転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が次々に展開されています。経済政策が日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・企業といった民間側からも新しい変化が巻き起こりつつあります。そのような変化の中で、企業伸長とともに今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会問題化しつつあります。ここ何年かの間で「外国人労働者」の比率を増加させ人材確保に務めていくつもりでいると現内閣は語っています。外国人労働者が増えることによって、このような社会的変化によって国内の雇用・転職事情も変化していくのは確実です。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、思い切って転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職することについて実際に退職する前後は、毎日悩みました。しかし、社会人になって数年後には仕事を辞めて、多くの人が転職を経験していることを自身が転職活動をしたことで分かり、自然と悩みは消えていきました。また1回転職をすれば、徐々に気持ちが楽になり、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが楽しくなりました。いまだ「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に否定的な意見もありますが、私自身、否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

  • 退職|転職のための面接に転職希望の会社へ行ったときのことです。

  • 転職の面接を受けるため訪ねました。偶然社内の面接に使える部屋が空いていないということで外部のある場所で採用担当の人と待ち合わせて採用面接をして、その場で解散ということになり、面接担当者もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、なんと自宅の最寄駅が同じだったのです。結局は電車の中においても一緒にお話をしながらいっしょに帰宅することとなって、結果として緊張が解け面接しているよりもお話が弾み、それが奏功したからなのか何事もないまま採用を手に入れることができました。

  • 退職|自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意した方が良いです。

  • 自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は要注意です。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私の場合、食べることが本当に大好きで過去には、飲食の世界(レストラン)で勤務していた時期があります。そのお店での業務は、その飲食店で担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんでいたのですが、人間関係にすごく疲れてしまったのです。そのことが引き金となり、仕事をやめましたが、それと同時に、あんなに好きだった食べることやその店でメニューとして扱われていた食べ物も苦手になってしまい、類似の飲食店には今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現させることは悪いことではありません。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、もう一度問いただした上で行動するべきです。

  • 退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。

  • 転社を度々しないための対策は、とてもシンプルです。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返しません。今現在は、ネットがあるのでメンタル面を強くするヒントはいつでも知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職以外の行動によっても、精神を鍛えられます。その行動とは、ズバリ海外旅行です。海外に旅行に行くと文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、目につくすべてが刺激となります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に帰ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態で面接を行えば、今までとは格段に違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ただし、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いので心の回復のために休暇も必要です。

  • 『転職したい!』と考えていて、自身の意志が本当に強いものであるな…

  • 『転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば、速やかに上司に伝えるべきです。ですが、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際にわたしが転職をすると話した時には話がこじれて最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。退職することをはじめに直属の上司に話した時は年度末、数ヶ月働くことになり、退職が受理されたのが同年の11月です。予定としては、区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズにはいきませんでした。職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、かなり会社や上司に対してガッカリしました。

  • 退職|転職先での面接で多数のひとが思い違いをしているので・・

  • 転職の際に必須となる会社での採用面接でのよく思い違いがあるのですが度を超えた猫かぶりは、残念なことに不採用となる可能性が高いです。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「ボーナス」などの、通常はかなり質問しづらい内容を勇気を出し率直に聞いた方が最終的に絶対に自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に採用されないのではないか」と懸念するかもしれませんが、しかし、意外なことに、良い結果になることは最終的には可能性が高いといいます。これらのことは労働環境やお金に関連する疑問点は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかしながら、面接の場ではなかなか聞けないものです。けれど、あなたが勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」と面接担当者へのアピールとなるのです。

  • 今現在の自身の職場や業務内容に対して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

  • 現在の自らの職場や仕事内容に対して、ほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや能力を誠実に評価してくれない」さらに、「給料は上がらず、将来的な昇格も期待できない」といった点を挙げる人が少なくありません。けれど、そんな不満を持つ人の中には、本人が自分自身の持っている力量を過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、転職するまでの空白がながくなるおそれがあります。可能性も少なくありません。そういうわけで再就職をスムーズに行うためには、実際の自分のキャパシティを厳しい目で客観的に評価してみてください。

