派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法の関連…

退職|派遣として働いています。派遣法とかのからみで残念なこと・・

派遣で働いています。労働契約法により残念ですが馴染みのある派遣先の会社での仕事があと数か月で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣の勤務先から直接雇用のポジションをつかみ取った方もいるのですが実際のところ仕事の実力というよりは派遣先の上司へのあしらいが上手な人で引き立てがあった模様。仕事を遂行する能力よりもおじさん転がしの能力の方が大切なんじゃないのと抜擢されなかった派遣仲間の友人と勤務先でいつも文句を言っています。

退職|とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格しました。す…

とある古物商の会社で、書類選考をパスしました。2、3日して相手方から面接の日時を指定してもらいました。それなのに、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待って、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、非常にやる気のなさそうな態度を見せて、ひとまず面接を終えました。予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでそこで再度問い合わせたところ、「結果は不採用でした」、とその直後、電話を切られてしまいました。しばらく言葉を失いましたが、素直に、採用されなくてよかったです。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。

転職活動の際には「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。企業の大多数は履歴書や職務経歴書の記載内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、とにかくこれらの書類が大事なアイテムです。ただ文字を書きさえすればいいというわけではなく、内容が魅力的であることも大事です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り記入します。また、現在の職務で挙げた実績を、売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく書くのが得策です。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも転職を成就するための有益な方法です。

求人についての情報を見てみると、ほとんどの場合、たいていの株式会社…

求人広告には、ほとんどの場合、たいていの会社では月の給与の記載に目が行きますよね。この月収の部分をチェックする時には、深く確認する事が大事です。その値だけで判断しないほうが良いです。案件によっては、月収の金額の内訳に「毎月20時間分の残業」を含んでいるかもしれません。何が問題かというと残業代の金額をあえて含めることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられます。また、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる所もあったります。だから、このような「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。

退職|転職活動をしているなら、気になる求人(もしくは業種・・

将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(もしくは業種)を見るたびに絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票や転職エージェントの情報では、その業界に関するマイナスとなる面は、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、インターネット検索を通じてカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そうした実態を理解しないまま、入社してしまうと、後々に痛い目にあいます。だいたい求人が出されていた理由が「内容がきつく、人が定着してくれない」といったケースがかなり多いため、気になった業種について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

退職|転職期間中は、自身の趣味に没頭したり、体力の向上を意識してお…

転職期間では、趣味に打ち込んだり、体力の低下を招かないようにしておくと良いです。会社が決まり、いざ仕事復帰した際に、趣味に没頭していたおかげで知らないうちに集中力が高められます。そしてまた、体力アップしていることで他の社員と比較するとスタミナがあると認識します。そんなわけで、退職してからの生活は、趣味に集中することと、体力を維持させるように努力をしておくのがおすすめです。この先、働き出した会社で共通の趣味の人と知り合えたのなら、直ぐに親しくなることができるので、趣味を極めることが転職期間中の時間の有効活用となります。

大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、…

たいていの場合は大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。そして、市外地でとなるとその可能性がたいへん低くなります。しかし製造業の会社の場合には、地方の工業団地などに工場を持っていることもとても多いです。さらに、そういう工場なら、事業分野の拡大とともに「中途採用」をしているので、そういったチャンスに転職を考えるのが良いでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する企業についての予備知識を把握し、その会社のホームページをチェックし、人員募集の有無など、しょっちゅう確認すると良いでしょう。

以前は求人誌には、雇用主が必要とする人材の「性別」ま・・

数年前の求人誌には、募集条件の中に「性別」について、書かれているのがほとんどでした。ところが今現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女の求人・採用差別をしてはならないという決まりになり、求人情報に「性別」が記載されなくなりました。けれども、募集を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。そのため、本当は男性必要な案件に女性が募集にやってきたり、女性が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルも無関係ではありません。もしも、「女性が活躍している仕事場です」と記載される案件の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と考えると無難です。

転職活動を行う際、いろんな手段で情報を得ることが多いと思います・・

転職活動を行う場合、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しないと損です。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の報復としてそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、裏を返せば、ウソばかりの投稿だったなら、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。しかし、真実はクロで「真実が書かれているので、一刻も早く火消ししたい」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いということは、その分関わったらトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと捉えておいて問題ないと思います。そもそも、善良な会社だったらトラブルは発生しません。

退職|最初に転職を行う際、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を去る必要があるのか・・

人生初の転職をするのであれば、注意すべきことはどうして現在の仕事を辞めたいかを明確化しておく必要があります。その理由の有無が転職の今後を決めるといっても過言ではありません。その後問題を解消できるであろう企業を選ぶことになります。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、働きつつ、就職活動をやっていくことから、時間と体力が必要になります。したがって理由がはっきりしないまま転職をしようとしたら、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強い気持ちがないあいだは、転職活動の開始はやめておくのがいいでしょう。

転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで来てください・・

再就職の時にする面接では企業側からクールビズでお越しくださいと書かれている場合もありますが、なかには、クールビズの格好で面接するのは実際は悪い印象を与えるのでは?と考えてしまいます。クールビズに関する不安を抱えている方に進言したいのは、企業側からクールビズで来るように言われた面接の際は書かれていることをそのまま行動に移したほうが大丈夫です。色々迷って、真夏であるのも関わらずスーツをびしっと着ると相手に暑苦しいと思われます。ですから、クールビズで来てくださいと記載されていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

転職期間ではそんな風に過ごすつもりもないのに時間があるた・・

転職先を探している間は、無意識のうちに時間がある分、ダラダラと過ごしてしまいがちです。が、そのような生活をするのはお勧めできません。人というのは、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響があるからです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金が回らなくなって困ってしまうかもしれません。そんな状態になると、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、転職をしたい会社が見つからなくなります。転職先を決めることができないのは、もらえるお金を第一に考えるようになるからです。給料を一番に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラケタ生活は、止めておきましょう。

転職後は、高い確率で前職は大方は美化された記憶となります。

職を変えると、高確率で以前の会社の仕事のたいていの記憶は美化されます。実際には現在の職務に合っていないと思ったから、次の仕事を見つけて転職したはずなのに、気がつくと、不思議と転職した会社よりも「前職のほうが良かった」と感じます。極めて普通のことで、前職は業務に慣れていて、楽に毎日の仕事もあっさりとできていたのも根底にあると思います。その一方、「やっぱり退職などするべきでなかった」と心底感じるほど、過去のほうが人間関係や自分に向いていた場合もあります。

転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合・・

転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方は必ず「失業手当」をもらっておきましょう。これは勤めている企業側がもし「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取れます。手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の近々の給料を基に手当の額を計算されるので、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

失業した人がもらえる失業保険は、失業中でなければもらえません…

失業した際に給付される失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、永久にもらえるわけではありません。離職時までに勤務していた期間に応じて変動し、90日とか120日とか決められるのですが驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから焦って就職先を探しても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。面接に応じる担当者も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった箇所はだいたいバレると思っておくべきです。もしかすると、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、採用されることはまずありません。

退職|長く接客業で務めていたのですが、年齢的に立ち続けなければいけない仕・・

長きにわたって接客業で務めていたのですが、加齢のせいか立ったままの仕事は体力的に難しくなったため、座り仕事である事務の仕事への転職を第一目標として行動しました。事務の経験がなければなかなか難しくて、だから接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしたいと資格も合格して個人医院に転職しました。ベテランのパートさんばかりに囲まれて人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰る時間も遅いのですが、最初の頃はキャリアを形成する時期だと受け入れて頑張ります。