失業した際にもらえる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、給付される期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって変動し、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、なんとこのような事実を理解していない人が少なくありません。永久にもらえるものと勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦って職探しを開始してもロクなことにならない可能性が高いです。会社の面接官もバカでは無いので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった部分はだいたいバレると思っておくべきです。場合によっては、面接の際に失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用されることはまずありません。

  • ずっと接客関係でお勤めしてきましたが、加齢のせいか立ってする仕…

  • 長く接客関係で仕事をしてきましたが、加齢のせいか座ることのできない仕事は体力的に難しくなり、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを志して活動をしました。事務が未経験だとけっこう厳しくて、それなら接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得して個人病院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。夜間のシフトばっかりさせられて、接客の仕事をしていた時よりも家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、初めはキャリアを作る時期だと観念し頑張ります。

  • 転職のために現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが…

  • 転職を行うにあたり、今勤務している会社辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、仮に自分から退職届を出して退社する、いわゆる自己都合退職であった場合は即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月待たないといけないのです。よく間違って退社日の翌日から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、この規則をわかっていない人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでそれが原因でハローワークの職員さんと揉めているのを過去に見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてすぐさま失業保険を受け取ることができます。

  • 転職することを成功させるためには、戦略を立てながら行動をしましょう。

  • 転職することを成功させるためには、事前の行動するようにしなくてはいけません。そうするには最近は企業の名前も知らないような中小零細企業も公式ホームページで企業を紹介している企業が多いため、ネットの機能を駆使して自分が気になる点を調べておくとまたその企業についてなんだろうと思う点などを整理しておくと転職に役立つはずです。また、公式サイトに加え、「転職サイト」の情報に目を通しておくと有りだと思います。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも転職の候補している職場を自分の目でチェックしてみることも大切です。

  • 退職|転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。面接担当者から「転職の理由は何ですか?」といった形で、聞かれることはほぼ間違いありません。この時に、どういった訳があろうとも、前の職場の人づきあいや働く環境が悪かったという返事などは、できればしないほうが良いでしょう。というのも、そのような不満を口にすると、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスをダメにしてしまいます。そのため面接時には前向きな発言が正義なので、実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、自分の能力を十分に発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」のように将来を見据えた受け答えが担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

  • 退職|大手の「就職エージェント」ほど、多種多様な案件を扱ってい…

  • 大規模な転職エージェントほど、いろんな案件を取り扱っているというメリットがありますが、他方、競合する転職希望者も多くいます。それがためにあなたが気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントのスタッフ側が見込みが少ないと判断すると応募してもらえないこともザラですし、あなたの以上に入社の可能性が高いライバルがいたら、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。大規模な転職エージェントの場合、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱いなかなか難しいので、考えを変更して中小クラスのエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないものでしょうか?と話しをすると自分のために働いてくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

  • 退職|安定を送ろうと正規の雇用社員を目指している人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。

  • 安定した生活基盤を送りたいと正規社員を狙っている人は結構多いと思います。だが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり努力していても、中々正社員として採用されることがうまくいかないこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人があっても、正規雇用の求人に執着し、応募しない人も多いでしょう。しかし、中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、準社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。会社のなかには、その人の手腕によって、数年で正社員への転身を狙えることもあるんです。採用面接時に、こうした可能性を聞いておくようにすれば将来設計も組みやすくなります。

  • 就職活動をするとき、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 新しい仕事を探すとき、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使う手段もありますが、もしそのようなエージェントに登録し、幸運にも就職先をうまく見つけた場合でも、失業保険とは何の関係もないので注意しましょう。ハローワーク以外の機関を利用して就職しても失業保険とは無関係なので気をつけなければいけません。これと異なり、ハローワークを経て斡旋してもらって就職したときは、就職に備える準備金として、「一時金」を支給してもらえることになります。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。これについて無視していると、失業中にお金がもらえなくなるため、注意が必要です。

  • 退職|転職をするための活動をしているときは、最初に常に心・・

  • 転職をするための活動を効率的にやっていくには、まず常に心のうちが静かであることを大切にしたいものです。まだ辞めないで転職をするための活動を行う場合はたいして気にしなくても良いですが、退職後に行う場合にはどうしても内心が焦りが出てしまいます。そのため、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージを具体的にしてみてください。そのイメージを希望する職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、徹底的に見極めていきましょう。この手間を掛けることで良い転職先が見つかりやすくなります。

  • もし転職を考えているなら、前もって資格を取得することで選択肢が増えます。

  • もしあなたが転職したいと考えているなら、資格を取得することで選択肢が増えます。また、仕事を続けているうちに、資格を取るのがおすすめです。転職活動の際に有利に働くので転職できる企業がグッと増えます。ですから、在職中の時間が最適といえます。再就職を考えているなら、実際に役に立つ資格を取得しておくと、現在の会社を退職後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。そのうえ、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の場では面接官に「即戦力」な人材として認められ、活躍しやすくなるばかりでなく待遇面でも期待でます。