転職活動を始めるとき、まず、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したり・・

転職をする場合、前もって、ハローワークの求人票を閲覧したりし・・

  • 転職活動を始めるとき、始める前に、ハローワークやネット上の求人情報を見たりして転職したい会社を調べると思います。しかしながら、その会社が情報を掲載する際には、コンサルタントが主導している場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。仮に公表するとしても遠回しな表現に徹します。そのような社長の方針や社員の感想に関しては、馬鹿正直に信じるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも美辞麗句を信じて会社に入った場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、言いがかりをつけながら辞めさせないように画策しています。この種のブラック企業には気を付けましょう。

    退職|在職していた会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を削られ、…

  • 新卒で採用された会社で性格が合わない上司に悩みを抱えて、最後には耐えることができなくなりその会社は辞め、同じ畑の他社に移りました。その会社では上司が温厚で非常に満足の日々でしたが、少しずつ会社の売上が悪くなり、とある会社に経営統合されることとなりました。経営統合したのは驚くことに転職前に働いていた会社で、おまけにまったく反りが合わない上司が再度私の上司になるそうです。まったく困ったことになりましたが、どうしてこんな縁があるのでしょうか。当然ながら新たな転職活動を始める予定です。

    比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとに好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職したことで感じました。新婚生活に慣れたらなるべく早く子育てに取り組みたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の部署で続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、月収は安かったですが仕方なく時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。しかしながら、入社したあと、一緒に働く人たちの大半が派遣の仕事を10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。意外にも派遣社員であってもすぐに辞められる雰囲気などなく、これが今の悩みになっています。

    転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動を行う人はたくさんいます。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って、転職活動すること自体、一般化してきました。転職活動の成果をもっと高めたいなら、転職フェアの利用がおすすめです。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、そこに足を運ぶことによっていろんな企業について知ることができますし、同時に、その場にいるスタッフ(説明員)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加される場合は、1次面接に臨むつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。その結果としてフェアを通して企業側に必要な人材と思わせることができれば、後日応募して面接に進む際に大きなアドバンテージになるでしょう。

    退職|シフトの業務についてです。一定の曜日に働ける人を募集している求・・

  • これはシフト制の仕事に関する話です。毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、休み方やシフトの提出方法をあらかじめたずねておいた方が良いです。以前に私自身が、産休で休む人の代役として、正社員として仕事をすることになったのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。前にいた女性が「土日」に必ず出られたので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変更してもらう必要があり、上の人たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。今思えば「よく耐えた」と自分でも驚きです。

    今励んでいる転職する活動で「私は今までずっとこういう種…

  • 今励んでいる転職活動をしているときに、「今までずっとこういった種類の仕事をがんばりました」「過去の仕事によって、手にした技術は、、、です」と実績などをしっかりアピールしなくちゃと考える人はよく見かけます。が、転職先となる新たな組織で「させてもらえるのならばこういった仕事をしたい」「私が申したような内容の業務ならぜひ貢献できるはず」と未来の姿を話して自分をアピールしていくほうがはるかに効果的だったりします。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

    退職|このように今現在の企業の労働背景の変化に関して、社会人の…

  • このように特に昨今の雇用形態の変化に当たって、全世代の中で若者たちほど関心度が高いといわれています。大方、自らのキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。こういった理由から働き手といった労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、加えて、今後、若い世代の転職への関心度が高まると予想されます。労働市場の「流動化」が背景にあることで、転職はより身近なものとなっていくのでしょう。「終身雇用制度」が存在したかつては、「会社を辞めて転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、転職が思い通りにいかない人もあったのです。しかし時流の変化とともに今現在の会社のみに執着する必要もあまりなくなったように思います。

    転職活動を行う際に、とにかく今の会社を退社してから転職しようとする人もいます・・

  • 仕事を変えようとするときに、勤務している会社を辞めてからと思っている人もいるでしょうが、その場合にはボーナスのことを見積もっておきましょう。ボーナスの支給がある会社は山ほど存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが支給される日まで数か月しかないのなら、ボーナスが振り込まれたのを確認してから退職するという手も得策です。ボーナスは少々大金なので、もらわないのはもったいないともはっきりと言うことができますから、会社を辞めるときには会社がいつボーナスを支給するかについて確実に把握しておくとスマートなやり方です。

