派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のおか・・

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法の関・・

派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連で不本意にも長く務めてきた勤め先での勤務が終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先から正社員の待遇を得た人もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事の実力とは関係なく派遣先上司へのあしらい方が上手な人で引き立てがあった様子。業務上の能力よりも上司正社員を転がす能力の方が肝心なんだねーと選考に漏れた派遣仲間の友人といつも愚痴っています。

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をクリアしました。すぐ・・

とある古物商にて、書類選考に受かったので、担当者から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、当日、時間通りに行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。待っていると、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、終始驚くほどだらしのない態度で迎えられ、淡々と面接は終わりました。しかしながら、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、ガマンできなくなり、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。そんなわけでふたたび、質問したところ、「残念ですが不採用になりました」、とこちらが話す隙もないまま電話が切られてしまいました。呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、素直に、不採用で良かったと痛感しています。

退職|転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必須だとされています。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が必要不可欠になってきます。会社の大部分は履歴書と職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを判断するため、とにかくこれらの書類が重要なポイントです。ただ穴を埋めることにとどまらず、内容の充実を図ることも大切です。「職務経歴書」では、過去の職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴りましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが得策です。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値を高められるように活用をはかることもよい転職をするための有効な方法です。

求人についての情報を見てみると、大部分の場合はまともな企業で…

求人についての情報では、大部分の場合はまともな企業では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。だけれどもこの月収の部分を頭に入れる時には、注意深く確認する事が必要です。数字だけ見て判断してはいけません。実はもしかすると、月収の額の内訳で月30時間残業の場合を含んでいるかもしれません。それは残業代の金額を入れることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられます。また基本給プラス歩合給で、歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性が考えられます。ですから、そうやって「不誠実」極まりない案件は、スルーしておくのが無難といえます。

今後転職活動をするのなら、気になった求人(業種)があれば・・

あなたが転職活動をしているなら、良いと思う求人(もしくは業界)を見た際にきちんと「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界のマイナスにあたる箇所は、知らせてもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索を通じてカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そのような実態を理解しないまま、入社した場合、あとからしっぺ返しを食らうおそれがあります。だいたい求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人が定着してくれない」ということも多いので気になる業種や案件に関しては、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やすことに加…

転職期間では、自身の趣味に打ち込んだり、体力の低下を招かないようにしておくと良いでしょう。会社が決まり、仕事を再開したときに、趣味に興じていたことでいつの間にか集中する力が高まっているのです。加えて、体力アップが図れていることで、他の社員さんたちと比較すると疲れない体になっているということを認識します。ということで、退職して転社先が決まるまでは趣味に打ち込むことと、体力をアップさせる努力をしておくのがベストです。転職後、同じ会社内であなたと同じ趣味の人とめぐりあうことができれば、話題に花が咲くので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

たいてい大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから…

一般的に大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職希望者には向いていません。また、都市近郊部~地方となるとそのチャンスはとても厳しくなるでしょう。しかしながら製造業の企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地などを工場を持っていることも多々あります。また、そのような地方の工場なら、事業拡大などの節目に「中途採用」を行っているので、その機会に転職も悪くないと思います。地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する会社についての予備知識をあらかじめ仕入れておきましょう。ホームページを覗いて、スタッフの募集予定はないか、ちょくちょくチェックしておきましょう。

退職|昔の求人誌には、「性別」が当たり前のように記載されていました。

以前は求人誌に雇用側の希望する「性別」がハッキリと記載されていました。しかしながら、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が採用時にないようにしないといけないという決まりになり、求人情報の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。そのような変化があったのですが、求人を出す側としては、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。そんなわけで、本当は男性が欲しい業種に女性の応募が殺到したり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。仮に、「女性が活躍している仕事場です」と紹介されていたら、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と解釈しておいたほうが良いといえます。

退職|転職活動を行うとき、いろんな方法で情報を収集することが多いと思いますが、…

転職を行う場合、いろんな手段で情報を集める人が大半だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の報復としてその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、投稿の内容が真実でなければ、会社としては気にする必要はないはずです。しかしながら、現実は『クロ』で「このままではいけないと考え、早く火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。口コミサイトも囃し立てることで注目されるので黙認しますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生する可能性が高くなる、と判断して良いはずです。そもそも、いい会社にはトラブルは起こりません。

退職|人生ではじめて転職を行うなら、気を付けなければいけないの…

人生で初めて転職をするにあたって、気を付けなければいけないのはどうして現在の仕事を去るのかをはっきりしておくことだと断言できます。その理由が根本問題なので、やっておくのが無難でしょう。問題を解決できそうな会社を選んでみましょう。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、今の仕事を継続しながら就職活動を行っていくことから、時間と体力が必要不可欠です。それがために問題の明確化ができていない状態で転職活動をすれば、途中で行き詰まってしまう可能性もあります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいという強い気持ちがなければ、転職活動を始めるのは、やめておきましょう。

職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズでも大丈夫で・・

職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズで良いとと書かれていることもあります。ですが、なかには、クールビズで行くのは実際は悪い印象を与えるのでは?と思ってしまいます。そういう悩みを心に抱え込んでしまっている人たちに申し上げたいのが、会社側からクールビズでも良いとされている面接時は言われたことをそのまま守った方が安心です。悩みすぎて、真夏でありながらしっかりとスーツを着ると不自然なイメージを持たれてしまいますから、クールビズでお越しくださいと書かれていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

転職を決めるあいだは、そういう風にしたいわけではないの・・

再就職先を探している間は、無意識のうちに時間に余裕があるため、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。が、そのような過ごし方は避けたほうが賢明です。言うまでもなく、緊張感のない、だれた生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響があるからです。時間がたてばたつほど、働く意欲を失い、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。そうすると、負のサイクルができてしまい、転職先が見つからなくなります。転職先を決められないのは、お金を第一に考えるためです。給料を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラケタ生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

仕事を変えると、高い確率で以前の仕事のほとんどの出来事は美化されます。

転職した際には、高い確率で前の仕事での出来事は美化されます。そもそも現在の会社に合意できないから、良い方向に進みたいとやっと退職を決め、転職することになったのに、いつしか不思議なことに新しい会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と感じる機会が増えてきます。というのは自然なことで、以前の職場では仕事を把握していて、今よりも苦労なく日々の業務ができていたからというのがもっとも大きい理由ですが、ですが、「辞めるべきではなかった」と心底思うほど、前職のほうがやりがいも環境がいい事も考えられます。

退職|これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに期間がある場合…

転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、ぜひ「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。勤めている所属する会社が雇用保険を払っているところであれば、誰でも失業手当を手にできます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合や残業時間によってはただちに受け取れることもあります。このときの、受け取れる失業手当の金額は会社で最後の勤務月の直近の給料を基準にして手当の額を算出されるため、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になります…

失業したときにもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、驚くことにこれを知らずに失業中である限りもらえると勘違いして「失業保険が給付される間は遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦って仕事探しを開始しても好条件の仕事を見つけるのは難しいです。面接に応じる担当者もアホウではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかについてだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、面接官から失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。しどろもどろになると採用されることはまずありません。

長期間接客関係で務めていたのですが、歳をとると共に立って行う仕…

長年にわたって接客業で務めていたのですが、歳をとるにつれ立ったお仕事は体力的につらいため、座り仕事である事務の仕事へ転職することを第一目標として行動しました。事務の経験がないとなかなか厳しく、それなら接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしたいと資格も合格して個人の医院に転職することができました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜のシフトばかりさせられて、接客業時代よりも帰りも遅いのですが、とりあえずはキャリアの形成時期だと諦め頑張ります。