自分のスキルや資格をふまえて再就職する際は、比較的、再就職しやすい業種…

自身のスキルを活用しながら就職活動を検討する場合・・

  • 自身のスキルを活かしつつ、転職活動する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と再就職が難しい業界がある事を大まかに知っておきましょう。転職しやすい業界は、常に人手不足になっている「医療・介護」系が代表でしょう。医療・介護の職種ではそれぞれ看護師・介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、仕事のきつさから、異業種へ転職してみたいと思う場合は、注意が必要です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、スタッフの流動性がそれほどありません。ですから、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので気をつけておきましょう。
  • 将来的に、労働力という観点においてどんどん考えなくてもできる作・・

  • これから、私たちの社会的環境においてますますシンプルな労働は機械化によってそれに伴い、そういう仕事をするマンパワーは少なからず削減させられてしまいます。というのも、思考を必要としない仕事という観点では人間より機械のほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数を数えたり同じ動きをずっと繰り返すのは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って愚痴を言わないし、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、そして、賃金が発生しないのも違いですね。こういったことから、労働力として人を使う理由がまったく無さすぎるため、機械にシフトされるもの当然の流れなのです。
  • 自らが勤め口を探していたころかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのですが…

  • 自らが勤め口を探していたころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質が驚くほどまちまちでたいていの場合、物足りなく感じる人ばっかり。こちら側は人生がかかっているのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという想いが積もり積もってその事がきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するためにはコストもいりましたし資格取得のための勉強面においてもヘビーだったわけですが、求職者から担当者があなたで良かったと言ってもらえる人間になるために頑張っています。
  • 再就職の時に絶対に書かないといけない履歴書などにおいて…

  • 再就職する場合絶対に書かなければいけない履歴書に関してですが、たいていは手書きではなく、パソコンを使って作るのが一般的となっています。現代の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で準備するというのが普通だと捉えられているようですが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトに関してであって、実は、転職のケースは履歴書や職務経歴書は100%パソコンで書いたものは駄目とは言えないのです。手書きの履歴書の方を高く評価する会社もありますけど、そうではない時が徐々に増加していていますので、パソコンで作成した履歴書でも良い会社はけっこうあるのです。
  • 転職活動をするいあたっては、あらかじめ、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりし・・

  • 転職活動を始める場合、まず第一に公式ホームページ、求人票、パンフレットなどで転職候補先の会社をチェックするでしょう。しかしながら、その会社が情報を公にする場合には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。そういった会社情報や社員のインタビューについては、それを事実として見るのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんなはずじゃない!」とあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、あれこれ言いがかりをつけて退社させないように謀っています。ブラック企業では、このようなことがかなりあります。
  • 初めて働いた会社で嫌な感じの上司に悩まされて、その…

  • 新卒で採用された会社で嫌で反りが合わない上司に神経を削られ、とうとう我慢することができなくなってその会社は辞め、同業者である別の企業に職を移しました。そこでは気分よく働くことができて本当に満足した毎日でしたが、緩やかに業績が悪化して、結局は経営統合されました。奇遇にもその統合先の会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、それどころか感じの悪かった上司が再び私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょうか。もちろんまた転職活動を始めるつもりです。
  • 派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはない・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたらすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職で気付かされました。私は結婚後、落ち着いたらできればすぐに子供を持ちたかったので、その時がくるまでのあいだ、1年半~2年ほどそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、年収は少なかったですが、仕方ないので家庭の時間のために、この道を選択しました。が、入社したあと、一緒に働く人たちの大多数が派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣であっても期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、ちょっと困っています。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを用いて、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

  • 転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。とはいえ、ベストの転職先を探すにあたっては、それに並行して転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加することで気になっている企業に関する情報を直接得られますし、また、説明員等を通じて、企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、面接に行くのと同じ覚悟を持ってしっかりと自分を売り込みましょう。その結果としてフェアに参加している間に、企業側から良い人材と見なされれば、後日応募して採用面接時に非常に有利となります。
  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、同じ…

