転職活動を始めるにあたって、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが…

転職活動をする際、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思います…

転職活動を行うとき、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職に関する口コミサイトは絶対に利用すべきです。一時期、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の報復によってそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、投稿の内容が嘘であれば、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。または、実際には『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、なんとか火消ししたい」という話かもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、その分入社後に厄介事が降りかかるリスクが高い地雷企業であると考えるべきでしょう。そもそも、良い会社にはトラブルは発生しません。

人生初の転職を試みる際は、心がけるべきことはなぜ今の仕事を辞めなければいけないの…

初めて転職をするにあたって、なぜ現在の仕事を辞める必要があるのかについて頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきでしょう。問題改善が可能な企業を選んでいくのです。転職活動は、新卒時の就職活動とは違って、現在の仕事を継続しながら就職活動そ行わなくてはならないため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。明確な理由がないまま転職しようとすると途中で挫折してしまう可能性もあります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動のスタートを切ることはしないほうが良いでしょう。

転職の面接での身なりは会社側からクールビズでもOK…

再就職の面接での身なりは会社側からクールビズ可とと事前に言われる場合もあります。ですが、クールビズのスタイルで赴くのは実際は印象が悪いのではないか?と感じてしまう人もいます。クールビズに関する不安を心に抱え込んでしまっている人に伝えたいのは、クールビズでも良いとされている面接の場面では伝えられていることを実行したほうが安心できます。迷いすぎて、暑い時期にクールビズでないと相手に不自然な印象を与えてしまいます。ですから、企業側からクールビズでお越しくださいと記載されていたらクールビズの格好をおすすめします。

転職期間では無意識のうちに時間が有り余っているため…

転職期間ではそういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。ですが、そんな状況は避けるほうが賢明です。なぜなら、だらだらと過ごす生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響があるからです。徐々に、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活ができなくなり困ってしまいます。こうして、すべてにおいて悪循環になり、次の職場を見付けることが困難になってしまいます。再就職先が決められなくなるのは、お金を一番に考えてしてしまうからです。給料を第一に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

退職|転職したケースでは、大体の場合、前の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。

職を変えた際には、大体の場合、以前の会社の仕事の多くは美化された記憶となります。そもそも今の会社に不満を覚えるから、それを払拭するためにやっとのことで退職を決め、再就職を決意したはずなのに、気付けばどういうわけか転職した会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と思い始めるのです。それというのも極めて当たり前のことで、前職は業務をこなすことに慣れていて簡単にまいにちの業務を淡々とできていたからというのが根底にあるはずです。しかし、「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と真剣に思うほど、前職の方が職場環境や自分に向いていた場合があります。

転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

年内中に転職活動を始める際、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は勤めている企業側がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、状況によっては会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。このときの、「失業手当」の金額については、会社の辞めた月の近々の給料をもとに計算されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

退職|失業することによって得られる失業保険は、失業している間もらえる…

失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。離職時までに勤務していた期間によって異なり、90とか120日とか決定されるのですが、なんと知らないで永久にもらえると思い込んで失業保険があるからと遊び続けている人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから焦って仕事探しを始めても好条件のところを見つけるのは困難です。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった部分は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。状況によっては、面接の際に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、不合格となるおそれもあるので要注意です。

退職|長期間接客関係で勤務を続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ・・

長年にわたり接客関係で仕事をしていたのですが、年のせいか立ったまま行う仕事は体力的につらいため、事務系のお仕事へ転職することを目指して活動しました。事務未経験だとけっこう難しく、そうであれば接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしようと資格も取り個人クリニックに転職しました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係も複雑。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業時代よりも帰りも遅いわけですが、とにかく今はキャリアを形成しておかなければいけないと諦め頑張ります。

転職を行うにあたり、今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけない…

転職を目前にしているなら、今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もしも自分から退職届を書いて退職する、いわゆる自己都合退職においては失業保険は即座に給付されるのではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、この規則について誤解している人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因となりハローワークのスタッフと口論していたのを以前見たことがあります。念のため、退職者の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてすぐさま失業保険が給付になります。

