派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関係・・

派遣で会社で働いています。労働契約法のおかげで不本意にも…

  • 派遣で勤務しています。派遣法の関連で長く務めてきた派遣先での勤務を終了しなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の企業で正社員としての契約をつかみ取った方もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらいが得意な人でそのおかげで採用されたように思えます。仕事を遂行するスキルよりも上司正社員転がしスキルが必要なのかなーと他の派遣仲間と毎日不満をたれています。

  • 退職|とある古物商の求人にて、書類選考に受かりました。すぐ…

  • とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格しました。その後相手方から面接の日時を教えてもらいました。しかしながら、当日、指定場所へ行ってみると、なぜか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。待たされたのち、所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、たいへんに面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接が終了しました。だが、予定日になっても結果連絡が一切来ず、しびれを切らし、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達でそこでもう一度問い合わせたところ「残念ですが不採用」ということで、そう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。私は呆れて言葉を失いましたが、正直なところ、不採用で良かったと思っています。

  • 退職|転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえるでしょう。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえます。大多数の企業は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を判断材料にして面接するかどうかを判断するため、とにかくこれらの書類の作成が大事といえます。内容の充実を図ることも重要です。「職務経歴書」では、過去の職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。さらに、現職の社内で挙げた実績を、残業を何時間減らして売上は何%増やした、など分かるように書いておきましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのために活用をはかることもよい転職をするための良い結果を導きやすくなります。

  • 求人関連の広告には、まともな職場では月収の記載に目が行きますよね。

  • 求人関連の情報では、大部分の企業では月収の記載に目が行きますよね。ただしこの部分を見る際は、注意して確認する事が欠かせないです。数字だけを見てわかってしまわないほうが無難です。案件によっては、月収の内訳で「毎月15時間分の残業」が条件になっているかもしれません。何が問題かというと残業代を含めて魅力的な案件のように見せかけ、募集している所があるからです。そのほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。その手の表記された数字どおりとなる見込みがない会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

  • 退職|今から転職活動をするのなら、良いと思う求人(職種)を見た…

  • 転職活動のさなか、良いと思う求人(もしくは業界)を見るたびに必ず「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や転職エージェントでは、まずその業界のマイナスとなる面は、アドバイスしてもらえません。インターネットで調べればインターネット検索を通じてすぐに現実を知ることができます。そういう検索をしないまま、入社した場合、のちにしっぺ返しを食らうおそれがあります。だいたいその求人が出ていた理由が「業務内容が厳しく、人が辞めて穴が開く」というケースも多いので、目に留まった業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

  • 退職|転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を使うほ…

  • 転職期間中は、趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。再就職先が決まり、仕事復帰した時に、趣味に夢中になっていたおかげで無意識の間に集中力が高まっているのです。さらに体力アップが図れていることで、その場の社員さんたちと比べるとスタミナがあるということを認識します。というわけで、退職して次の仕事を始めるまでは興味のあることに没頭することと、体力アップを図ることをしておいて損はありません。転職後、同じ会社内で共通の趣味の人と知り合えたのなら、話題に花が咲くので、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 退職|たいていの場合は一流企業は「定期採用」がメインなので・・

  • 一般的に大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は中々難しいものです。しかも地方でとなると転職の見込みはとてもきびしくなります。ただ、「製造業」関連の場合であれば、地方の工業団地近辺に工場を構えていることが可能性があります。そういった地方の工場に的を絞れば、事業拡大などの際に「途中採用」をしていることが多々あるので、その好機に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、希望する会社についての情報をまえもって収集しておきましょう。その会社のホームページをチェックし、求人がないか忘れずに確認してみてください。

  • 退職|以前は求人情報には、雇用主が必要とする「性別」につい…

  • 一昔前の求人情報には、募集要項の中に「性別」まで、明確に書かれていました。けれど今現在では、男女雇用機会均等法によって、男女の求人や、採用での差別をあってはいけないルールが決まり、応募条件内に「性別」が無記載となりました。とはいえ、募集情報を出す側は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。実際に、男性を必要な案件に女性が応募したり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してくる、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。例えば、「女性が活躍している仕事場です」という内容の求人募集は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と捉えておいたほうがトラブルを避けられます。

