派遣で勤務しています。派遣法とかのからみで長期間務めて・・

派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法のからみ…

  • 派遣で就業しています。労働契約法のせいで長期間働いた派遣先の会社での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣である人の中には、派遣先の企業から直接雇用の契約を得た方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけた話仕事の能力とは関係なく派遣先の上司へのあしらい方が上手な方で引き立てがあった様子。仕事ができるかどうかよりもおじさんを転がす能力が必要なんじゃないのと抜擢されなかった派遣仲間の友人と職場で毎日不満をたれています。

    ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に受かったの・・

  • とある古物商の会社で、書類選考に合格しました。その後面接の日時について担当者から連絡をもらい、しかし、当日、指定場所に向かうと、なぜか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、始終だらしのない態度で迎えられ、なんとか面接が終わりました。でも、予定日になっても結果連絡が一切来ず、ガマンできなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待ちましたが、結局届かず、仕方がないのでふたたび、連絡をした結果、なんと、「残念ですが不採用です」、とすぐに電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、採用されなくて良かったと思っています。

    退職|転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だとされています。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。多数の企業は履歴書や職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類の作成が大事といえるでしょう。単に文字を書くだけでなく、内容を魅力的なものにすることが大事です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書いておきましょう。さらに、現在の会社で挙げた実績を、例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などかなり具体的に書いていきます。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントを活用したり、上手な文章を引き出したりして自分のブランディングのために転職エージェントを利用することも転職を成就するための良い結果を導きやすくなります。

    求人情報には大部分の会社では月の収入が記載されているはずです。

  • 求人関連の情報では、月収の記載に目が行きますよね。だけれどもこの箇所を確認する際は、注意して確認する事が必要です。額の多い少ないだけ見てわかってしまってはいけません。何故かというと会社によっては、月収の額の中に月30時間残業の場合が含まれているおそれもあります。それは残業代の金額を入れて良い案件に見せて、人材を募集しているケースも少なくないのです。また「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあります。ですから、その手のよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

    転職活動をされるなら、気になる求人(または業種)があれ…

  • 将来転職活動をするという時は、気になった求人(OR 業界)があれば、絶対「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職エージェントでは、その業界に関するマイナス点は知ることができないのが普通です。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索ですぐに実態を知ることができます。そういった現実を知らずに入社すると、直後にガッカリしてしまう可能性が高いです。そもそも求人が出ている理由が、「業務内容が厳しく、なかなか人が定着しない」というケースがかなり多いため、目に留まった業種や案件に関しては、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

    転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を使うほか、…

  • 転職期間のあいだは、趣味に没頭する他、体力を損なわない生活が良いです。仕事を再始動したときに、趣味に没頭していた影響で、無意識のうちに集中力がアップしています。また体力アップしていることでその場の社員さんよりも疲れない体になっているということを認識します。ということで、退職したら自分の好きなことに打ち込むことと、体力を落とさないようにすることをしておいて損することはありません。勤め先が決まり、職場にて同じ趣味の人と出会えれば、会話が盛り上がるので、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

    大半は大きな会社は定期採用中心で、転職希望者には不向きです。

  • 多くの場合一流企業は定期採用中心で、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。そればかりか、郊外~地方となるとより状況がたいへん小さくなります。しかしながら製造業の企業の場合においては、都市部でない地方の工業団地付近に工場展開している事もとても多いです。そういう地方工場では事業分野の拡大にあわせて人員募集をする事が結構あります。この好機に転職するのも悪くないでしょう。地方の工場に転職しようと思うなら、転職を希望する企業についての情報を事前に仕入れておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人予定がないか時々チェックすると良いでしょう。

    何年か前までの求人誌には、募集要項の中に「性別」が、…

  • 一昔前の求人情報に募集要項の中に「性別」が、書かれているのが普通でした。しかしながら最近では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用時、男女の差別をあってはいけないとして、募集要項の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。ですが、募集情報を出す企業は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。実際問題、男性を必要な会社に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまい、といった問題も無関係ではありません。もしも、「女性が活躍している仕事場です」とアピールしている場合、雇用側が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうが良いといえます。

