派遣での仕事が決定しました。仕事の最初の日に派遣会社の営業担当の人・・

派遣での仕事が決まりました。仕事の最初の日に営業を担当している人…

  • 派遣のお仕事が決定しました。最初の出勤日に営業の担当の人と勤務先の近くのコンビニエンスストアで落ち合う予定だったのですが、なぜかコンビニエンスストアの前にいないので店の中にいるのだろうと思いコンビニエンストアの中に入ったところ、彼はあろうことか雑誌コーナーの前に座り込んでいかがわしいグラビアのところを開いて閲覧しているのを発見!こんな担当の方の仕事なんて絶対嫌と考えて、そこで声をかけずに店の中から出て即刻派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。
  • 退職|新たな勤め先でこれまでに培われてきた実力を活かすことができれ・・

  • 新たな職場にてそれまでに培ってきた実力をフル活用できれば、即戦力として認知され、割と早く仕事場にも馴染めるようになるでしょう。いい人を求人している会社側も、そういった人材は常に欲しがるものですから、時期さえ合致すれば、難なく採用されるでしょう。更に過去の業務内容と同じ仕事内容なら転職はかなり楽になるでしょう。とはいえ、ある程度の実力があるといっても大手の事務職系や公務員(国家・地方ともに)の募集などは、今も昔も相当な難関になることを覚悟しておいたほうが良いです。
  • 退職|在職中には、できるだけ水面下で(自身の経験談です・・

  • 就労期間にあるときは、できるだけ同僚にバレないよう(自身の場合)雇用期間中に「転業するかも」という気持ちのみを早い段階で社内で話したことがあります。けど、その顎、転職情報を探してみたものの、思いとは裏腹に転職するタイミングさえも計画も立てずに進めていたので、やみくもに時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその一方、当時所属していた会社の方は、退職に関わる手続き、私の退職日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験し、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 転職活動を行っていると面接のときに必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていて面接のときに例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、隠さずに話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは賢明ではありません。たとえば報酬に関する不満、人間関係に対する不満など、採用担当者によいイメージを与えるものではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。さらに、「入社したら、〇〇をやっていきます3年後にはこうなっていたい、そのために御社を選択しました、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。
  • 再就職時の面接で着用する腕時計については、目を惹くよ…

  • 転職する際に行われる面接を受ける時につけていく腕時計についてですが、明らかに目立つものはやめた方が好ましいです。目立つというのはブランドの腕時計とか、といったことだけではないのです。それとは反対に安物に見られてしまうとか、そういう目を惹くという意味であって真反対なことで目立つのだと覚えておいてください。転職時の面接につけていく腕時計についてもポジション的にはネクタイやスーツのようにとらえて、面接にふさわしい安全なものを選ぶのが良い印象を与えてくれます。しかし、年齢にあった腕時計であるということも不可欠なことで、新卒の頃に面接時に用意した腕時計よりは多少でも値段が高いものにした方が好印象だとはっきりといえます。
  • これは知り合いからの話です。始めに大学生のときの就職活動で…

  • こうした話は知り合いの話です。始めに新卒として入社することを強く希望していた目標であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら内定を得られず、ですから不本意ながら別の会社に入りました。そのあと2年経たぐらいに派遣の求人サイトを閲覧していて偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなり当時の会社をすぐさま退職し、A社での派遣の就業を開始、やったな、と思った行動です。死ぬ気で頑張ってそれから後なんとかA社で正社員として仕事をすることができ、現在では仕事に誇りを持ちつつ楽しく仕事しています。
  • 退職|昔から日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが・・

  • ”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。ですが、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。転職したいなら、大切なのは適した時期を見逃さないということです。まず、現在の職場、仕事、職場に関して、不満に思っている点を10個前後、探しておきましょう。こうすることによって、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、迅速に、今よりも良い仕事ができるよう、努めることも大切です。
  • 新しい企業がいいと転職活動をするときの場合は「ちょっとでもは・・

  • 新しい企業の社員になりたいと転職を希望するときの場合には「1日でもはやく、内定(採用通知)をもらいたい」と考えがちです。しかしながら、その気持ちが強くて良い知らせほしさのばかりに、自分自身をより大きく見せたり、またその逆に過小評価するかのような行動をするのは可能な限りしないでください。そうではなくて、焦る気持ちはこらえて、冷静になりつつ、自分にふさわしい職場を探すことに専心しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く選択してみましょう。
  • 今あるスキルや資格を武器に転職活動をするつもりなら…

