転社を度々しないためにすることはただ一つです。

転社を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

転社を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットもあるので、メンタル面を強くする自己啓発系の情報は容易に知ることができます。そんな、時に転職とは全く異なる行動でも、メンタル面を強くすることが可能です。何かと言うとズバリ「海外に行くこと」です。海外は、言葉も文化も違うので、逐一、勉強になります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、今までとは違って自信満々に自己アピールができるはず。しかしながら、退職後は精神面が弱くなっているので、気力が回復したと思えるまで、しっかり休みましょう。

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで…

『転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。ただし、ここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際にわたしが転職をすると話した時には退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職することをはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職が受理されたのが同年の11月です。本当ならはちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、思うようにはいきませんでした。やはり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの希望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと職場に対して愛想が尽きました。

退職|転職の際に必須となる企業での採用面接でのしてはいけないのは…

転職候補となる会社での面接での多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまり度を超えた猫かぶりは、正直なところ不採用となる可能性が高いです。そうならないために思い切って面接の際は「有給取得率」などの、通常であればかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を出し率直に尋ねておいた方が、結果的に絶対に自身のためになります。実際には「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねたら、面接で落とされるのではないか」と気になるかもしれません。ですが、意外なことに、プラスの結果になる直結するといいます。こうしたお金・労働環境に関する内容は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいうものの、多くの人が気を遣って不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれど、逆手に取って、「正直な人だな」と面接官に印象づけられるのです。

退職|今の自身の職場や業務に対する多くの人は不満を感じていると思います。

今の職場や業務について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自分の資格やスキルを正当に評価してもらえない」さらには、「月給は上がらないし、将来的な昇進もまったく期待できない」と言う愚痴を漏らす人もいます。ですが、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、本人が自分自身の持っている力量を過大評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と中々就職先が見つからないことになりかねません。可能性も少なくありません。そういうわけで転職で良い成果を出すためにも、「本来の自分のスキルや能力」を厳しい目で客観的に評価してみてください。

女性が転職するに当たり、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは…

女性の再就職において、ここ最近とセクハラが問題視される前では少なからず、違ってきている点があります。以前は面接の際に、結婚観や結婚後の予定に関して、自然に質問されることが多くありました。ですが、今ではそのようなデリケートな内容は、セクハラとして質問をしない企業が一般化しつつあります。また、名の知れた大企業ほど、あからさまに避ける傾向にあります。とはいえ、会社側としては、〇か×で返答するのではなく、その人が結婚後・「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいと思うはずです。自身の価値観を理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望動機とともに伝えることで、会社側にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると思うわけです。ですので、たとえ、質問されていない部分も、あなたの側から気遣いながら話をしておくのが良いです。

転身を考えているなら、多くの会社の募集案内を日頃からチェックしておく…

転職を視野に入れているならまめに多様な企業の採用情報を普段からチェックしておけば再就職先の判断がかなりしやすくなります。あなたが今現在の仕事を不服だと思っているケースでは、本腰を入れて転職活動を始めたときにどの企業もいいように映ってしまいます。そのような状況下では、どこを選べばいいのか困ってしまいかねず、どんな企業でも飛びついてしまうのです。雑な行動を取ると、最終的にはあっという間に嫌になってしまうこともあるので、前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その転職したい会社の「取引先」を見るのがオススメです。良い企業は、取引先情報を公開していますし、逆にそういった会社ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、よく見ておきましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入ってることもあるので、グループの名前でチェックし、確認しておくのも手です。

転職での面接などの時に担当者に名刺を手渡されとした・・

転職における面接などに関して名刺を差し出された場合、あなたも同じように名刺を相手に渡した方が良いのかどうかと悩んだ場合は、一般的には渡す必要はないと覚えておきましょう。面接においては仕事の一環ではなく、採用活動内のことなので、一般的に考えて名刺を交換する場ではありません。また、会社の者としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。それゆえ、もし相手から名刺を差し出されても、こちらは、ただ受け取るだけで大丈夫で、相手側に渡す必要性はないと思います。