  • これはシフトのある仕事についてです。特定の曜日に勤務できる人を募集している求人をよく目にするのですが、休み方やシフトの出し方については面接時に確認しておくべきです。それはどうしてかというと、私は過去に、出産のため休む人の穴埋めとして、正社員としての仕事をはじめたのですが、そこが「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の女性が土日は必ず出勤できる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返してみると異常な職場だったんだと思います。
  • 退職|今励んでいる転職する活動の際、「自分はこれまでず…

  • 転職する活動の際、「私は振り返るとこのような仕事に従事してきました」「過去の仕事によって、このような技術を身につけました」と自分の実績をしっかりアピールしようと考える人はときどき見かけます。ところが、希望する再スタートを狙う環境下で「機会があればこのようなことをしてみたい」「私があげたような業務なら貢献できるに違いない」と未来の姿を通して自己をアピールしていくほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • ここ最近の企業の労働環境の激しい変移をについて、働きざかりの世代の中・・

  • 昨今の労働背景が変化したことに際して、社会人の中で34歳ぐらいまでの若年層が特に注目しているようです。十中八九今後の転職とキャリアアップを視野に入れているのでしょう。なので、サラリーマン・労働者などの「流動化」が活性化しているので、より一層、この先、転職への関心が高まっていくはずです。このような事情から、労働者の転職は当たり前となりつつあります。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、「会社を辞めて転職」は若干ネガティブなイメージがあり、転職が思うようにいかず、困っていた人もあったのです。しかし社会の流れが変わり今現在の会社に執着する意味も必要性もますます無くなってきています。
  • 退職|転職を考え始めたときに、勤務中の会社を辞職してからという人もいるでしょう…

  • 転職をするのに、とにかく今の会社を退職してから転職しようと考える方もいますが、そのような場合には会社がいつボーナスを支給するかを見積もっておきましょう。ボーナスの支給がある会社はたくさん存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが振り込まれる時期まで少ししかないのなら、それを待ってから退職するというのも得策です。ボーナスはってかなりたくさんもらえると思うので、絶対もらったほうが良いと断言することができますから、退職をする際にはボーナスが支給される日について知っておくほうがもったいない思いをしません。
  • 退職|就職するため仕事探しをするときに気を付けたほうがよい求人の募集内容は、…

  • 転職のため職探しをする際に注意が必要な求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めというものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間という風に求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、月の中で残業が発生することが想定されるのではじめから給料に残業代を組み込んでおくということです。(注意・合法です)仮に求人に『みなし残業代30時間込』というのは、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料です」という求人になります。しかし、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』を表記していない場合もあるので、気をつけておきましょう。
  • 知っている人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職する先を探す人もいるでしょう。ですが、転職の先の労働環境、それと労働時間などの大切な部分を知人からの口コミだけを判断するのはあまりキケンです。なぜなら、ある特定の人の口コミは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。要するに友人にとって、働きやすい良い職場環境だったとしても、自分の価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という可能性があります。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最後は自分の目でしっかり確認しておきましょう。
  • 退職|もしも転職することが、今の会社にいる人たちがあなたが退職すると知ってしま…

  • 転職することを、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。今までの周囲との関係によっては、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、安易に転職のことを口にするのはお勧めしません。そういったトラブルを回避するため、仕事場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすれば、良い関係をギリギリまで維持したまま、最高の形で会社を辞めることが出来ます。さらに、トラブルなく退職できれば、転職後に、相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業界や規模に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりはとても大切なので、会社を辞める前のトラブルは控えましょう。
  • 転職とは、希望する企業とのやりとりというより、ある意味、「担当面接官」…

  • 最短で転職したい場合は希望する企業相手というよりもどっちかというと「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。しっかり採用してもらうために、はじめに肩の力を抜いて焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。お見合いをする姿勢で向かうと緊張がとけるかもしれません。また面接がはじまるとまず最初にあなたの内面的な素質を評価されるので悪い評価になるような身なりは注意しゼッタイに避けましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて綺麗に整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、かならず転職活動はかなり楽になります。