看護師のほかの仕事に転職の理由は人によりけりです。

看護師でありながらそれ以外の職に転職に至る原因は、人によりけりです。

  • 他の職に転職を決断する理由は、一人ひとり違います。看護師の転職には「職場環境に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚することで家庭環境の変化によって出産・子育ておまけに親の介護など、身近な家庭環境の種々の変化によって今までのようには仕事が難しい」「今の収入に大きな不満がある」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、落ちついてリラックスしながら現在の状況を客観的に見つめ直すことも重要です。「本当に転職する意味があるのか?」ともう一度考えたうえで決断してみてください。

  • 転職活動を予定しているのなら、今の職場の何が気に入らないのか・・

  • そのうち転職やることに当たっては、直近の仕事や業務での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。気に入らない点があるからこそ、転職したいと考えているのは分かります。でも「よく考えて現在の仕事や業務の客観的に考えた問題なことを列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。その次に転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできるでしょう。

  • 退職|転職時の面接で着用するスーツの色においては、新卒の方が就活の・・

  • 転職時の面接で着用するビジネススーツの色味については、新卒の方が就活の際にに身に付けている色が基本です。つまり、紺や黒といったダークな色味になるわけです。それは転職であっても、着用していくスーツのカラーはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが多数を占めていて、他の色のビジネススーツの人はほぼ見かけることはありません。あえて言えば、グレーを着ている方がわずかにいるほどで、ほとんどが紺系や黒系のスーツ派がほとんどを占めているので、会社側から見てもそういった色が違和感なく感じます。ですから、見た目の印象という面ではそのようにする方が好ましいわけです。

  • 退職|ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人がわりとよく見受けられます。何故そうかと考えてみるとおそらく気持ちも新たに、自分に合った会社を見つけたというのに、「自分自身の考えていた職場環境とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「ルールにどうしても慣れなかった」と考えて別の仕事を探すことが多いようです。でもこういった転職における失敗を繰り返さないために、まずは事前の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、通勤時間、などいろいろ前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • クールビズの格好をして再就職の面接に臨むときには、ジャケットま・・

  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接を受けに行く場合、ジャケットはさすがに羽織って出向くことはないとはっきりと断言できます。ですが、ネクタイは面接ではつけている方が印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認める企業もある可能性はありますが、ネクタイに関してだけは例えクールビズでも着用しなければならないと考えているところが一定数あります。そのため、例えクールビズの恰好でもネクタイだけは必ず着用して面接した方が悪い印象を与えることがないということを認識しておいてください。

  • 現在は、株・不動産投資をはじめとした不労所得や起業で頑張っている人も増えています。

  • 今のご時世では、株式・不動産投資の不労所得で稼いだり、個人経営 といった生き方も増えています。そういった世の中の背景もあり、「会社員以外は不安定だしキケン」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長時代においては、将来が不安定な株式投資や自営業者よりも組織の一員であるほうがずっと安定性にすぐれており、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、社会に認知されていました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」という名がいうらしいです。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • 派遣の会社に登録をしています。インターネットサイトの中で何の気なしに条件のよい仕事を見つけ問い合わせをしてみると「その仕事はもうすでに別の方が採用されました」と断られてしまい瞬間的にサイト上からお仕事情報が消えるのですが、翌日にチェックすると再掲載されています。これって結局私だとダメと言っているのですね。それであるならば初めからカドが立たないくらいに正直に教えてほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それとももしかすると存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

  • 近頃スマホを使えばわかるけどインターネットで見られる世界には…

  • どうもパソコンやスマホで調べればネット上では、いわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものが相当な数存在します。その無数のサイトから自分に見合った転職先と思えるのを見付けるために、何よりも情報が大事ですから収集が必要です。このような「転職サイト」をきっちり利用することで効率的な転職が叶えられるはずです。客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら厳しく確かめてみてください。

  • 退職|転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

  • 仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と思っている人が、近年増えています。ここ最近は転職サイトをうまく活用すれば、地方や郊外での求人情報にも手軽にアクセスできます。ただ、地方や郊外での求人の場合、都心のような選択肢は期待できないのがデメリットといえます。なので、転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも見逃さずにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。

  • 退職|「転職エージェント」は、一度登録すると、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。これについて初めて利用する人はとても驚くケースが少なくありません。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが業務だといえるので、非常に積極的な姿勢を見せます。とりわけ大手エージェントは、転職を完了させることで企業側からお金が支払われる仕組みといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることがよくあります。さらに、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定がでるとすぐに、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。対抗策として自身の気持ちをハッキリしておき、安易な妥協をしないように注意することが大切です。

  • 将来に目を向け、楽しんで再就職をすることができたら、…

  • 楽しみつつ、再就職と向き合えれば、精神的な負担が減少するので、転職期間中の堕落も回避できます。精神的な部分が健やかであれば、転職先も早くに見つかるはずです。お勧めなのは、休職期間をつくらず転職先を見つけることが大事です。現在の会社に勤めながら、新たな仕事を探すのが良いと思います。さらに、ブランクをつくらなければ仕事をやめても、すぐに働けます。こうしていれば、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴への影響も回避できます。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を考えていきましょう。

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職したあとの給料を気にしすぎる人が…

  • 転職しようと考えたとき、転職先での自分の年収について気にする人がそこそこ少数派でもないでしょう。誰もが仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐべく仕事を選択するはず。年収というのは自分がどれほど評価してもらえているか、という面もあるから大切と感じるのは無理もありません。とはいえ、必要以上に年収というものに異常にこだわりすぎるのも考え気がしませんか?よく見れば年収が期待できない業種でったも人間的な成長が遂げられる可能性が少なくないからです。

  • 退職|転職活動する場合、然るべき準備は必要不可欠です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも「ファッション」を気になる人が多くいます。ところが、ここ最近の、採用面接に関しては私服が多い会社があるので、ビジネススーツで臨まなくても良い場合があります。会社の設立したての新規の企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接をした方が、印象が良くなります。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすくなります。さらに私服であれば、面接の間に、洋服の話題に発展しやすいですから、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、転職するのなら、気になる企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 転職の際、「派遣社員」を選択しようと考えている人にぜひチェックしてほし…

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意していただきたいポイントが数点あります。一般的に派遣社員の業務については、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をのような仕事を想像してしまう人が多いはずです。私自身もかつてはそう思っていました。現在の職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、実際に仕事に就くと、抜けた正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明とは全く違うので毎日全くわからないような内容でしたので、現在は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、…

  • 今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されるなど、損をするシステムができてきましたが、まだまだ完璧ではないのが現状です。したがって、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらの項目を一点ずつ聞いてみましょう。「ブラック企業」の場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、その場での回答を避けるなど逃げ腰になるでしょう。「給与」「残業」「休日」については、質問をしつこくしていると、渋い顔をすることが多いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、入社は止めるべきです。

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、じっとしていれば給付されると思っている人がたいへん多いですが、それは誤りです。実際は、失業保険の給付を希望通りに受け取るためには、求職活動を続けていることが条件で、月に一度はハローワークに行く必要があります。月ごとにハローワーク職員との面談を行い、本気で仕事を探していることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。残念ながら、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、問答無用で給付してもらえなかったり、それ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう気をつけてください。