派遣で勤務しています。派遣法とか労働契約法のからみ…

派遣で働いています。派遣法の関連で残念ながらずっと働いてい…

派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法の関係で不本意ですが長い期間働いた企業での勤務を終わらせなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣先の会社から直接雇用のポストを手に入れた方もいるのですがそれは正直に言うと仕事の腕とは関係なく派遣先上司の扱いが上手な方でそのおかげで採用されたみたいです。仕事ができるかどうかよりもおじさんにゴマをするスキルの方が大切なんじゃないのと選考に漏れた派遣仲間の同僚と派遣先の会社で愚痴を言う日々です。

退職|ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。そ・・

とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。すぐに面接の日時について先方から連絡をもらい、けれど、面接日当日、指定場所まで行ってみると、なぜか全く面接が予定されていませんでした。ようやく、所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、始めから終わりまで、非常にけだるい表情を見せ、淡々と面接が終わりました。だが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、こちらから問い合わせると「郵送で今日、送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なのでそんなわけでまた問い合わせたところ、驚くことに、「残念ですが不採用とします」、とすぐに電話を切られてしまったのです。あまりのことにしばらく何も言えませんでしたが、本心から、不採用で良かったと痛感しています。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必須です。会社の大多数は履歴書や職務経歴書の記載内容によって面接するかどうかを決めるため、なによりもこれらの書類の作成が大切です。ただ記入するだけでなく、内容の魅力化を図ることも大切です。職務経歴書は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出します。さらに、現在の会社で挙げた実績を、たとえば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく記しましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのために転職エージェントを利用するのも良い結果を導きやすくなります。

退職|求人情報にはほとんどの場合、普通の職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。

求人についての情報では、普通の企業では月の給与の記載に目が行きますよね。だけれどもこの月収をチェックする時には、注意して確認する事が大事です。その数値だけでわかってしまわないようにしましょう。ひょっとすると、月収の中に月30時間残業の場合が含まれているかもしれません。そういうことは残業代を入れて金額が高く見えるようにしている所があるからです。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性も考えられたりします。こうして可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

退職|転職活動しているとき、気になった求人(あるいは業種…

転職活動のさなか、良いと思う求人(業界)を見付けるたびに必ず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナス面について教えてはもらえません。インターネットで調べれば簡易的なインターネット検索によって一発で実態を知ることができます。そうした面を知らずに会社に入ると、後々に痛い目にあいます。そもそもその求人が頻繁に出ている理由が「仕事内容がキツイからすぐに人が辞めてしまう」という場合も多くあります。気になった案件について、下調べをした上で応募しましょう。

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え…

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力づくりを意識しておくと良いでしょう。採用が決まり、復帰した時に、趣味に没頭していたことで、無意識のうちに集中力が養われています。さらに体力アップしていることでその場の社員さんと比べると疲れない身体になっている、と認識します。なので、運動なども取り入れて体力を落とさないようにすることをしておいて損することはありません。再就職先が決まり、働き出した会社であなたと同様の趣味を持つ人と知り合えたなら、話題に花が咲きます。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

退職|一般的に見て大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

たいてい一流企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には適していません。そして、地方ではそのチャンスがきびしくなります。例外として、「製造業」に関連する企業であれば、地方の工業団地のあたりに工場を置いている多々あります。また、そういう工場なら、事業分野の拡大などの際に中途採用することも珍しくありません。そういった機会を利用するのがベストです。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する会社の情報をあらかじめ仕入れておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人がないかこまめに確認してみてください。

数年前は求人誌には、募集要項の中に「性別」が、明記されていました。

数年前は求人情報に「性別」が記載されているのがほとんどでした。しかしながら最近では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女差別が雇用の際にあってはいけないルールができて、募集要項のなかに「性別」が無記載となりました。ですが、募集を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。実際、本当は男性が必要とする案件に募集に女性がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してくる、といった問題も無関係ではありません。例として、「女性が活躍できる職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と認識したほうが良いでしょう。

転職活動を行う際、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、…

転職活動を開始するとき、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトはぜひとも利用すべきです。以前、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めさせられた社員の報復によってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の視点から見れば、ウソの書き込みだったなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。あるいは、本当は『クロ』で「これではいけないと思い、早く火消ししなくては!」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することで有名になるメリットもあるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分入社してからトラブルに遭遇する確率が高い、と捉えておいて問題ないと思います。何より、本当に善良な会社であれば煙は立ちませんから。

生まれてはじめて転職をするにあたって、忘れてはならないの…

人生で初めて転職をするにあたって、重要なのはなぜ現職を辞めなければいけないのかをはっきりしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが賢明でしょう。問題を解消してくれそうな会社を決めてみてください。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、今の仕事を行いながら就職活動をするので、時間と体力がなければやっていけません。だからこそ明確な理由もない状態で転職活動を行った場合、途中で行き詰まってしまう場合があります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいといった強い意志がない場合は、転職活動をスタートするのはやめておくのが賢明です。

退職|再就職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよ…

再就職の面接においてクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来るケースもあります。ですが、クールビズで面接に行くのは駄目なのでは?と感じてしまいます。そういう悩みを抱え込んでしまっている方々に伝えたいのは、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接においては伝えられていることを実行したほうが無難です。悩みすぎてしまい、夏の真っ盛りの時期にスーツをびしっと着用すると自然ではありません。ですから、会社側からクールビズでもOKと言われたらクールビズで良いのです。

転職の間は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため・・

転職期間ではどうしても、時間が有り余っているため、だらけてしまいがちです。けれども、そんな過ごし方を常態化させてしまうのは危険です。なぜならば、緊張感のない、だらけた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響があるからです。やがて、仕事をしようとする気力がなくなり、お金に困ってしまいます。こうして、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、再就職先をうまく見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしてしまうからです。もらえるお金を一番に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

転職したケースでは、高確率で以前の会社の仕事はほとんどの出来事は美化されます。

転職した際には、高確率で前職でのたいていは美化された記憶となります。実を言えば現在の仕事内容に不満があるから、そういった思いをクリアするために思い切って新たな仕事に就いたのに、過去を振り返ると不思議と転職した会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じます。それというのはそれもそのはず、以前の職では仕事を把握していて、楽にまいにちの業務をこなしていたのが、理由にあるはずです。ところが、「やっぱり転職するんじゃなかった」と心底後悔するほど、前の仕事の方がやりがいも高く評価されていた事もあります。

近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある…

今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは会社が雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合や残業時間によっては日数をおかずすぐもらえる場合があります。さらに「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基準にして手当の額を計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

失業することによって得られる失業保険は、失業のあいだが給付条件です…

失業時の助けになる「失業保険」は、失業している間もらえるが、期間に制限があります。失業時までに働いていた期間によって90とか120日とか決定されるのですが、なんとこれを知らない人が一定数います。永久にもらえると思い込んで「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから焦りながら仕事探しを開始しても条件のよい仕事を見つけるのは困難です。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった内容はだいたいバレると思っておくべきです。ときには、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて難しくなります。

長年接客業で仕事を続けてきたのですが、年のせいか立ち続けなければいけない仕・・

長いこと接客業で務めていたのですが、年齢を重ねると共に立ったまま行う仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事を続けられるオフィスワークへお仕事を変えることを第一目標として動きました。事務の経験がないとなるとなかなか難しくて、そこで接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も取り個人の医院に転職しました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばかりさせられて、接客業をしていた頃より帰宅する時間も遅いのですが、最初はキャリアを形成しておかなければいけないと腹をくくり頑張ります。