転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題とし…

転職活動をする際の最後の問題として、「現職の退職」があげられると思います。

  • 転職活動を行う際の最後に残る難関として、「現職の退職」があげられます。転職先の会社が採用の内定を出しても、現在勤務している会社があなたを手放したくないとして引き留めに掛かるかもしれません。そのような場合は、負けることなく退職する、という強固な信念を持つことが大事でしょう。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意しましょう。そうして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と毅然とした態度でのぞみましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において大事な要素となってきます。

  • 転職をする場合、比較的要となるのが「面接」になります。

  • 転職活動において、比較的重要視されるのが「面接」です。大半、面接では面接官が応募者に対して、転職に至った理由などいろんな質問が飛んできますが、そして必ず、一通りの質問が終わると、今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして聞いておきたかったことなどを質問できます。面接官側が、「何か我が社についての疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が気持ちの準備もできていないし、何も聞けなくなったりするものです。こんな時の為に、事前に不安に思っていることなどの質問の内容を考えておくのがベストです。実際に仕事を始める前の段階であっても、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 再就職のための採用面接では、中堅企業であればおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが・・

  • 再就職時の面接では、小企業であれば、おおよそは「人事」が面接担当になりますが、100%ではないのです。例を挙げるとしたら、仕事をすることになる現場の責任者、つまり課長や部長などの管理職が面接する可能性も考えられます。また事務・営業などのジャンルでは、資格だけでは判断がしづらいですから、しっかり自身を売り込んでいくことが求められます。面接担当から「この候補者はしっかり主張できるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことが大事です。

  • 今までは、職探しをするときは「転職サイト」ではなく…

  • これまでの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、大抵の転職サイトは、やはり都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。このため、転職する際は「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域密着といった点では自分に適した職が探しやすくなります。また、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と感じている方も多いかと思います。思いもよらず、理想的な求人を発見できるかもしれないので、数年以内に転職を考えている人は参考までにハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」のようなこれでもかというくらいのニュースレターが来ることもありません。

  • 転職時の面接でほぼ必ず投げかけられる質問が会社を辞めた…

  • 転職をする場合でほぼ絶対に質問されるのが前職を退職したわけについてです。この質問が出た場合には話題の中心を退職した会社からそらしたほうがベストです。会社を辞めるに至った経緯に焦点を当てると必然的に良くない面を含んだ面接になってしまいますから。どのように話せばいいかと言えば、どうして前職を退職したかという点をぜひともこの職場に入りたかった理由があるといった話題に持っていくということで、入りたい会社の方に話を向けるべきです。そのような内容ならば、マイナスではなくプラスの要素を含んだ辞職の理由に変えることが可能です。

  • 職を変えようとしようとしている時に目を光らせることに・・

  • 職を変えようとしようとしている時に閲覧することになる募集内容は一般的なものとして掲載されている確率も少なくはありません。ですから、情報として書かれていることを間違いのないものだと思うのはやめておいたほうが最善だと思います。その中でもとりわけ報酬面に関しては、平均なのか?最低限保証されている給料であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というような見極めができない転職者も多く、自分の判断で理解したつもりでいると、後々そのことを悔いる確率もあります。なので、悔いることのないように、仕事の情報というのは、基準だと思って、そういったような重要なことは会社に直に聞いてみた方が適切でしょう。

  • 初挑戦の業種などに転身を行う際は、自分が以前の会社で…

  • 未経験の業種などに転身を行う際は、自分が前の業界で育んできた能力や経験値が生かせるという内容のアピールが必要です。勤務経験のない業種の場合、経験していない分だけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、不利な状態になりますけど、自分の持っているスキルがそこで生きるということをしっかりと相手に言えば、戦うことができるケースもあり得ます。ですから、未経験であるジャンルに挑む場合は、その業界とこれまでに自分がしてきた職務とのつながりをできる限り見つけ出しましょう。

