転職活動を始めるにあたっては、まず第一にネット上で求人サイトを閲覧したりして…

転職する場合は、事前に求人雑誌を見たりして関心のある会社を調べるとは思います。

  • 転職を行うにあたっては、予め、求人票やパンフレット、WEBサイトなどでその会社のことを調べるのですが、とはいっても、当該会社が情報を公にする場合には、コンサルタントが主導している場合が多いです。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。そういった類の会社情報や社員のインタビューについては、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、期待していたことと全く違うと後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々な言いがかりをつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。
  • 勤めていた会社で性格のきつい上司に神経を削られ、結局…

  • 就職した会社でつらく当たる上司に悩み、ついには我慢ができなくなり退職し、同じ畑の別の企業に職を変えました。パワハラもなくとても充実した日々でしたが、時が経つにつれて会社の業績が悪くなって、ついにはとある会社に経営統合されることになったのです。偶然にもその経営統合した先の会社がなんと前に働いていた会社で、大変嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょうか。当たり前ですが新規の転職活動をし始めています。
  • 退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても・・

  • 派遣社員になっても自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと転職活動を経験して思い知らされました。結婚生活が落ちついたら、なるべく早く子供が欲しかったので、子供ができるまでの期間のためにおよそ1年半~2年くらい現在の部署で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であるために、正規よりも収入は少なめでしたが、仕方ないので家庭の時間が得られるのでガマンしました。でも、入社したあとで、一緒に働く人たちはほぼ全員のスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。派遣といえども、契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 退職|転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動を行う人はますます増えています。しかし、転職先を確実に見つけたいのであれば、並行して転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、一度足を運べば複数の企業について知ることができ、加えて、常駐するスタッフ(説明員など)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する機会があれば、面接と同じ緊張感を持って企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。その結果としてフェア中に、企業に好感を持ってもらえたら、その後の面接に進む際に非常に有利になると予想されます。
  • これはシフト制がある仕事についての話です。

  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、特定の曜日に入れる人を募集している求人をよく目にするのですが、シフトの提出方法や休み方について、チェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、前に私は出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として就職したのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。前にいた人が土日は休むことなく出勤していたので、私もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返してみると腹が立ってきます。
  • 退職|やっている転職活動で「自分はかつて、このような職場の…

  • いい転職をしようと転職する活動の際、「経験としてこのような価値のあるの仕事をしてきました」「これまでに手にした経験は、、、です」とそれまでの自分の成功体験やセールスポイントをがっしりアピールしようと考える人は頻繁に目にします。が、転職先の再スタートを狙う場所で「近い将来こういったことに挑戦したい」「私が話したような事なら積極的に貢献できるはず」と未来形として自身をアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 退職|このように今現在の会社や企業の雇用形態の慌ただしい…

  • 今現在の雇用事情が慌ただしく変わってきたことに関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちほど鋭敏に感じ取っているようです。多分、転職と自らのキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そのため、サラリーマンや労働者といった人たちの労働市場の流動化が進行しているようで、次第に今後、より広い世代で転職についての関心度が増加すると予想されます。労働力の「流動化」が進むことで一つの会社に縛られない生き方はあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。同じ会社に定年まで勤務するのが当然の時代には、「転職」をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかない人も多くあったのです。ですが、時代も変わり今の会社のみに執着する必要もあまりなくなったように思います。
  • 退職|転職を考え始めたときに、会社を辞めてからという人もいるでしょう・・

  • 転職活動を始めるときに、とにかく今働いているところを辞めてからという考えを持っている人もいるようですが、その場合には今度のボーナスの時期を見積もっておきましょう。社員にボーナスを出す企業はいくらでも存在しますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスをゲットできる時期まで少ししかないのなら、ボーナスが支給されてから辞めるという方法も得策です。ボーナスはってかなり多くもらえるはずなので、手に入れておいた方がいいとも言えるでしょうから、会社を辞めるときにはボーナスについての規定と支給日を一度確かめておくとスマートな方法です。
  • 就職のため職探しをするときに注意すべき募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、…

  • 就職活動時に注意して欲しい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束される時間が長めというものです。こういった求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがたいへん多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間や45時間という風に求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておく、といったシステムになります。(注意・合法です)もし『みなし残業代25時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」という話になるわけです。でも、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』という言葉自体がない場合もあるので、よく気を付けてください。
  • 人の紹介をキッカケにして転職の先を探す人もいるでしょう。

  • 知っている人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。しかし、転職先の労働環境、その他の労働条件といった部分について友人知人からの口コミを鵜呑みに判断してしまうとあまりトラブルになるかもしれません。当然ながら、そういう口コミ情報は客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。それ故に紹介した人の立場ではベストな働く場所であっても、自分の価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな場合なのかもしれません。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミのみで判断せずに、しっかり自分の目でしっかり確認しておきましょう。
  • もしも再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう・・

  • 転職することが、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ると雰囲気が悪くなる可能性があります。場合によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。加えて、残業時間を増やされるキケンもあるので、うっかり「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。そのような状態を回避するため、今現在の仕事場では、真面目に振る舞いましょう。そうすれば、良い関係をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を去ることができます。さらに、何の問題もなく円満退職になれば、転職後、困ったときにアドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。業界や規模に関係なく、どんな会社でも、人との縁はとても大事なので、転職前のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。
  • 退職|転職活動のコツは企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」との…

  • 転職活動で重要なことは希望している企業そのものより、正確には「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。希望する企業に採用されるために、初歩としてあまり意識せずに焦らずに対応することを心がけましょう。例えれば女性とお見合いをする心構えで向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。とくに面接を介して最も初めにあなたの人柄や人間性を見られるのでマイナスな印象につながる態度は注意しゼッタイに避けましょう。社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。
  • 退職|派遣で就業しています。派遣法とか労働契約法のからみ・・

  • 派遣社員として勤務しています。労働契約法のせいで不本意にもずっと働いていた会社での仕事がもうすぐ終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の企業から正規社員としての契約をゲットした人もいるのですが抜擢された理由としては正直なところ仕事の実力とは関係なく派遣先の上司へのあしらいがうまくてそのおかげで採用されたとしか考えられません。仕事の能力よりも上司に媚びるスキルの方が大事なのだろうと別の派遣仲間と派遣先の職場で毎日愚痴を言ってます。
  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。すぐ・・

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスしました。2、3日して担当者から、面接日時を教えてもらいました。ですが、面接日当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待たされたのち、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、なんとか面接を終えました。でも、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方なくもう一度質問したところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用」ということで、こちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、正直、採用されなくて良かったと感じています。
  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠となります。

  • 転職活動をするにあたっては、「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。多くの会社は履歴書や職務経歴書に記載されていることを考慮して面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。単に記入しさえすればいいというわけではなく、記載内容の魅力化を図ることも重要です。「職務経歴書」は、これまでの職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書きます。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを利用するのも転職を成功させるための有効な手段です。
  • 求人関連の情報では、ほとんどの場合、多くの職場では月収が記載されているはずです。

  • 求人についての広告には、とうぜん月の給与が記載されているはずです。しかしこの部分を見る際は、その数字だけを見て判断しないほうが良いです。場合によっては、月収の額の中身が「毎月10時間分の残業」が含まれているおそれもあります。そういうことは残業代の金額を含めて好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている企業もあったります。このような「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。