看護師でありながら他の職に転職を決断するキッカケ…

看護師という仕事の人のそれ以外の職に転職に至る理由…

  • 看護師のそれと違う仕事に転職に至る原因は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。どういう理由が多いかというと「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「出産、子育てそれに親の介護など、さまざまな環境の変化など、これまでと同じような仕事が難しい」「今の給与体系に不満を感じている」といったような悩みがあるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、落ちついて時間を掛けて再度、現状認識をしてみることもしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してみて、決断しておくと間違いありません。
  • これから転職をするに当たっては、今いる職場・業務の何が気に入らないのか…

  • これから転職活動しようと思うのなら、今現在の仕事や業務での不満に思う部分をリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とできてないです。元々気に入らない点が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。でも「よく考えて現状である業務や業務の不満なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は防ぐことができます。
  • 退職|転職の面接でいるビジネススーツの色合いは、新卒の就職…

  • 転職の時の面接で着用するスーツのカラーにおいては、新卒の就活に着用するカラーが暗黙の了解となっています。ということは、黒や紺のような暗い色合いになるわけです。それは再就職であっても、スーツの色合いはこういったような暗い感じのカラーが大多数で、他の色を着用している方はほぼ見かけることはありません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系の人がいるくらいです。大方は黒系や紺系がほとんどなので、人事から見てもそういった色であるほうが自然に見えます。ですから、第一印象という観点ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに…

  • このあいだ転職したばかりなのに、慣れもしないあいだに退職を決断する人がけっこう多いものです。それは私の考えではリフレッシュな気持ちで良い会社を手に入れたものの、「想像していた職場と大きくギャップがあって幻滅した」「雰囲気が受け入れられなかった」ということが原因で退職を決意することが多いといいます。可能ならばこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、とにかく事前の情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、給与システム、など多角的にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • クールビズスタイルで再就職の面接に行くときには、ジャケットに関し…

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接会場に行こうとする際には、ジャケットは着込まなくても良いと言い切れます。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうがイメージが悪くなりません。ネクタイもジャケット同様になしで良いと認める会社もある確率もあるにはありますが、ことネクタイについてはクールビズであろうと必ずつけて行く必要があると考える企業がそこそこ存在します。ですので、クールビズが良いと言われていたとしてもネクタイだけは着用いく方が悪い印象を与えないということは分かっておいてほしいです。
  • 今では、株式・不動産投資の不労所得で生活資金を得たり…

  • 今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得、あるいは個人経営 といった形で生きる方法も人気です。そういった社会的背景もあり、「会社員は安定がない」といった今までの見解も変わりつつあります。高度経済成長時代には、不安の残る株式投資や自営業者よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれていました。人生の「花形」として一般の人々に認知されていた。しかし、そんな時代は過ぎ去り、現在は、「成熟期」とも言い表されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。
  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。

  • このところ私は派遣会社に登録をしています。サイトの中でふと自分に向いていそうな仕事を探し出して確認してみると「その仕事はもう別の方で話が進んでいます」と返答され一瞬サイト上からもお仕事情報がなくなるのですが、なぜか翌日にそのページを見ると元に戻っています。それって要するに私ではダメと言いたいのですね。それであるならば変に隠さない程度に正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それともダミーのお仕事なのでしょうか?
  • パソコンやスマホを見ればネットのエリアには、今では転職に関連するサイトが…

  • 世の中は変化していてPCやスマホで調べればネットの世界では、要するに「転職に関するサイト」に類するものが多くて困るくらいあったりします。その相当な数のサイトから自分自身にピッタリの転職先と思えるのを見つけたいなら、最初は情報が大事ですから収集から始めましょう。このような転職サイトを上手く活用することで、スムーズな転職が叶えられるはずです。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」もありますが、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。
  • 再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

  • 再就職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」など、都市部から地方に移り住んで再就職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。最近は求人情報サイトを使用することで郊外・地方での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。ただ残念なことに、地方や郊外での求人情報は、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが事実、痛いところでもあります。といった性質上の問題があるので、転職サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもしっかりチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポート系のイベントについてもチェックすると良いでしょう。
  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すると、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。そのため何も知らずに利用しはじめた人はかなりびっくりすることが多いです。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事なため、大変積極的です。特に大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬を受け取る仕組みのため、転職する側の都合より企業の都合を優先させることがよくあります。さらに、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定がでるとすぐに、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように充分に注意しておきましょう。
  • 退職|楽しみつつ、再就職と向き合っていけば、精神的に重荷を感じることもないの・・

  • 楽しみを見出しながら転職ができれば、精神的な負担が減るので、転職活動の間の堕落も避けられます。また精神的な箇所が健やかであれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。オススメなのは、やはり、休職期間をつくることなく新しい職場を見付けることです。現在の会社に勤めながら、次の職場を探すのがベストだと思います。しかも、ブランクをなくせば仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そのようにしておけば、働いていない期間はできませんから、履歴にもキズがつきません。すなわち、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。
  • 退職|転職について考えた場合、転職先となる職場における給料ばかりに気を取られる人・・

  • 転職をする場合、そこでの給与ばかりに気を取られる人が案外いるようです。誰もがですから生活費を稼ぐべく仕事を選択するのはずです。ですから年収がいくらかは自分自身の評価という側面もありますから、とうぜん大切なのは当然なのですが、それにしても必要以上にもらっている年収額に気にかけすぎるのもさみしい気がするでしょう。収入に直結しない仕事であってもやりがいを感じられることがあるからです。
  • 転職活動する場合、準備はしなければなりません。

  • 再就職にあたって準備は欠かせません。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、「服装」を注意している人は多いでしょう。ですが、ここ数年の、採用面接については形式ばらない服装を許可しているところもあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に赴く必要がないケースもあります。とくに会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、お堅いルールもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。そして、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。そして私服だと、時には面接時に服装について、話が広がることもありますから、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。これから転職にトライするなら「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人に…

  • 転職で、派遣社員」で考えている人に覚えていただきたいポイントがいくつかあります。派遣社員の業務については、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をなどの業務をイメージされる人がおそらく少なくないとは思います。はじめは私自身もそう思ってました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応がメインです」と説明を受けました。ところが、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役を要求されました。とくに特別な知識もなく、当初の説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。とりあえず、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件についての取り締まりが強化されたり…

  • 最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、会社名が公開されたりと罰則もそれなりに強化されていますが、未だ完璧とは言い難いのが現状です。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。とりあえず、求人票などで労働条件をチェックし、それぞれの項目について堂々と質問しましょう。ブラック企業であれば、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。回答を避けるなど逃げ腰になるでしょう。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い表情を見せるケースが多くあります。それでも食らいつくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、入社を止めるのが無難でしょう。
  • 生涯初の失業保険の給付を受けるときに、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が…

  • 生まれて初めて失業保険を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が極めて多いですが、それは間違いです。実際には、失業保険をもらい続けるためには、仕事を探していることが必要で、さらに、月に一度はハローワークに行かなければいけません。毎月職員に求職活動の状況を報告して「この人は、きちんと就職活動をしているな」と判断されれば、翌月、保険が下りる仕組みになっています。これに対し、きちんと就職活動に取り組んでいないとみなされたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席したときは、ルールとして給付の一時停止となったり、酷い場合はそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために気をつけておきましょう。