派遣先が決まりました。勤務の初日に営業担当の方と派遣先の会社近く…

派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣先が決まりました。就業1日目に派遣会社の営業の担当者と就業場所の近くにあるコンビニで落ち合うことになっていたのですが、担当者がどういうわけかコンビニの前にいなかったので店の中にいるのだろうと考えコンビニエンスストアの中に入ってみると、担当者はこともあろうに雑誌コーナーの前にしゃがみ込んでいやらしいグラビアのところを開いて読んでいるではないですか。自分の担当者がここまで酷いのは勘弁だと思って、挨拶することもなく気付かれないようにコンビニの外へ出てすぐに派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

新しい職場で、今までに培ってきた資格やキャリアを発揮できれ・・

新たな勤め先で今までに培ってきたキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力として迎えられ、じきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。同時に会社側も、そういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ問題なければ、難なく事が運びやすいといえます。しかも、以前の働いていた仕事と似ている仕事なら転職自体は簡単にいくはずです。ですが、そこそこ能力があるといっても一流企業の事務系、公務員などは、時代に関係に左右されることなく相当な難関になることを覚悟しておいたほうが良いです。

雇用期間中は、極力会社内の人に悟られないよう、(私の場…

在職中には、状況が許す限り、社内の人間にバレないように(私の経験談ですが)在職期間中に転社する意思表示のみを早い段階で周りの人間に言ってみたことがあります。でも、その後求人を散々あれこれ見ていったものの、結局は就職のあても転職時期すら何も決まらずダラダラ時間が過ぎてしまいました。そしてその一方、社内では業務の引き継ぎや手続き、自らの退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験し、次の就業先を再度探しました。

転職活動を行っていると面接のときに必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていると面接で間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、隠さずに伝えてもOKですが、これとは異なり「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。転職理由でよくある報酬に関する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、採用担当者に悪い印象を持たれるものです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、かなり慎重に質問してきます。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。さらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えてみましょう。

再就職の面接のときにする腕時計に関しては、どう見ても目を惹くよう・・

転職する際に行われる面接でする腕時計については、ビジネスの場らしからぬ派手なタイプの腕時計は着用しないほうが最善といえます。この場合の目立つという意味は高級ブランドの腕時計とか、反対に、明らかに安っぽいものに見えてしまうとか、そういった意味であって真逆で目立つのだと覚えておきましょう。面接のときの腕時計というのはポジションとしてはネクタイやスーツと同様の考えで、面接にふさわしい適切なものをつけた方が悪い印象にはなりません。ただ、歳にあった腕時計というのも肝心であって、新卒の時に着用していた腕時計よりはほんのちょっとでも高級感のあるものにした方が良いと言えるでしょう。

このような話は知り合いから聞いた話です。

こうした話は兄の友人から聞いた話です。就職活動を始めて新卒採用で絶対に入社したかった憧れの対象であるA社で行われた最終の面接で不採用になり、後に他の会社で働くことになりました。そのあと1年経たぐらいに派遣の求人サイトをチェックしていた時偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなって当時の会社を直ちに辞めて、派遣社員としてA社で働き始めました。勇気がありますね。死ぬ気で頑張ってその先予定通りにA社で正社員登用されて、現在は仕事のやりがいを感じつついきいきと仕事しています。

退職|昔から”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

昔から「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、昨今、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。とはいうものの、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。転職しようと考えるなら、大切なのはタイミングです。まず第一に、現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服点を少なくとも5、できれば10個ほど、探しておきましょう。こうした作業をしておくことによって、将来の再就職に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時には尻込みせず、よりキャリアアップできるように、頑張っていきましょう。

今と違った会社に入りたいと転職をする活動をしている場合は…

いい職場に入りたいと転職を希望する大半は、「ほんのちょっとでもはやく、内定(採用通知)が欲しい」と考えてしまいがちです。しかし、それで内定ほしさのばかりに、自分の能力について、嘘の申告をしたり、その反対に自分を安売りするようなことは、ぜったいに避けておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちは抑え、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を見極めましょう。

