転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として…

  • 転職活動をする上での最後の問題として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先の会社が決定したとしても、現在勤務中の会社があなたを慰留することもよくあります。そうなった場合、困難に負けずに退職する、という強い気持ちを維持することが重要といえます。たとえ引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を記入しておきましょう。その後、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、毅然とした態度でのぞみましょう。円満退職をすること、これも転職活動には必要です。

  • 転職活動において、とても重要となるのが「面接」になります。

  • 転職活動において、重要視されるのが「面接」である。一般的な面接の場合は面接担当者が当人に対して転職に至った動機や仕事の意気込みなど色々なことを質問されると思います。そして、面接の終盤になると、今度は、転職希望者から面接担当の人に疑問点などを質問できます。面接官側が、「弊社に関して何か疑問点はありますか?」と。こういったときは、答えを用意しておらず、アタフタしてしまう可能性があるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接の前に疑問点などの(あなたからの質問を)準備しておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、小企業クラスの場・・

  • 再就職時の採用面接では、中小企業クラスの場合、概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、別の場合もあるようです。たとえば、今後仕事をすることになる現場の責任者、というような課長や部長などが面接を担当する可能性も考えられます。とりわけ営業系や事務系といったカテゴリでは、資格を通じた人の判断をするのが難しいですから、きちんと自分自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。面接担当者たちから「この男はしっかり自己主張できるし、頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

  • かつての私は、「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。

  • これまでは職探しをするときは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心の求人情報しか掲載していないからです。そのために、求人情報を探す際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。掲載される多少知名度は低くなりますが、昔から地域密着なので、とても信頼性が高いです。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」というイメージがある人もいるかもしれません。思いもよらず、思いがけず理想の企業もあるかもしれないので数年以内に転職を予定しているのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。人気の転職サイトのように執拗なお知らせやメールが送られてくることもありません。

  • 再就職で面接でほぼ100%投げかけられる質問が前職を退職し・・

  • 再就職をする時に面接でかなり高確率で聞かれるのは以前勤務していたところを辞めた理由ですが、このような質問に回答する時には話の内容を前職のことにしない方が最善です。前職を辞めた理由が話の中心となって進んでいくと必ず良くない面を伴った内容になってしまいますから。どういう風に進めればいいかというとどうして以前働いていた会社を辞めたかという点をこの会社にどうしても入社したいという考えがあったからといった内容に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社の方に話の内容を向けていくべきなのです。そういう内容ならば、マイナスではなくプラスの要素を含んだ前職を辞めた事情にすることが可能です。

  • 仕事を探している際に注視する求人というのは、おおまかなものとして…

  • 転職を考えている際に注意を向ける募集内容についてはおおまかなものとして記載されている、ということもあります。そのため、掲載内容が全部正しいことだとは信じない方が好ましいと言えます。中でも特に生活に大きくかかわってくる給与面に関しては、平均なのか?最低金額であるのか?最高額の給料なのか?というような見極めができない時が多く、独断でとらえてしまうと、後から悔いが残ることもあります。なので、嫌な思いをしないために、募集要項の情報というのは、うのみにせずに、そういった大切な事は会社の方に直接確認するのが適切でしょう。

  • これまで経験したことがない分野などに転業を考えるときには・・

  • 全くの初挑戦の業界などに転身を考えるときには、自分が以前の職で育んできた腕前や今までの経験を発揮することができるという内容のアピールが必要です。その業種で働いたことがない人は未経験の分だけその業界を経験している人よりも損にはなりますが、自らが保持している能力がそこでも十分に生きるということを相手に伝えることができれば、戦えるケースも多くあります。そのような訳で、経験のない業界に挑戦するときには、その分野と前の職場でやっていた職務とのかかわりを可能な限り見つけ出してみましょう。

  • 退職|昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。

  • この前転職先を見つけるために人材紹介会社に登録に足を運びました。そこで登録するときのカウンセリングを行いに現れた担当者が見たところ経験不足の社員のようで、私が説明している話の半分も彼は理解していないように思えました。さらに悪いことに「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておく必要性があります」とか、一丁前に横柄に言うのですごく不愉快でした。カウンセリング担当者はそこそこカウンセリングのスキルがある人にしてほしいです。

  • 退職|就職活動において、年収はとても大切な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当の年収より多く言って、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、今の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みはないものと考えておくべきです。仮に、現在の年収が430万円としたら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職を余儀なくされるかもしれません。

  • 以前は看護婦と言った看護師という職業は、歴史的背景か…

  • その昔は看護婦ですが看護師は務めとして歴史的背景から女性のかなり多い職です。さらに、気力あるいは体力ともにひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。したがって対人関係で行き詰まったり、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい仕事です。実際に、そういった問題によって転職する人が多い傾向にあります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっています。最近は特に、各病院は、看護師を欲する「売り手市場」となっていて、これが転職の希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

  • 転職する企業で、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

  • 仕事を始めてすぐは年収に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、転職した年度は、「試用期間」が入っている場合がほとんどで、自分の場合、四苦八苦して転職したのに、予想とは裏腹に以前の職場での年収とあんまり同額だったことがあります。それに、仕事はきついうえに、かなり責任重大な立場でもあったので、1年目は、本当に状態でした。ではどうすればいいのでしょうか。それは、転職1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、可能ならば転職以前の段階で貯蓄をしておくべき、と思います。

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることが必要なのです。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることが条件になります。しかしながら、実際は「会社に行かなくてもいいし、少しの間でもゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実でしょう。というワケで、しっかり次の仕事を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月一回のハローワーク職員との面談は当然ながら必要ですが、その場で求人票のチェックは最低限やっておく必要があります。実際には探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が意に反して今月はゼロ件でした」と話して、次の機会を狙えば良いです。

  • 退職|もしあなたが転職サイトを活用して自らのやりたい分野の・・

  • もしあなたが転職サイトを利用してあなたのやりたい分野のある働いてみたいと思えるような仕事情報を見ているのなら、「転職エージェント」も併せて活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、その場で紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは異なります。なぜなら比べようがないほどにたいへん良質といえます。そして、あなたの条件にふさわしいものを調査し、紹介してくれます。そういうわけで、かなり高い精度で理想に近いあなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同じ求人を発見するとしても、独自の力で最初から調べていくことと比べれば、とても効率がいいし、試してみる価値はあります。

  • 求人を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほ・・

  • 求人情報をチェックする場合、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほどはなから製造業を見逃してしまっていますが、そうした人には「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしていることが少なくありません。製造業での求人募集でも、製造マンだけでなく経理、総務、人事などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する役職も多数あるのです。しかしながら、製造業の勤務場所自体、オフィス街にはないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。でも、自らのエゴをなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

  • 最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

  • 現代、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。特許を取ったことのある人は、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を世に出したことのある人や、メディアによって注目を浴びた人など、「業績」を残した人を対象に、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。会社に在籍中に、いかにもヘッドハンティングのような誘いを受けた際には、心当たりがないか考えてみましょう。たまに、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する業者もありますが、その手の輩は100%イカサマですから騙されないようにしましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • 仮に転職をしようと考えていても万事都合よく運ぶとは限りません・・

  • 転職するにもあらゆることがうまく進行するという確証はありません。もしも転職するのなら、可能なら歳がいかないうちに変えるべきです。平均としてみると、20代のうちは良い希望を見出しやすいですが、30代後半~40代に突入すると転職活動全般は、かなり厳しいものと考えておくべきです。役職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に含めておくべきです。退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の仕事は続けながら転職活動されるのが賢明といえます。