会社が原因で回復が難しいほど心的な負担が大きくなり…

職場環境のせいで精神的な負担がかなり増え、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら、そんな時は、会社と相談ではなく自身の家族に相談したうえで、退職するかどうかの判断をした方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするということは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に、身内の問題ともいえるのです。どれだけ給料が良いからといって、精神がダメージを負ってしまうまで我慢しながら無理して働くのは好ましくありません。現在の社会では、経済的なことよりも、働きやすさを優先したって良いはずです。あなた自身の身内や、あなた自らの心身を大切にしていきましょう。

転職候補に挙がっている会社の会社見学ができれば、とても勉強になります。

転職候補先で会社見学しておけば、すごく勉強になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社見学は、スキルを間近で見られるので楽しみです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、たいてい見学者には、いつもの姿を見せてはくれません。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーなどのジャンルです。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でなければ、実際の姿はみえません。そのため、仕事=見学で触れた内容と考えないことがとても重要なのです。加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は、問題があるので注意しておくべきです。雇用契約を結んでない人にはもし何かトラブルが発生しても、それに対する保障は一切ありません。万が一、勧められても丁重に断っておくようにしましょう。

転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。とはいっても、忙しく仕事を行いつつ求人案件を探しながら応募したり、面接に行くのは心身ともにハードだといえます。現職の同僚・上司たちにも気づかれないように気を遣う必要もあります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、仮に、書類選考をクリアし、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、そうではなく直接応募していたとしても、相手企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにしても自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると意識しておきましょう。

転職先を選ぶにあたって、当然やりがいを考慮することも大切だ…

転職先を探す際、もちろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけど給料が上がることも大切なポイントなので「年収サイト」というサイトに登録をして前もって研究しています。一緒の会社でしかも全く同一の職種、社歴なのに人によってかなりの幅がある場合も多くて、ぶっちゃけた話面接の際質問したことがあります。面接をした方もそのサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間について誰だろうとある程度察しがつくのですが、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料だと思ってください」とのことでした。

「転職サイト」は、大手のほうが案件が多いため、関心のある2,3の会社を、…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される案件の量も多いので、気に入った2~3社を、とりあえずは転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、あとは条件に適合する求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。しかし、最初は登録するのに幾分か時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録を行う初回時、時間がやや必要ですし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、後々のためにも、最初の段階でしっかり準備することを心がけるのが賢明です。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問とし…

転職活動における最後に残る厄介な問題として、今勤めている企業からの退職があります。転職先から採用の内定をゲットしても、現在勤務中の会社があなたを放出したくないとして慰留することも少なくありません。そういったケースでは、「何が何でも退職する」という強固な信念を維持することが必要といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきます。それから、決定権を持つ上司と直接、話し合い、退職を考え直すことは絶対にありませんと、キッパリと伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動の重要なポイントです。

再就職において、比較的重要となるのが「面接」です。

転職する際、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。多くの場合面接の場合は面接担当者が当人に対して転職を決めた理由など色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら次は、転職希望者から、面接担当の人へ疑問点などを質問できるわけです。面接担当の人から「我が社について何か疑問点はありますか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた時に面接者本人が答えを用意しておらず、何も聞けずじまいになる可能性もあります。後で後悔しないためにも、面接の前に不安に思っていることなどの(あなたからの質問を)整理しておくことをお勧めします。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

転職希望者が受ける面接では、規模の小さい企業であれ…

転職の際の面接は、中小企業であればほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。たとえば、今後一緒に仕事をする一番偉い人、という具合に課長や部長などの管理職クラスが面接をしてくれることもあります。その中でも営業や事務に再就職する場合は資格を通じた人の評価が難しいのできちんと自分自身を売り込んでいくことで好印象を与えられます。担当者から「この人はハッキリ自己主張できるし、頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。

以前は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」で探していました。というのも大手の転職サイトはいつも都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。そのため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、多少知名度は低くなりますが、昔から地域密着なので、都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするという先入観がある人もいるはずです。思いもよらず、良い求人もそこそこ掲載されているのでこれから転職しようと考え中の方は、ハローワークへ行って相談してみてください。有名な転職サイトのようにたくさんの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。