転職活動を行う上での最後の難問として、現在の仕事を辞めることがあります。

転職活動をする際の最後の難問として、今勤務している企業からの退職があげられます。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、現在の会社の退職があげられます。転職先の企業を見つけても、現在働いている会社が、あなたを離したくないと引き留めるというのも起こりがちなことです。そのようなケースでは、「何が何でも退職する」という強い信念を維持することが重要でしょう。たとえ引き留められて留まった人でも、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を手元に用意しましょう。そして、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、退職を考え直す可能性はありませんと、毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動において必要不可欠です。

再就職において、要となるのが「面接」である。

転職をするときに比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。大半、面接では、面接官が応募者に対して転職を決意した経緯などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、面接希望者側からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当者から「弊社に関して何か聞いておきたいことはありませんか?」と。この手の質問が来たときは、面接者本人が対応できず、何も聞けなくなったりするものです。こんな時の為に、予め面接官からの質問を想定し、質問の内容を整理しておきましょう。冷静に考えてみればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業であれば、…

転職の際の面接では、中小企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。たとえば、仕事を一緒にしていく管理職、わかりやすく言うと部長・課長などの中間管理職が面接を担当することも珍しいことではありません。とりわけ、営業職や事務職などのジャンルでは、資格での具体的なイメージがないので、しっかり自分自身を売り込んでいくことが必要であります。面接担当者たちから「この男は、堂々と自己アピールしてるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

前は求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。

以前は、転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」が中心でした。なぜなら、CMで有名な大手の転職サイトは、やはり都心部にある会社の求人ばかりだからです。そのため、求人を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域密着といった点では自分に適した職が探しやすくなります。「ハローワークって地味な雰囲気がある」と先入観を持っている人が多いかもしれません。良い求人もそこそこ掲載されているので数年以内に退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークに行って相談してみてください。人気の転職サイトみたいに執拗な電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

転職する場合の面接でほぼ聞かれるのが退職したのかということです…

再就職をする場合で高い確率で質問されるのが退職した原因についてです。このような質問に答える場合には話の内容を辞めた会社にしない方が安心です。そのことを中心に話をすると絶対にマイナス面を伴った話題になってしまいます。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ前の職場を退職したのかという事をぜひともこちらの会社に入社したいと思っていたからといった話の中身に進めていくということで、今、自分が入社したい会社の方に話を向けていくべきなのです。転職理由でも、その会社の話であれば、マイナスではなく良い印象を与えることができる前職を辞めた理由にすることができます。

仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせる求人情報については・・

仕事を変えようとしようとしている時にチェックする求人情報に関しては、基準的なものとして、アバウトに載せている、という可能性があります。ですから、書いてある内容は正確な情報だとは信頼しない方がよろしいかと思います。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給与面においては、平均的な値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額の給料なのか?というような見解ができない人も多く、適当な判断で読み取ってしまうと、後悔することになるかもしれないのです。ですから、求人内容は参考程度に考えて、そういったようなたいへん重要なことは会社の方に直接問い合わせた方がベストです。

退職|全く経験したことがない業界などに転業を行う際は、以前の職場で、自分…

全くの未経験の業界などに転職したいと思っている場合には、自分が前の会社で培ってきたスキルや経験が生きるという内容の自己主張が必要です。その業種で働いたことがない人は経験していない分だけその業界で働いたことがある人よりも正直、足りない部分はありますが、自分自身が保持している能力がその業界においても十分に生きるということをしっかりと話せれば、勝負になる場合も十分にあります。そのような訳で、経験のない分野に挑む際には、その業種とこれまで自分が働いてきた職務とのかかわりを徹底的に探しましょう。

先日人材紹介会社へ登録に向かいました。

この前転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。そのとき登録カウンセリングの際に出てきた担当の人がどうも大学卒業後まもない社員のようで、こちらが説明していることの50%ほども理解していないように見えました。そのくせ「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが重要です」等、一人前のように偉そうにのたまうので非常にイラつきました。カウンセリング担当者はある程度カウンセリングのスキルがある社員にするべきです。

就職活動において、年収は極めて大切な要素です。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。面接では、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収より多く言って、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、どのみちウソがバレてしまうためです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性は普通はありません。今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが得策です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、すぐに退職せざるを得なくなるかもしれません。

看護婦という名前だった看護師は、どうしてか女性の割合が大きい…

以前は看護婦という名前だった看護師というのは働く者としてやっぱり女性の多い職種です。また気力あるいは体力へのひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。したがって職場での人間関係にトラブルを抱えやすく、結婚や出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事ともいえます。実際、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いのが現実です。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に困っています。なので、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であり、それが転職希望者が後を絶たない要因になっているのでしょう。

新しい就業先ではいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職を考えているのならいきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。特に、転職した年度は、試用期間が入っていることも少なくありません。自身の転職では、苦労の末手にした仕事なのに、予想と異なり前いた会社での年収とあんまり同じでした。そればかりか、業務は多様で忙しく、かなり責任重大な立場でもあったので、初年度を越すのもたいへん労力を伴いました。ではどうすればいいのか、1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、十分に転職する以前に貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

退職|現実に失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることを理解してもらわなければいけません。だとしても、現実は「会社を辞めたことだし、しばらく遊びたい」というのが本音でしょう。そこで、ちゃんと就職活動しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然のこととして、その場にて、求人票の閲覧は最低限行わなければいけません。実際には探す気力がないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワーク職員との面談時、「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が見つかりませんでした」と相手に言い、次の機会を探すという手もあります。

退職|新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトで…

もしあなたが転職サイトで自身の働き方に近い条件の魅力的な仕事情報をチェックしているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスに登録後エージェントが紹介してくれる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは異なります。なにせどう比べても、比べ物にならないくらいたいへん良質といえます。かつ、あなたの条件にフィットしたものを調査しつつ、紹介してくれます。そのおかげで、かなりの精度で希望する紹介してもらえたりします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが一人の力で行き当たりばったりに探していくことと比べれば、非常に効率的です。そのうえたいへん確実です。

求人に係る情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほ・・

求人に関係する情報をチェックする場合、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、はなから製造業をスルーしてしまっていますが、そんな人のほとんどは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているケースもあります。現に、製造業の求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの人材募集をはじめ、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される職もたくさんあります。でも、製造業の勤務場所自体、ビジネス街から離れた地域に構えていることが多いですからその箇所がマイナスと感じるかもしれません。しかし、自身の執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

最近はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増加しています。

近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの会社もたくさんあります。特許を取った経験のある人は、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人以外にも、研究開発で論文を世に出したことのある人や、マスコミで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと思われる話をされたなら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。かなりレアなケースでは、ヘッドハンティング名目で登録料を請求する業者もありますが、そのような業者は確実に詐欺といえるので注意しておきましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

退職|転職を目指そうとしても、全てが順調に運ぶ確証はどこにもありません。

仮に転職活動をはじめたとしても全部が順調に運ぶという確証はありません。できればそのうちに転職しようと考えているなら歳がいかないうちになるべく早く転職を試みるべきでしょう。平均的に見た場合、20代のうちは良い結果が出やすいですが、30代後半~40代を迎えてからの転職自体がとても厳しいといえます。もしも、役職に就いているのなら、転職の意識が強くなっていても今の仕事を続けるということを選択項目に含めておくべきです。要するに、退職後に転職活動を開始するよりも、現在の会社をやめないまま、時間をかけて慎重に探すほうが失敗することもありません。