転職する際は、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、…

退職|転職する場合、いろんな手段で情報を得ることが多いと思いますが、…

  • 転職活動を開始するとき、様々な経路で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせでその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みであれば会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。ですが、現実は『クロ』で「このままではマズイと思い、はやく炎上をしずめよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけトラブルに遭遇するおそれのあるといえるでしょう。そもそも、善良な会社には煙は立ちません。
  • 退職|人生初の転職をする際、重要なのはどうして今の仕事を辞めたい…

  • はじめて転職を行う場合、心がけるべきことは「現在の仕事を変えたい理由」をはっきりしておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておいた方がいいでしょう。問題解消が可能な企業を選択するのです。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、現在の仕事を継続しながら転職活動を行っていくので、時間と体力が必要不可欠です。だから理由を明確にせず転職活動をすれば、途中で行き詰まってしまう場合があります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが無難です。
  • 退職|転職時の面接に関してですが企業側からクールビズで来てくださ…

  • 転職をする際の面接で企業側からクールビズで来てくださいとと事前に言われる時もあります。しかし、クールビズで面接を受けるのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と感じてしまう人もいます。そのような考えを懐に背負いこんでいる人々に伝えたいのは、会社側からクールビズで来ても良いとされた面接なのであれば、言われたことを素直に聞き入れたほうが確かです。考えすぎてしまい、真夏でありながらクールビズでないと相手に暑苦しく感じられますから、企業側からクールビズでお越しくださいと書かれていたらクールビズの格好をおすすめします。
  • 転職活動中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間が有り余っているた…

  • 転職先を探している間は、どうしても、時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。でも、そういった過ごし方は危険です。言うまでもなく、だらけた生活をしていると、「心」もだらしなくなるからです。いつの間にか働く気力がわかず、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そんな状況になってしまうと、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の仕事が見つからなくなります。次の仕事が決められなくなるのは、もらえるお金を最優先に考えるからです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活をする意味でも、だらけきった生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • 仕事を変えた際には、大体の場合、それまでの会社の仕・・

  • 仕事を変えると、大体の場合、前の会社の仕事での記憶は美化されます。本当のところ今の職務に不服があるから、それをクリアするためにやっとのことで退職を決め、再就職したはずなのに、時間の経過とともにどういうわけか新しい会社よりも「前の職場のほうがよかった」と感じることが増えてきます。それというのも極めて当たり前のことで、前の職場では日々の仕事の勝手がわかっているのでさほど苦労なくやるべき仕事ができていたからが、一番の理由にあると思います。ですが、「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と後悔するほど、以前の会社の方が報酬も職場の雰囲気が良い可能性もあります。
  • 転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな…

  • 今年中に転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方は忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。現在の企業側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、だれでももらえます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合の退職だったり、残業時間次第ですぐもらえる場合があります。受け取れる「失業手当」の額は、仕事を辞めた月の給料がもとになって失業手当の金額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となります…

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、ずっともらえるわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって違い、90とか120日とか決定されるのですが、なんとこれを知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから慌てて転職活動をしても良い結果にならないのは言うまでもありません。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたか位は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。運が悪ければ、面接の際に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、受かりません。
  • 長い間接客業で勤めてきましたが、年齢を重ねるにつれ立って行う仕事は…

  • 長きにわたって接客関係で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねると共に立ち仕事は体力的につらくて、座って仕事ができるオフィスワークへの転職を頭に入れて行動しました。事務が未経験となると少々厳しくて、接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格を取得して個人クリニックに転職しました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた時よりも帰宅も遅いのですが、初めはキャリアの形成時期と思って仕事を続けます。
  • 転職を予定しているのなら今務めている会社を退社する…

  • 転職するにあたって、現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、仮に自分の意思で退職届を出して退社する、いわゆる「依願退職」であった場合は即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が確認されてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経てばもらえると誤解している人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因となりハローワークの保険担当者と言い争っていたのを過去に見たことがあります。因みに労働者側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業認定を受けたのち直ちに失業保険がもらうことが可能です。
  • 良い転職する先を見つけるためには、事前の行動をするようにしましょう。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、前に行動するようにしなくてはいけません。そうしようと思うのならネットを見ると会社の名前を聞いたことのない小規模な会社だとしても公式ホームページで企業のことをわかる会社がたいていだから、インターネットの機能を利用して自分の知りたい情報を調べておくとまたその企業のよくわからないことを解消しておくと転職の助けになってくれます。さらに公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのも対策としては有効です。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも希望している職場を自身で判断してみましょう。
  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接担当から「転職理由は・・

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事担当から「転職の理由は何ですか?」という風に、ほぼ訊かれます。そのとき、どんな訳があっても、過去の職場の「働く環境」「人間関係」についての不満やトラブルを絡めた内容などは、出来るだけ避けましょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、心象を悪くしてしまい、チャンスを台無しにしてしまいかねません。面接時にはポジティブな発言がとても重要で、事実とは異なっていても、「新しい職場においては、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のような売り込みの形が良い結果につながるのです。
  • 大規模な転職エージェントは、多数の案件を抱えているといえます・・

  • 就職エージェントの大手に限って、多数の案件を持っているというメリットがあるといえますが、反面、転職希望登録者も多い可能性が高いです。そのせいか気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当スタッフが望みがないと判断すると応募してもらえないことも多々ありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいると、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。つまり大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱い意外と駄目で、発想を変えて中小規模のエージェントに気になる会社や案件を伝えておき、応募できませんか?と問い合わせてみると自分のために行動してくれることもあるので、そういった活用も一つの手です。
  • 退職|安定を求めて正規社員として働きたいと考えている人は多いと思います。

  • 安定した暮らしを手に入れるべく正社員として働くことを意識している人が多数だと思います。即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、正社員として雇用されることが叶えられないこともあるでしょう。非正社員の求人はかなり充実しているのに正社員の求人情報以外はスルーしてエントリーしない人も少なくないでしょう。万が一、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、準社員の募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中には成果によって2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップが図れることもあるからです。ですので採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の機会があるかどうかを質問しても将来設計にも役立ちます。
  • 転職を行うに際しては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント・・

  • 転職をするにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」に頼る手もありますが、もしあなたがそういった業者に登録した結果就職先を見つけられた場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワークを経ずに就業しても失業保険をもらうことはできないので覚えておきましょう。これと異なり、「ハローワーク」を介して斡旋された会社に就業した場合は、就業のための準備金として「一時金」を受け取ることができます。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の給付手続きは扱っていません。このような点を知っておかないと失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。
  • 転職活動を行う際は、まず常に内心が急がないということ…

  • 転職をする活動をしている最中は、何よりも内心が静かであるということを重要視したいものです。働きながら転職をするための活動をする場合はあんまりそうでもありませんが、退職したら行う際には、心が焦りが出てしまいます。そういった点を理解し、気持ちを抑えつつ、活動を続けましょう。将来、自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そのイメージを希望する職場と比較してみて、それらが矛盾していないか、冷静になって考えてみてください。しっかり考えることで転職で良い結果を出しやすくなります。
  • もしあなたが転職をするなら転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。

  • 転職を予定しているのなら、事前に資格を取るとステップアップします。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取得しておけば、転職活動の際に有利に働くので新たな仕事を見つけやすくなります。そんなわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階で資格取得をするのが一番良い時期なのです。あなたが転職を目指しているなら、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の職を辞めた後も前向きに次に進めるはずです。おまけに、資格を取得できれば転職先の面接で面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、今までの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。