  • 自身のスキルや資格を活用しながら就職活動する際は、転職がしやすい業界と、比較的、転職が難しい業種がある事を理解しておいてください。転職しやすい業界は、慢性的に人材が不足している医療や介護系の業種がとても有名ですね。医療や介護では、看護師および介護士の資格が必要で、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。今、医療や介護の現場で働いている人が、ワケあって、異業種に再就職する事を考える場合、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、ですので、簡単に考えないことが重要です。異業種への転職される場合は、他の業界では医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。
  • この先、私たちの労働環境において、確実に短絡的な労働・・

  • この先、私たちの労働環境において、徐々に短絡的な労働は機械化に置き換わって当然の結果としてそういう仕事をする人員は少なからず減少させられてしまいます。というのも、思考を必要としない仕事は人間よりも機械を稼働させたほうが圧倒的にすぐれているからです。例えば、数を数えたり同じ動きを繰り返したりすることは機械には何の苦もないのです。人と違って文句も言わず、疲れることもないし、適当にすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるメリットもあります。加えて、人と違って給料を渡す必要もありません。こういった点から、生身の人間を使う意味が無いため、機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。
  • キャリアップしたいと思いかなりいくつかの人材紹介会社に登録していのだ・・

  • 転職を考えていた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それはサポートしてくれる担当者のレベルが多様で大体は物足らないと感じるアドバイザーばっかりでした。こちらは人生がかかっているのにもっと心して向かい合ってほしいという願いがいっぱいになり、そんなことがあり自分自身がキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーの資格の取得は費用もいりましたし資格取得のための勉強面に関してもハードですが、お仕事を探している人から頼りにされる人になるべく頑張っています。
  • 転職をしようとする際に絶対に書く履歴書や職務経歴書などにおいてです…

  • 転職をする場合絶対に書く必要がある履歴書などにおいては、基本的にはパソコンを用いて作るのが主流です。日本国内では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで書くのが一般的だと思われていることもよくありますが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、実際のところ、転職のケースは履歴書や職務経歴書は100%パソコンを使ってはいけないとまで言い切ることはできません。手書きを高く買うケースもありますけど、違うケースが徐々に多くなってきていますから、自筆の履歴書でなくても良い会社はたくさんあるのです。
  • 退職|転職活動を始めるとき、始める前に、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして…

  • 転職活動を始める場合、前もって、公式サイト、求人票、パンフレットといったもので興味のある会社を調べるでしょう。ところが、その会社が情報を載せる際には、専属「コンサルタント」の指導が入っている、という事実を理解しておいた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。仮に公表するとしても差しさわりのない表現をします。そういった類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、それをすべて信じるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんな話じゃなかったのに・・・」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、難癖をつけながら退社できないように策を練ってきます。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。
  • 退職|就業していた会社で相性の悪い上司に心をすり減らし、その結…

  • 昔務めていた会社でパワーハラスメントを行う上司に心をすり減らし、ついに我慢することができなくなって退職し、同業者である別の企業へ移りました。転職先の会社では会社に行くのが楽しくとても満足の日々でしたが、だんだんと会社の業績が悪くなって、結局はとある会社に経営統合されることとなりました。ところがその経営統合した先の会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、おまけに感じの悪かった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、ここまで縁があるとは。言うまでもなく新たな転職先を探す活動を始めています。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経った・・

  • 派遣社員というものは、契約期間を迎えたら好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職したことで学びました。結婚した後、生活が落ちついたら、できればすぐさま子供を持ちたかったので、妊娠するまでの期間のために数年ほど今の会社で継続で仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、給料は少なかったですが、仕方なく時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。ところが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはみなさん派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。派遣社員だからといって、すぐに辞められるワケではないと、これが今の悩みになっています。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを使用して、転職活動する人は少なくありません。ですが、より転職の可能性を高めたいなら、転職フェアの利用が有益です。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、そこに足を運ぶことにより複数の企業の情報に触れることができ、そして、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業の個性を伺えるはずです。これから、転職フェアに参加する場合には、面接を受けに行くのだと思って準備することを怠らないようにしましょう。フェアの最中に自分の魅力が企業に伝われば、その後応募して本格的な面接時に非常に有利になると予想されます。