今ある自分のスキルや資格を有効活用しつつ、就職活動したいと思っているなら・・

今ある自分のスキルを有効活用しながら、転職活動をするつもりなら、比較的、転職がしやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を認識しておきましょう。すんなりと転職がかなう職種としては、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」の分野が代表でしょう。医療・介護の分野では看護師や介護士の資格が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、仕事がきついからと他の業界へ転職したいと思っているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですから、安易に考えないことが大切です。異業種への転職される場合は、「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

私たちの社会的環境において、将来、徐々に単純な仕・・

将来、労働力という観点において今以上に考えなくてもできる仕事は機械で対処されるようになり結果、稼働人口はどうしても削減されます。なぜかというと単純労働では、人が作業するよりも機械を稼働させたほうが数段に能力が高いからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動きを繰り返したりすることは機械には何の苦もありません。もちろん人間とは違って不平不満を言わないし、疲れないし、ずるもしない、早いし均一だし、加えて、人と違って「人件費」も発生しません。わざわざ労働力として人間を使う意味が無いため、機械に移行していくのも当然といえます。

キャリアップしたいと思い割と多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

自らが勤め口を探していたころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルが驚くほどまちまちでほぼいまいちだと感じる人でした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと誠意を込めて臨んでほしいという気持ちが高まってきてしまいました。それが発端となりキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。資格取得は支出が増えました。また勉強面に関してもきつかったのですが、就活中の人たちから頼られる存在になるべく努力しています。

退職|再就職する場合絶対に準備する履歴書などに関してですが・・

再就職しようとする際に絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などについては、大方、手書きではなく、パソコンを用いて作るのがほとんどです。今の日本では履歴書はパソコンではなく手書きで準備するというのが当然だと考えられていることも多いですが、それは新卒に関する就活やアルバイトの際に用意する履歴書であって、実際のところ、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は100%手書きでないといけないとまでは言うことはできません。手書きの履歴書の方を良しとするところもあるようですが、そうじゃない会社がずっと多くなってきていますから、パソコンを使って作成したものでもOKな企業はたくさんあるのです。

転職活動を始めるとき、まず、求人票・パンフレット・ウェブサイトなど…

転職活動を始める場合、前もって、ウェブ上の求人サイトを見たりして気になる会社を調査するとは思います。とはいっても、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。そのようなそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、額面通りではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。もしも額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、あれこれ理由をつけて辞めさせないように画策しています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

就業していた会社で性格のきつい上司に頭を抱え、最後・・

就業していた会社で嫌な上司に困ってしまい、その結果やっていくのは難しいと判断してその会社を退職し、同じ業種の別の企業に職を変えました。そこでは居心地よく仕事ができてきわめて満足の毎日でしたが、ちょっとずつ業績が悪くなり、ついにはある会社に経営統合されることとなったのです。そしてその統合した会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、おまけに大嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どうしてこんな縁があるのでしょうか。当然ながら再び転職活動を開始する予定です。

退職|時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経っ…

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経ったら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと転職したことで気付かされました。私は新婚生活に慣れたらすぐにでも子供を持ちたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、1年半~2年くらい今の部署でそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員であったために、収入は少なかったですが、それでも家庭の時間が得られるのでガマンしました。しかし、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほぼ全員のスタッフが派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。たとえ派遣であったとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、困ってしまいました。

転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動する人は年々増えています。

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。とはいえ、転職活動の成果をもっと高めたいなら、その上に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加されれば複数の企業の情報に触れることができ、同時に、スタッフの言葉遣いやマナーから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、面接と同じ緊張感を持って自身をしっかりアピールしていきましょう。フェア中に、企業側(の担当者に)認められれば、後に採用面接時にかなり有利になると期待できます。