  • 転職する場合、いろんな手段で情報を収集することが多いと思います…

  • 転職活動を開始するとき、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは絶対に利用すべきです。過去に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の腹いせでそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の見方をすると、投稿の内容が嘘であれば、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。でも、実際には『クロ』で「これではいけないと思い、なんとか火消ししたい」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上によって注目されるので黙認しますが、よくない口コミが多いというのは、その分トラブルに遭遇する可能性が高くなる、と捉えておいて問題ないと思います。そもそも、善良な会社だったらトラブルは起こりませんから。

  • 退職|人生初の転職をする場合、頭に入れておくべきなのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかにつ…

  • 最初に転職をするのであれば、心がけるべきことはなぜ今の仕事を去るのかについて頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。そして問題を解決できそうな会社を決めるのです。転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、働きつつ、就職活動を続けていく必要があるため、時間と体力が必要です。したがって理由が明確にされないまま転職活動を開始した場合、途中で挫折してしまう危険があります。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがない場合は、転職活動を行うのはやめておくのがいいでしょう。

  • 再就職の面接での身なりはクールビズでも大丈夫ですよと記載されているケースもあるようです。ですが…

  • 転職をする際の面接で企業側からクールビズでも大丈夫ですよと事前に言われる時もあります。ですが、クールビズで面接を受けるのは実際は印象が悪いのではないか?と感じてしまいます。クールビズについての迷いを抱え込んでしまっている方に進言したいのは、会社側からクールビズで来るように言われた面接に関しては伝えられていることをそのまま行動に移したほうが堅いです。混乱してしまい、真夏であるのも関わらずスーツをびしっと着ると相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズでも大丈夫というわけです。

  • 転職先を探している間は、ついつい時間に余裕がある分…

  • 転職活動中は、どうしても、時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。けれども、そうした過ごし方を常習化させるのは危険です。言うまでもなく、だらけてしまった生活を続けると、「心」にも問題が出てくるからです。徐々に、働く気力がわかず、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。そうして、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の仕事が決められません。転職先をハッキリ決められないのは、お金を一番に考えてしてしまうからです。お金を第一に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活をするためにも、ダラけた姿勢は、止めておきましょう。

  • 職を変えた場合には、高い確率で前の仕事での記憶は大方、美化されます。

  • 仕事を変えた際には、大体の場合、前の仕事は美化された記憶となります。本当のところ今の待遇に問題点があるから、それを解決するためにせっかく再就職したはずなのに、気がつくと、転職した会社よりも「前の仕事のほうがマシだった」と感じることが増えてきます。というのも当然のことで、以前の職場では日々の業務を把握していて、今よりも苦労なく与えられた業務も淡々とできていたから、根底にあるはずです。でも、「やっぱり転職などするべきでなかった」と真剣に悔やむほど、以前の職場の方が職場環境や高く評価されていた場合があります。

  • これから転職活動を始める際に次の仕事をする前にある程度期間があるのな…

  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては会社が社員に雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。ちなみに、失業手当の金額は会社の辞めた月の給料を基準に失業手当の金額を算出されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件です・・

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。給付期間は、これまでの勤続期間によって変わり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、中にはこれを知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると思い込んで「失業保険をもらえるあいだは遊びにつかう」という人を見かけますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで就職先を見つけようとしても条件のよいところを見つけるのは難しいです。転職先の面接官もアホウではないので、失業中に何をしていたかといった点はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。もしかすると、面接担当者からその手の質問をされることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、不合格となるでしょう。

  • 退職|ずっと接客業で仕事を行ってきましたが、年齢を重ねると共に…

  • 長年にわたり接客関係で務めていたのですが、年齢的に座ることのできない仕事は体力的にハードなため、座って仕事を続けられるオフィスワークへお仕事を変えることを志して行動を起こしました。事務の経験がないと少々難しくて、接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も合格し個人の病院に転職することができました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係が大変。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業で働いていた時より帰りも遅いのですが、最初はキャリア形成をするんだと思って仕事を続けます。