  • 先日新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に行きました。そこで登録カウンセリングを行いに出てきた担当の人が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、私が説明していることの2分の1もその社員はわかっていない様子。それに加えて「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくべきです」等、専門家のように横柄に言い散らかすので大変不愉快でした。カウンセリングを担当する人は多少はカウンセリングの経験がある社員にするべきだと思います。

  • 就職活動において、年収を無視することは不可能です。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接の時、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、年収400万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんどありえません。たとえば、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくべきです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に入社できたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師は働く者として歴史的背景から…

  • その昔は看護婦という名前だった看護師という仕事は、やはり女性の割合がかなり高い職種です。ご存知のように気力、体力ともに消耗が激しい特徴もあります。とうぜんのように職場の環境での人間関係にトラブルを抱えやすく、結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事です。実際に、上記のような問題に行き詰まり、職場を変える人が多い現実があります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。つねに医療業界は、看護師が足りない「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい就業先ではいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、転職した初年度は、大体試用期間を入っている企業が多くあります。自分の転職したときは、なんとか手にした職場だったものの、前職の年収と大方差がありませんでした。それにプラスして、業務は多忙を極め、とても責任のあるもので、最初の一年を乗り切るのにひどく労力を伴いました。そうした経緯から転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、できれば転職以前から貯蓄をしておくべき、と思います。

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしているという証明が必要となります。

  • 失業保険の給付については、仕事を探していることの証明が必要になりますが、だとしても、実際は「会社に行かなくてもいいし、しばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」のが本音でしょう。ということで、ちゃんと仕事探しをしているように思わせる方法があるので紹介します。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談はあたりまえですが、「求人票」を閲覧することを最低限やっておきましょう。まじめに探す気持ちがないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、(ハローワーク職員との)面談時に「自分に合った仕事、希望する仕事が残念なことにありませんでした」と、相手に告げて、次の機会まで待つという方法もあります。

  • あなたがもし転職サイトで自らの活躍の場が広がる魅力的な…

  • あなたが現在、「転職サイト」を利用して自分のやりたい分野のある将来性のある企業情報を見ているのなら、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスに登録後その場で紹介される求人情報は一般的に公開されていないからです。、誰でも見ることのできる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比較にならない程とても質がいいといえます。また、あなたの条件に相応しいものを調査しながら紹介してくれます。そういうわけで、あなたの理想とする職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自分で最初から調べていくよりもとても効率的です。そのうえ試してみる価値は大いにあります。

  • 退職|求人に関する情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」という人ほ・・

  • 求人に係る情報を見るとき、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そんな人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勘違いしていたりします。現に、製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、人事、総務などの人材募集から、購買や営業管理等のオフィス系の仕事がたくさんあります。しかし、製造業がある場所はビジネス街から遠いのでその箇所がマイナスと感じるかもしれません。けれど、自分のこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

  • 退職|最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、「ヘッドハンティング」を専門に行う会社も増えています。あなたに特許を出した経験があるなら、連絡が来ることが期待できます。彼らは、特許権を獲得した人のほかに、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など「功績」を残した人物をターゲットに、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしも、あなたがヘッドハンティングと疑われる連絡があった場合は、心当たりを考えてみてください。ときとして、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する会社もあるらしいですが、そのような会社は確実に嘘ですから引っかからないように注意しましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が払う必要はありません。

  • 退職|再就職を目指そうとしても、思ったとおりの成果が得ら・・

  • 転職を考える場合、万事スムーズに進行するかどうかはわかりません。それはどっちにしろ転職をしなくてはならないならなるべく早い時期に行動に移すほうが良いでしょう。大半の場合、30代前半まではかなり有利に働きますが、30代後半~40代となってからの転職活動全般は、かなり厳しいものと考えておくべきです。管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職したいと思い立っても、現在の会社にとどまることも選択項目に残しておくべきです。つまり、退職届を出してから転職活動するよりも、現在の会社には残ったまま時間をかけて注意深く行動したほうが失敗しなくて済みます。