転職をスムーズなものにするには、事前の情報収集が必須です。

良い転職する先を見つけるためには、戦略を立てながら情報収集をしておきましょう。それには最近は会社の名前も知らないような小さな会社といえども公式ホームページが用意されているケースがよくあるので、ネットを活用して自分の知りたい情報をチェックしておくとそれとわからないことを解消しておくと転職に役立つはずです。公式サイトに加え、「転職サイト」の情報に目を通しておくと意外な発見があるはずです。また、インターネット以外の手段として、何よりも転職候補にしている職場を自ら確かめることも大事なことです。

転職時の面接の時に面接担当者から「転職の理由は何ですか?」…

転職のための面接では気を付けておきたい点があります。面接官から「転職理由は?」という風に、必ずと言っていいほど訊かれます。その場合、どんなにあなたが正しくとも、過去の職場の「人間関係」「働く環境」についての愚痴やトラブルを絡めた回答は、極力するべきではないでしょう。仮にそういった不満を回答すると、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを台無しにしてしまいます。ですから面接時には前向きな発言が重要です。実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、スキルを生かしながら、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のように将来を見据えた受け答えが大切です。

「就職エージェント」大手には、潤沢な案件を持って…

「就職エージェント」の大手ほど、様々な案件を扱っているという魅力がありますが、反面、転職を希望するライバルも多い可能性が高いです。それゆえあなたが、応募したい会社を見つけても、担当スタッフのほうで難しいと判断すると応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見て自分よりも有能だと評価されるライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。このように大手エージェントはサイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い大変難しいので、策略を変えて少し規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか、と話しをしておくと自分のために行動してくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

より安定した生活基盤を手に入れるべく「正社員」になりたいと思っている人…

安定的な人生を願い正社員を狙っている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。けど、即戦力として働けるように相当な努力をしていても、正社員のためのキャリアアップが難しいこともあります。契約社員や派遣社員の求人情報があっても、正社員の求人募集以外はそっちのけで時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。万が一あなたが、正規雇用での雇い入れが難しい場合は、非正規雇用者の募集もチェックしてみましょう。正社員を募集していない企業であっても、成果次第で2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップを狙えるところもあるからです。ですから面接時に「正社員登用」のチャンスがあるかどうかをヒアリングしても将来設計にも役立ちます。

転職をする際、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン…

転職を行うに際しては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」に頼る手段もありますが、もしそういったところに登録した結果仕事に就くことができたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就業しても給付されないので注意しなければいけません。一方、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職したときは、就職用の準備金として、「一時金」を受け取れることになります。インターネットでのエージェントは、私的機関です。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険などの手続きはしてもらえません。この点について知らないでいると、失業中にお金がもらえなくなるため、そうならないように注意しましょう。

転職の活動をしている最中は、最初に常に心のうちが落ち着いてい・・

転職のための活動を効率的にやっていくには、まず何よりも自分の内心が慌てないということを忘れないようにしましょう。今の会社で働きながら転職をするための活動を行う場合はそれほど気にする必要はありませんが、退職してしまってからする際は、人というものは気持ちが焦りが出てしまいます。なので、慎重に転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、自分がやってみたい業務や、理想とする職場のイメージなどをハッキリさせておきましょう。そして、実際の職場におけるそれらが合致してるか、徹底的に考えてみてください。そうすることで、満足いく転職が実現します。

転職される場合は、転職する前に資格を取得することで選択肢が増えます。

もしも将来、転職したいと考えているなら、「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、転職活動を始める前の段階で、資格取得しておけば、転職時に有利に働くので次の仕事も見つけやすくなります。であるため、在職期間中に資格取得をするのがベストタイミングといえます。あなたが転職を目指しているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も前向きに次に進めるはずです。そして、資格を取ってからの転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の時には「即戦力」と判断され、これまでの職場より待遇アップも期待できます。