転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」な・・

転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んだうえで再就職したいと考える人が増加しています。最近は求人情報サイトを用いれば、郊外・地方の求人も簡単にアクセスできます。けれども、郊外や地方での求人情報は、都市部ような選択肢がないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。そのため、求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもきちんと確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートの有無も見ておくと間違いがありません。

退職|転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールで何回も連絡が入ります。

転職サイトに一旦登録すれば、電話やメール連絡が執拗に入ります。初めて利用する人はとてもビックリすると思います。転職エージェントは転職を推進することが仕事なので、積極的にアプローチしてきます。とりわけ大手エージェントは、転職を完了させることで企業から報酬がもらえるシステムといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出た瞬間に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意することが重要です。

将来に目を向け、楽しみつつ、再就職と向き合っていけば…

たのしい気持ちでいながら転職活動をすることができたら、精神的に重荷を感じることもないので、転職活動の間の堕落も避けられます。またメンタル面が問題がなければ、割と早く転職が出来るでしょう。そうする為には、やはり、休職期間をつくることなく転職先を見つけることが重要です。現在の仕事と並行しながら、次の仕事を見付ける形が良いでしょう。おまけに、間をおかなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そうすることで、職歴に空白期間ができないので、今後に響きません。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、転職活動を考えてみてください。

転職する場合、転職したあとの年収ばかりに気を取られる人が…

転職というものをする場合、転職後の自分の給与について気にする人がどうも多くいるでしょう。たいていの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与としてもらうべく仕事に打ち込んでいるのでしょう。ですから年収というのは自分がどのくらい評価してもらえるか、という側面もあるから、大切に思うのは至極当然です。それにしても愚かにも年収というものばかりを異常にこだわりすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がします。よく見れば年収が期待できない業種でったも精神的な充足感を得られることは多々あるからです。

退職|転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。

再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも身だしなみ、に含まれる服装は大事な部分だと感じてしまいます。とはいえ、今の企業面接については私服を許可している企業もあるので、きっちりスーツを着て面接に赴く必要はありません。会社の創立したての企業などは、考え方が柔軟で私服で面接をした方が、相手に好印象を与えられます。また、堅いイメージを与えないのでフランクに会話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで面接のなかで、服装の話題で盛り上がる可能性もあるので、担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、今から転職にトライするなら「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に…

これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意してもらいたい箇所が複数あります。まずはじめに派遣に対して、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をのようなものを考えてしまった方が少なくないでしょう。かく言う私もそう勘違いしていました。今、働いている会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「電話対応が主な業務」と派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、いざ業務に掛かると、なんと「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、要求されました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に困っています。今はとにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようにな・・

近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、厳罰を処する流れにありますが、完全とは言い難いです。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。とにかく、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目ひとつひとつについて堂々と質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、回答を避けるなど逃げようとすることが多いです。給与や残業や休日に対しては、質問責めすると、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでその瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、他の面接を受けたほうが良いと思います。

退職|生涯初の失業保険を受ける場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える・・

生まれて初めて失業保険をもらうときに、何もしなくても給付されると思っている人が多数派ですが、それは誤りです。実際には、失業保険の給付を受け取り続けるためには、求職活動を続けていることが条件で、その上、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月ごとにハローワーク職員との面談を通じて、真剣に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。その反対に、本気で仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月の職員との面談に不参加な場合は、強制的に給付がされなかったり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために充分に気をつけてください。

派遣で働く会社が決定しました。

派遣社員として働く会社が決定しました。最初の出勤日に派遣会社の営業の担当の人と派遣先に近いコンビニで合流する予定だったのですが、彼がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいないので店内にいるのではないかと思い店内に入ってみると、彼はなんとまあ雑誌の所で座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けて閲覧しているではないですか。こんな人が自分を担当するなんて願い下げだと感じて、そこで声をかけずに気付かれないように店を出て直ちに派遣会社に辞退すると連絡をしました。

新たな職場で自身の過去のキャリアが生かせれば、即戦力として評価されて・・

新しく就いた職場で自身のこれまでのキャリアを活かせられれば、即戦力として一目置かれ即、職場にも馴染めるはずです。いい人を求人している雇い主も大いに助かると言うものです。雇い主側が判断しても即戦力となる転職は簡単だといえます。加えて今までの業務内容と似ている業務内容なら転職は非常に容易になります。しかし、即戦力となる基準を満たしていても、一流企業の事務仕事や、公務員の募集などは、時代・景気に関係なく相当な難関だと覚悟しておきましょう。

在職期間にあるときは、出来るだけ社内の人間に気づかれないように・・

就労期間中は、できれば周りの人間にバレないように(私の例ですが)雇用中に転業したいという意思表示のみを早いタイミングで同僚に仄めかしたことがあります。とはいえ、それから、求人サイトを散々あれこれチェックしていったのですが、転職先のあても、タイミングすら何一つ決まらず知らぬ間に時間が過ぎてしまいました。そしてその一方、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したのち、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

転職活動をしている際に、面接において間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をやっていると、間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、転職理由についてストレートに話すのは問題です。転職理由でよくある給料・待遇に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。おそらく、自分の得にならないことをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。それにプラスして、「御社に入ってから〇〇したいです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

再就職の面接でする腕時計の事についてですが、目を惹くような…

転職をする際の面接のときにつける腕時計に関しては、どう見ても目を惹くような腕時計はやめておいた方が安全です。目立つ腕時計と言うのはブランド物の腕時計であるとか、といったことだけではありません。それとは逆に安物に見えてしまうとか、そういう目を惹くという意味であって真逆の意味で目を惹く、と思い浮かべておきましょう。面接時の腕時計についてはポジション的にはネクタイやスーツと同じように、面接にふさわしい堅実なものを身にするほうが悪い印象にはなりません。しかしながら、歳に見合ったものであるということも必要な条件であり、新卒の時に面接で準備したものよりは多少でも高い腕時計にした方が転職の面接においては断言できます。

こうした話は従妹の旦那から聞いた話です。

この話は従妹の旦那の話です。新卒の時にどうしても入社したかった憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、その後不本意ながら別の会社に入りました。それから約1年半経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧する中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、我慢できなくなって当時の会社をすぐさま辞めて、A社で派遣勤務を開始、やったな、と思った行動です。死に物狂いで頑張ってそれから学生時代に憧れていたA社で正社員になり、現在はやりがいを持っていきいきと勤務しています。

日本には昔から”石の上にも3年”という諺もありますが、…

古来より「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、終身雇用制は死語になりつつあります。「転職」を経験するのが当たり前の世の中になってまいりました。とはいえ、当たり前に転職が可能だと思い込み安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職したいなら、タイミングを図る必要があります。その基本として、今現在の職場、や仕事内容について、不服を感じる点を10個前後、リストアップしてみてください。そうしておくと、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、おおまかな進路が見いだせたら、躊躇することなく、より良い仕事を手に入れるべく自分なりに努力してみてください。

新しい会社に入りたいと転職をする活動をする人の大半は…

いい職場に入りたいと転職活動をする場合、「1秒でも早く、内定をものにしたい」と思ってしまうものです。とはいえそのために内定通知を欲しいばかりに、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいは逆に安売りしてしまう売り込みをするのはゼッタイに止めておきましょう。焦る気持ちはブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分にふさわしい職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴が生きるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を選択してみましょう。