    転職活動をするにあたっては、様々な方法で情報を得るのが通常だと思いますが…

  • 転職活動を始めるとき、あれこれ情報収集されるとは思いますが、転職についての口コミサイトはとても有益です。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復としてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、見方を変えると、ウソの書き込みだったのなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。しかしながら、真実はクロで「周囲に気づかれたら恥になるから、はやく炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生する確率が高い、と判断して問題ないでしょう。そもそも、本当に善良な会社であればトラブルは起こりませんから。

    初めて転職を行う場合、忘れてはならないのはどうして現在の仕事を去るのか…

  • 最初に転職を行うとき、注意すべきことはなぜ今の仕事を去る必要があるのかについてクリアにしておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておいた方がいいでしょう。問題解消が見込める会社を決めるのです。社会人の転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、今の仕事をこなしつつ転職活動を行うので、時間と体力を消耗します。ゆえに理由が明確にされないまま転職を試みた場合、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。「なんとしても転職したい!」「現状をゼッタイに変えたい!」という強固な気持ちがない場合は、転職活動を本格的に始めることはやめておくのが無難です。

    退職|再就職の際の面接での身なりは企業側からクールビズ可と…

  • 再就職の時にする面接では会社側からクールビズで来てくださいとと連絡が来るケースもあります。しかし、クールビズで面接するのは実際は悪い印象を与えるのでは?と感じてしまう人もいます。クールビズに関する不安を抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、クールビズOKだと言われた面接なら、言われたことをそのまま行動に移したほうが安心です。疑心暗鬼になってしまい、汗をかく季節にクールビズでないと面接担当者に不自然な印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズ可と書かれていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

    転職するための期間中は、どうしても、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。

  • 転職期間中は、どうしても、時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、ダラケタ生活になってしまいます。ですが、そんな過ごし方を常習化させるのは危険です。人というのは、ダラけた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。いつの間にか仕事をしようとする意欲がなくなり、お金に困る未来がやってきます。そうすると、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の職場をうまく見つけられなくなります。転職先を決めることができないのは、お金を一番に考えるからです。お金を第一に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

    仕事を変えると、高い確率で以前の仕事はたいていの出来事は美化されます。

  • 職を変えると、大体の場合、前の仕事の多くの出来事は美化されます。本当のところ現在の待遇に自分に合っていないと感じたから、それを解消するためにやっと転職したはずなのに、気付けば不思議なことに転職後の会社よりも「前の仕事のほうがマシだった」と感じることが増えてきます。普通で、前職は仕事を把握していて、今よりもすんなりとやるべき業務もたやすくこなせていたのが、一番の理由にあるはずです。実際は「退職しなけりゃよかった」と後悔するほど、過去の仕事のほうが全体的な雰囲気ややりがいがある場合があります。

    近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事にある程度期間がある方・・

  • これから転職される人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は会社がもし「雇用保険」を払っていた場合は、だれでももらえます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合や残業時間によってはただちに受け取れる可能性もあります。ちなみに、「失業手当」の金額は、会社の仕事を辞めた月の給料を基準にして支給する額を算出されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

    退職|失業した人に給付される失業保険は、失業しているあいだが給付条件となります…

  • 失業することによって得られる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、延々と給付されるわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、なんとこれを知らずに失業中である限り給付されると勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りながら職探しをしたとしても好条件のところを見つけるのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、失業中に何をしていたか位はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。場合によっては、面接官から失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。

    長いこと接客業で仕事をしていたのですが、加齢のせいか…

  • 長い間接客業でお勤めしてきましたが、加齢とともに立ったままのお仕事は体力的にしんどく、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを志して行動を起こしました。事務の経験がなければけっこう厳しくて、そこで接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格も合格し個人の病院に転職をしました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係を築くのに手間がかかる。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅時間も遅いわけですが、最初の頃はキャリアの形成時期だと考えて仕事を続けます。