転職したい会社で見学などがあるととても勉強になります。

退職|転職先で見学などがあるとかなり勉強になります。

転職候補先で見学などがあれば、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるため、楽しくもなります。ですが、「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、実際の現場を見せることがまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーなどの業種です。個人のアクが出やすい業種なので、働きだしてからでないと、実際の姿は伺えないものです。なので、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことがとても重要なのです。それに加えて、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は危険ですし、言語道断です。入社していない人には何かトラブルが発生しても、保証がないので、仮に、勧められたとしてもていねいに断りましょう。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。でも、忙しく働きつつ求人をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは時間調整も含めて負担がかかるといえるでしょう。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、書類選考をパスし、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントからの信用を失いますし、そうではなく自分で直接、応募した場合でも、応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにせよ貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを理解しなければいけません。

転職先を探す際、当然仕事のやりがいアップも大切だけ…

転職先を決めるにあたって、当然仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず年収のアップも重要なポイントになりますから「年収サイト」というサイトに登録して事前に研究しています。同じ会社でその上全く同一の職種、経歴であるのに人によって非常に違いがある場合も数多くあって、正直なところ面接の際質問したことがあります。面接官も同じサイトを見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた側も察しがついてるのですが、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方だと思ってください」とのことでした。

退職|転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載量も多くなるの…

転職サイトはメジャーなサイトであるほど多くの企業が掲載されているため、気に入った2つか3つの会社を、ともかく転職サイトに登録しておいて、勤務地と年収条件程度の条件一致であとは条件に合う求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと転職情報の収集が容易になります。でも、初めだけは登録するのにそこそこ労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録をする初回時はけっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、初回にきちんと準備することをお勧めします。

転職活動をする上での最後に残る壁として、現在勤務している企業からの退職があります。

転職活動をする上での最後の問題として、「現職の退職」があげられます。転職先の会社から採用の内定をもらえたとしても、現在勤務中の会社が退職を慰留するというのも起こりがちなケースです。そのような場合は、負けることなく退職する、という強い気持ちをもつことが大切でしょう。会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を作成しておきましょう。それから、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と毅然とした態度で伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動において必要不可欠です。

転職活動では、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。

転職する際、かなり重要となるのが「面接」になります。普通一般的な面接の際は、応募者に転職に至った動機や仕事の意気込みなどいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで面接係員が転職者である面接者にたいして不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当の人から「何か弊社について疑問点はありませんか?」と言ってくれるわけです。と聞かれた際に答えを用意しておらず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。そんなときのために、前もって面接官からの質問に対し、(あなたからの質問を)用意しておくのがベストです。実際に仕事を始める前の段階であっても、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

再就職の際の面接では、小規模業者だったら概ねは人事担当者になります・・

転職時の採用面接では、中堅企業であれば概ね「人事」が面接担当ですが、別のケースもあります。具体的には、今後共に仕事をする担当者、一言でいえば部長・課長などの役職の人が面接をすることもあります。特に、営業系や事務系といったジャンルでは、資格を通じた人の良し悪しを判断しづらいので堂々と自分自身をアピールしていくことが必要なのです。面接官の誰からも「この候補者はハッキリ自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。

退職|以前の私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を使っていました。

今までの私は、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」に相談していました。どうしてかというと、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心の求人情報しかないからです。このため、転職をする際は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、掲載されているどうしても知名度は低くなってしまいますが、地域密着タイプなので都心部以外での転職をするときには重宝します。「ハローワークはなんか地味だなぁ」という先入観がある方も多くいるかもしれません。転職サイトとは違った求人もあるので、もし転職しようと思うのなら、ハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時のようなたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

転職をする際で決まっているかのように聞きだされること・・

転職をする場合でほとんど投げかけられるのは前職を退職したのかという話です。この質問に答える場合には話題の中心を前職からそらしたほうが安全です。前職を退職するに至った経緯が話の中心になるとほぼ確実に面接において不利なことを含んだ話になってしまいますから。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ前の職場を辞めたかという点をこの職場になにがなんでも入りたい理由があったからという感じに進めるべきであり、今、自分が入社したい会社の方に話の中心を持っていきましょう。今面接をしている会社のことであればマイナス面を隠し好印象のものに変えることが可能です。

退職|仕事を変えようと考えている時にチェックする募集事項の情報というのは…

職を変えようとしようとしている時にチェックすることになる仕事の情報というのは、目安として、アバウトに載せている、という確率がありますから、そこに掲載されている情報はすべて正しいとは簡単に信じないほうがよろしいでしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与に関しては平均の値なのか?最低金額であるのか?最高値なのか?というような見極めができない人も多く、自分判断でとらえてしまうと、後から悔しい思いをする確率もあり得ます。そういった訳で、そうならないためにも、募集要項については、だいたいのものだと考えて、そのようなとても肝心な内容は会社側に直接確認を取るのが適切です。

退職|初挑戦の業界などに転職するときには、自分が前の会社で…

初挑戦となる業種などに転業を行う際は、前の会社で身についた能力や経験したことが生かせるという訴えが必要です。その業界の未経験者はその分その業種で勤務したことがある方よりも事実、損にはなりますが、自分が保持している力がその業界においても十分に生かすことができるということをうまく伝えることができれば、戦うことができるケースも考えられます。それゆえに、経験が全くないジャンルに挑むときには、その業種とこれまで自分が働いてきた職務とのかかわりを必ず探し出してみましょう。

昨日新しい仕事先を見つけようと人材会社へ登録に行きました。

数日前転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、私が説明した話の3分の1もその社員は理解できてない感じでした。それなのに「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていくことが必要でしょう」とか、一人前の話を偉そうに言い散らかすので大変不愉快でした。カウンセラーはそこそこ仕事の経験がある社員にしてほしいと感じます。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。面接では、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソはバレてしまうからです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばよほどのことがない限りありません。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが間違いがありません。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

看護婦と呼んでいた看護師といえば、どうしてか女性の割合がたいへん大きい…

以前は看護婦と呼ばれていた看護師というのは資格として歴史的背景から女性比率がかなり高い職場です。そして、気力それから体力ともに消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。であるがゆえに、職場の人間関係のいざこざや、結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい職業でもあります。実際に、そういった問題によって転職する人が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。ずっと、各病院は、看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、さらに転職に拍車を掛ける状況となっています。

転職しようと思うなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

職場を変えたいと思っているのなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ転職した初年度は、大方試用期間を入っている企業がケースが多かったりもします。自分の例では、やっとのことで転職したのに、予想とは裏腹に前職での稼ぎと年収と大方変わりませんでした。それに加えて、仕事内容はきついうえに、たいへん責任が伴うものだったので、二年目を迎えるまでとても苦労しました。そのような体験から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、できる限り転職前に貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

失業保険を毎月、給付してもらうには、職探しをしていることが条件になります。

失業保険の給付については、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。そうだとしても、「会社に行く必要もなくなったし、とりあえずはのんびりしたい」というのが現実でしょう。ですので、心から求職活動をしている風に見せる方法があるので以下に紹介します。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然ながら必要として、「求人票」を確認することを最低限やってください。本気で探す気持ちが出ないときは、「求人票」にさらっと目を通し、ハローワーク職員との面談で、「労働条件のいい仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念なことに見つかりませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すというやり方もあります。