転職候補先での会社見学に参加すると非常に勉強になります。

転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあれば、たいへん参考になります。

  • 転職したいと考えている会社での見学に参加するととても参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」さんがいる会社では、スキルを近くで見られるので楽しめます。しかしながら「職人」がいる会社見学ではほとんどの場合見学者には、実際の仕事現場を見せてくれることはありません。その傾向が強いのはブルーワーカーなどの業種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に入社してからでないと、実際の姿はみえないものです。なので、仕事=見学で触れた内容と思わないことが良いです。さらに、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は危険ですからハッキリ言うと「論外」です。雇用契約を結んでいない段階では仮に何かトラブルが発生しても、それに対する保証が一切ないので、万が一、勧められてもていねいに断りましょう。

  • 退職|転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。

  • 転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。とはいっても、仕事を行いつつ求人案件案件を調べながら応募したり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にも負担が大きいです。転職活動をしているあいだ、今の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、書類選考を通過し、面接前にキャンセルすると面倒な事になるかもしれません。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、そうではなく自分でダイレクトに応募したとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにせよ貴重な時間をムダにしかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と認識しておくべきです。

  • 退職|転職先を決める際、むろん仕事におけるやりがいのアップと共に…

  • 転職先を探すとき、むろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけど加えて手取りのアップも大きなポイントになるので「年収サイト」というところに登録して事前に調査をしています。同一の会社でそして同一の職種、社歴であるにも関わらず人によって広い違いがあることも多くあり、正直に言うと面接の時質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた側もそこそこは予測はついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

  • 転職サイトは、大手であるほど掲載される案件が豊富なため…

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうがたくさんの案件が掲載されているため、関心のある2つか3つの会社を、とりあえずはウェブサイト登録しておき、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、さらに条件に合う求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。しかしながら、最初に限っては登録するのにかなり手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録をする第一回目は少々時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの段階できちんと準備することを頭に入れておきましょう。

  • 退職|転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、今勤務している企業からの退職があります。

  • 転職活動を行う際の最後の問題として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先から採用の内定をもらえても、現在勤務している会社があなたを放出したくないとして慰留することもよくあります。そういったケースでは、困難に負けずに退職する、という強い気持ちを保つことが必要でしょう。もしも引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を記入しておきましょう。そうして、決定権のある上司と直接話し、退職を撤回する考えはありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

  • 退職|転職をする場合、比較的重視されるのが「面接」です。

  • 再就職をする場合、かなり重視されるのが「面接」です。普通の面接の場合は面接担当者が当人に対して転職の経緯や退職理由などいろいろな質問が飛んできますが、そして必ず、面接終了の直前に次は、面接係員が転職者である面接者にたいして不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「なにか弊社についての疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれたときに答えを用意しておらず、慌ててしまうと思います。こんな場面に備えて、事前に面接官からの質問を想定し、答えを準備しておくことをお勧めします。よく考えてみればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 転職のための採用面接では、零細企業クラスの場合ほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、…

  • 転職時の面接では、小規模業者クラスの場合「人事」が面接官ですが、場合によっては違うこともあるようです。直接、これから仕事をすることになる一番偉い人、一言でいえば中間管理職である課長や部長が面接する可能性も考えられます。特に、営業系や事務系などの部署に転職する場合は、資格による具体的なイメージはありませんので、結局のところ自分自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。面接担当の人たちに「この候補者はしっかり自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。

  • かつての私は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

  • 今までは、職探しは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、有名どころの「転職サイト」は、やはり都心の求人情報だけだからです。このため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、求人募集をする企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域に根ざした企業もあり、自分に適した職が探しやすくなります。しかし、「どんな求人があるかわからない」というイメージがある人も多数いるはずです。思いもよらず、理想的な求人を発見できるかもしれないので、数年以内に転職するべきか検討中の方は、参考までにハローワークへ1度行ってみるのも手です。大手転職サイトみたいに大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。

  • 再就職の面接で行くと必ずと言っていいほど尋ねられるのは…

  • 転職をする際に面接で必ず尋ねられるのは前に働いていた会社を辞職したのはどうしてなのか、という話です。この質問が出た場合には話の中心を前職のことにしない方が安心です。会社を退職した理由が話題の中心になってしまうと必然的にマイナス面を取り込んだ話の内容になってしまいます。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ前の会社を辞めたかという点をこの会社になにがなんでも入りたいという考えがあったからといった話に進めていくということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社の方に話を向けるべきです。こういった話ならば、マイナス面を隠し好印象の前職を辞めた訳にすることができます。

  • 転職をする際に閲覧することになる求人内容については通常のものとし…

  • 転職をする際にチェックする募集要項の情報というのは、目安として、アバウトに記載されている確率がありますから、そこに載っている内容は100%正しいものだと簡単に信じるのはやめておいたほうが最適でしょう。特に生活に大きくかかわってくる給与に関しては一般的なのか?最低限もらえる金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような見極めができない人はたくさんいて勝手な判断で解釈してしまうと、後悔することになる可能性もあります。そんな訳で、そうならないためにも、募集要項については、だいたいのものだと考えて、そういった内容は会社に直接連絡を取るのが妥当です。

  • 経験したことがない業界などに転業を考えるときには、自分の以前の仕…

  • 全く経験したことがない業界などに転業する際には、以前の仕事で、自分が育んできたスキルや経験したことが生かせるという自己主張が必要です。経験をしたことのない業種の場合、その分だけそのジャンルで働いたことがある人よりも実際のところ、足りない部分はありますが、自らが保持している能力がその業界においても十分に生かせるということをうまく話せれば、戦うことができる場合も考えられるのです。そういった訳で、経験が全然ない業種に挑む際には、その業界と自分がこれまでやってきた職務との関連を可能な限り見付けましょう。

  • 転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に出向きました。

  • 先週新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当の人が見た感じ入社してから間もない新入社員で、私が説明していることの半分ほどもわかっていない様子。さらに悪いことに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「自分の強みについて知っておくべきです」等、一人前の話を横柄に話すからとても不愉快でした。カウンセリング担当者はそれなりに仕事を経験している方にしてほしいものです。

  • 就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、もし一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。現在の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性は極めて小さいです。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくのが得策です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

  • 昔は看護婦ですが看護師は資格としてどうしても女性比率がすごく高い…

  • その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は働く者としてやっぱり女性のとても多い職場です。加えて、気力だけでなく体力のひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。そのために、職場の人間関係が上手くいかなかったり、結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスをかなり取りづらい職業でもあります。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を替える人がとても多いのが現実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっているのです。常に医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であり、それが転職希望者が後を絶たない状況となっています。

  • 退職|転職先にて、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。入社して1年目はほとんどの場合「研修期間」が含まれていることも可能性は少なくありません。私の転職では、苦労の末転職したというのに、悲しいかな以前いた会社での年収とあまり同額ということがありました。おまけに、業務はきついうえに、とても責任のあるもので、初年度をクリアするのに本当に労力を伴いました。そうした経験から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、できるだけ転職する以前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、職を探していることを証明しなくてはいけません。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、職を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、しかし、実際は「会社を辞めたことだし、少しの間でもゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実だと思います。真面目に次の仕事を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行くのは避けようがありませんが、その場で求人票を閲覧することが少なくともやっておきましょう。本気になって探す気が無い時には、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワーク職員との面談時、「労働条件のいい仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念ながら無かった」と言って、次の機会を探すという方法もあります。