    退職|転職活動をするときに特に注意したほうがよい求人内容は、…

  • 就職活動する場合に気を付けて欲しい求人は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることがたいへん多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間や45時間という感じで求人の内容に時間の併記がされています。毎月これくらいの残業が想定されるため、給料形態に残業代を含んでおくというシステムです。(違法ではありません)『みなし残業代35時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」ということになるわけです。でも、悪質な求人情報では『みなし』という言葉自体が場合もありますのでしっかり気を付けてください。

    退職|人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。

  • 友人・知人からの紹介によって転職の先を探す人もいるでしょう。そうはいっても転職先の労働環境やそれから労働条件といった点に関して友人からの口コミ情報のみであまり信用しすぎると後々良くはありません。そういうのは一人の個人の口コミは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。要するに紹介した人の立場では働きやすい職場だとしても、自身の価値観に照らし合わせたときには、まったくそう思えない環境かもしれません。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最終的には自分の目でしっかり確認しておきましょう。

    転職することを、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまう・・

  • もし転職することを、今の会社の人たちがあなたの転職を知ると職場の状況が一変するかもしれません。働く環境によってこれまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。そればかりでなく、残業時間を増やされることもあるので、転職のことを周囲に言うのは充分に注意が必要です。そういった状態を避けるために、今所属している仕事場では、真面目な態度でいましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態をギリギリまで残したまま、気持ちよく仕事を辞められます。それに、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後も、相談ができるような良好な関係性を持っておくことができます。規模などに関係なく、どのような企業も人とのつながりが大事なので、辞める際のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

    最短で転職したい場合は希望する企業そのもの、というよ…

  • 転職活動を成功させたい場合、企業とのやりとりよりも採用担当の面接官とのやり取りが重要といえます。面接で成果を出すためにも、はじめに普段通りを意識して焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。例を挙げるとお見合いをする心構えで向かうと良いでしょう。また面接係員はまずはじめにあなたの雰囲気や人間性を判断されるので悪い印象を与える行動は注意しゼッタイにやめましょう。そして常識的な社会人らしい状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

    派遣というかたちで働いています。

  • 派遣社員として勤務しています。派遣法や労働契約法のせいで残念ながら長期間勤務していた就業先での仕事があと数週間で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣先の企業から正社員の待遇をつかみ取った方もいるのですが採用された理由としては実際のところ仕事の実力というよりは派遣先の上司へのあしらい方がうまい方でそのおかげで採用されたように思えます。業務上のスキルよりおじさんを転がす能力が大事なんじゃないのと抜擢されなかった別の派遣の同僚と文句を言う毎日です。

    退職|とある古物商の求人に応募し、書類選考をパスし、先方から、面接日時を教えてもらいました。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。2、3日して担当者から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜなのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、やる気のなさそうな態度を見せて、何とか面接は終わりました。ところが、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なので仕方がないので再度問い合わせたところなんと、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。呆れて言葉を失いましたが、内心、不採用でよかったです。

    退職|転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が重要です。大部分の企業は履歴書だけでなく職務経歴書の記載内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類が重要なポイントです。記載内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」は、これまでの職務の詳細と、自己アピールをしっかり書き出します。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。残業時間を何時間減らしました、などわかりやすく記載しましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分の価値が高まるように、利用することも転職を成功させるための選択肢として考えておきましょう。

    求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜん多くの職場で…

  • 求人についての広告には、まともな職場では月収が明記されています。ただしこの月収の箇所をチェックする時には、深く確認する事が必要です。額の多い少ないだけ見て納得しないようにしましょう。実は会社によっては、月収の額の中身に「毎月15時間分の残業」が含まれているかもしれません。そういうことは残業代をあえて含めることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとする場合もあります。このほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられたりします。だから、その手のよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。