  • 女性の再就職に関しては、数年前とここ最近とでは多少の、違ってきている点があります。

  • 女性の転職については、数年前と今とで若干の違いがあります。前は面接の場で会社側から、結婚観や出産後の考え方などに関して、当たり前のように質問されることが多くありました。でも、今はその手の内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞くのを避ける会社、が増加傾向にあります。名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として扱われています。しかし実際、面接する側ははい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の姿勢、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を知っておきたいと思っている事でしょう。自分の考えを伝えるためにも、志望した動機や自己ピーアールと並行して言い表すことで、企業側の疑問も解消できると考えます。というワケで、聞かれていない箇所についても、こちらが先んじて配慮し、答えておくのが良いです。

  • 転身を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずに様々…

  • 転身しようと思っているならまめに多種多様な企業の採用情報を調べたり比較したりしておくと再就職先を選ぶのにとても役立ちます。あなたが今の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、転職活動を開始したとき、どの企業もいいように思えてしまします。そんな状況に陥ると、どの会社を選択すべきか判断できなくなり、選択を誤りかねません。そうすると、最終的には早々に嫌になってしまうこともあるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。会社の雇用面だけを見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしておきましょう。透明性を重んじる会社は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。さらに、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループ名をチェックして内容を把握しておくのも良いと思います。

  • 再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を渡してきた場・・

  • 転職の面接などにおいてもし名刺を手渡されとしたら、あなたも同じように名刺を相手に渡した方が良いのかどうかと対応の仕方に迷ったら、大体は差し出す必要はないと理解しておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の一部ではなく、仕事を得るための採用活動の一環です。ですから一般的に名刺をやりとりする時間ではないのです。さらに、あなたは立場上会社の者として出向いているのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。という事で、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらは名刺を受け取るだけでよくて、面接担当者に相手側に渡す必要はないと言えるのです。

  • 退職|職場環境が原因で心的なダメージがあり、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのな…

  • 働く中で回復が難しいほど精神的なダメージが増え、会社を変えなければという気持ちになったなら、そんな時は、職場の人と相談するより身内と相談しながら退職するかどうかの判断をした方が良いです。それは、働くことはあなた自身のためでもありますが、同時に身内の問題でもあります。毎月、納得のいく給料が良いからといって、精神がボロボロになるほど働くことは、望ましいとは言えません。今の時代は物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを重視したって良いはずです。ですからあまり気にせず、あなたの家族とあなたの心と体の健康を考えていきましょう。

  • 転職しようと考えている会社での会社見学に参加するととても参考になります。

  • 転職したい会社で会社見学しておけば、非常に勉強になります。また、「職人」さんがいる会社では、職人技を近くで見られるので楽しくなります。しかしながら「職人」がいる会社見学ではほぼ例外なく見学者には、本当の仕事現場を見せてくれることは少ないです。例を挙げるとブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この分野では、癖の強い人が多いので実際に入社しないと、本来の姿はみえないものです。なので、見学だけの仕事だと思わないことが大切です。また、会社見学時に実際に仕事体験ができる会社はとても危険ですから選択肢に入れるのはおすすめしません。入社していない段階ではトラブルが発生してもそれに対する保障など一切ありません。進められても丁重に断るようにしましょう。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。しかし、仕事を行いながら求人情報をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面だけでなく肉体面も負担がかかるといえます。また、転職活動時は、現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、直接応募していた場合も相手の会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と理解しなければいけません。

  • 転職先を探すにあたって、やりがいのある仕事か考えることも重要だけ…

  • 転職先を探す際、やりがいのある仕事をすることも大切だけどそれに加えて手取りのアップも大切なポイントになるので「年収比較サイト」というところに登録していろいろと研究をしています。同じ会社でその上同一の職種、社歴なのに人によって非常に幅があることも複数あり、正直なところ面接時に質問したことがあります。面接をした人もそのサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた方も誰だろうとある程度は見通しがついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほど豊富な数の企業が掲載されているため…

  • 転職サイトは大きなサイトの方が掲載量も多くなるため、2~3社程度、サイトに登録しておいて、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、さらに条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。だとしても、最初は登録するのに少しばかり労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録の初日は、時間がやや必要ですし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新着情報だけ確認すれば良いので、後の応募を考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが賢明です。