転職活動する場合、準備は必要不可欠です。

転職活動する場合、準備は必要です。

転職活動では、準備は必要です。そんな中でも「服装」を重要なことだと感じてしまいます。しかしながら、ここ数年の、採用面接については私服が良い企業もあるので、「面接はスーツでなくては」と考えて赴く必要がないケースもあります。創業してすぐの企業などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。加えて、フランクに会話できるメリットも。そうして、私服ですと面接の間に、ファッションについて、話題が広がることがありますから、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。これから転職は企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている・・

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしていただきたいポイントがいくつかあります。なんとなく派遣社員という言葉を聞くと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」などの仕事をイメージされる人が多いとは思います。はじめは私自身もまさにそう思っていました。今、勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と派遣会社からも説明も受けてました。が、いざ仕事に就くと、抜けた正社員さんの穴埋め業務を指示されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とはかなり違っていたので日々困っています。とりあえず、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが活溌になった…

「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、社名が公開されるなど、厳罰化の動きが活発になっていますが、完全には至っていないと考えられます。面接で見破る方法があります。求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらの項目を一点ずつ細かく質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、「その場では答えられない」というような逃げの姿勢に入ります。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問を続けていく中で、渋い顔をすることが多くあります。それでも質問を止めずにいると、ふてくされたような態度になってくるので、ブラック企業だと見破ることができます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、少しでもおかしいと感じたら、入社は止めるべきです。

生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと考えている・・

生まれて初めて失業保険を受ける場合、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人が大部分ですが、それは誤解です。実のところ、失業保険を受け取るためには、職探しを続けている必要があり、それとは別に、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で職員に求職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していることをわかってもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。また、真面目に仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に顔を出さない場合は、問答無用で給付をストップされたり、それ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそれを防ぐために十分気を付けましょう。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。

派遣の仕事が決まりました。仕事の最初の日に営業担当の方と勤務先の会社の近くのコンビニで合流する約束だったのですが、彼がなぜか店の前にいなかったので店の中にいるのかもしれないと思って店内に入ったところ、雑誌コーナーに座り込んで卑猥なグラビアページを開けて見ているではないですか。こんな人が担当者だなんてまっぴらごめんだと感じて、その場で声をかけずにコンビニから出て即刻派遣会社へ辞退をする旨の連絡をしました。

新しい仕事で、今までに身に付けた実力を活用できれば・・

新しい仕事で、それまでのスキル・キャリア生かせれば、即戦力と周囲から見られて割と早く職場にも馴染めるはずです。同時に会社側としても、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、雇用側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。加えてこれまでの職場と同じ内容であれば見込みはおおいにあります。とは言っても、まずまずのスキルがあるといっても大手企業の事務仕事や、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、いつの世でもかなりの難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

退職|雇用期間にあるときは、可能なかぎり周囲が気づかないように…

在職期間中なら、可能ならば、周囲にバレないよう(自身の転職活動では)在職期間中に転身の意思表示のみを早いタイミングで同僚に仄めかしてみました。でも、その後求人誌を色々とみていったのですが、結局就職のあても転職するタイミングも無鉄砲に決まらないまま、あっという間に時が過ぎてしまい、一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験し、次の就職先を再度探しました。

転職活動を行っていて絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていれば、面接で高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、率直に伝えてもOKですが、転職理由について正直に話すのはよくありません。例をあげれば給与が納得できないことや、上司とそりが合わないことなど、面接担当者に好印象を与えるものではありません。とはいっても、自分が不利になることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。さらに、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

退職|転職時の面接で使う腕時計については、目を惹くタイプの…

再就職時の面接で使う腕時計は、目を惹く腕時計はつけないほうが安心といえます。この場合の腕時計で目立つものというのは高級ブランドの腕時計とか、といった意味合いだけではなくそれとは反対にチープな腕時計に見えるとか、そういう目立つということで真逆で目を惹くのだと思い浮かべておきましょう。転職の面接のときにする腕時計においてもポジションとしてはスーツやネクタイと同じで、面接にふさわしい安全なものをしたほうがベストだと言えます。ただ、年齢にあったものというのもとても重要で、新卒の就活の頃に用意した腕時計よりはほんの少しでも高いものにした方が好ましいということは言えるでしょう。

これは友人からの話です。始めに新卒採用で入社を強く望んでい…

こうした話は従兄から聞いた話です。就職活動を始めて新卒採用で絶対に入社したかった目標であるA社で行われた最終面接を受けながら内定を得ることができず、それから先他の会社に入りました。その後約1年半経った頃に派遣の求人のサイトで偶然A社の紹介予定派遣の求人を見つけて、じっとしていられなくなりその時働いていた会社をすぐに退職し、A社で派遣就業を開始、死ぬ気で頑張ってのちにどうにかA社で正社員になり、今となっては仕事のやりがいを持ちつつ楽しく仕事しています。

日本には昔から「石の上にも三年」というコトワザがあります…

日本には古来より”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。ただ、誰もが簡単に転職できる軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。転職しようと考えるなら、タイミングを図る必要があります。基本として、現在の職場、仕事について全般的に、何が不服なのか、何が不適なのかを10個前後、探しておきましょう。そうすることで、再就職を決断することです、そして、将来の進むべき道が見えてきたら、素早く、より良い仕事を手に入れるべく進めることが大切です。

新しい会社に入りたいと転職活動をしているとき、「1秒でもはやく…

転職をする活動をしているとき、「一刻もはやく採用通知がほしい」と思っているはずです。が、良い知らせが得たいばかり、自分自身の能力を高く偽ったり、その逆に自分を過小評価にしかならない行動はゼッタイに避けるべきです。そうではなくて、焦燥感を抑え、落ちついて自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を賢く選んでみてください。

今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように再就職…

あなたが持つ現在のスキルや資格を活用しながら転職を検討する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と転職が難しい業界がある事を大まかに知っておきましょう。再就職がカンタンといわれる業種は、常に人手不足になっている「医療・介護」が代表的といえます。医療・介護は、看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高く、売り手市場となっています。こうした業界で働く人が、何かしらの事情によって異業種に転職したいと思っているなら、注意が必要です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、流動性はかなり低くなります。簡単に考えないことが大切です。再就職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように理解しておきましょう。

私たちの労働環境は、将来着々と短絡的な仕事は機械に切り替えられ…

今後、労働力という観点において思考を必要としない作業は機械化が発展していきそして、稼働人口は少なからず減少していきます。というのは、単純な仕事はヒトよりも機械でやったほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントするとか、同じ動きを延々とリピートしたりすることは機械なら何の苦もないのです。人間とは違って愚痴を言わないし、疲れることもないし、ズルもしないし、正確な作業ですし、それを均一化できます。また、給料を渡す必要もありません。こういったことから、労働力として生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械に移行していくのも当然の流れなのです。

退職|自らが転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのです・・

私が転職を考えていた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質に関しても本当に多様で大体は不満足を感じる方ばかりでした。私にとっては人生かかっているのにもっと思い入れを込めて臨んでほしいという想いが膨れ上がりました。そのことが契機となって自分がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。資格取得には支出が増えたし資格取得のための勉強面においてもとても大変なわけですが、就職活動の際に頼みとされるように努力しています。

再就職の時に絶対に書かないといけない履歴書についてですが…

再就職しようとする場合必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書などについてですが、大方は手書きではなく、パソコンを用いて作成するのが基本です。現代の日本においては履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で作成するということが当然だと思われることもありますが、それは新卒時の就活やアルバイトについてであって、実際のところ、転職については履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないとはっきり言うことはできないのです。手書きの履歴書や職務経歴書を評価する会社もありますけど、違う企業が徐々に増加していていますので、パソコンで作成したものでも良いとする企業はたくさんあるのです。