最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済に関係する政策が次々と打ち出されています。経済政策が日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間においても今までとは異なった社会的な変化が増加しつつあります。そういった変化が加わったことで、民間企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が根深い問題となっています。なお、「外国人労働者」の割合を現状よりも増やしていく、と安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

新卒で入社した会社を離れ、思い切って転職しました。

新卒採用で入社しましたが、転職すると決意しました。実際に転職する前後は、しばらく悩んだように思います。でも、社会人になって数年後には仕事を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると転職活動を通して知り、自然と不安が消えて、安心しました。また1度、転職を経験したことによって徐々に肩の荷が下りたかのような気分になり、自分の好きな仕事を再確認できて嬉しくなっていきました。いまだに「仕事を変えるのは良いことじゃない」といった転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の人生においては転職してみるも大事だと思いました。

転職のための面接を受けに転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職の面接を受けるため転職希望の会社へ赴いたときのことですたまたま会社内の面接をする部屋が空いていないというわけで外部の会場で面接をする方と待ち合わせて採用面接が行われ、その場所で解散をし、面接担当者もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、ビックリしたのは下車する駅が私と同じだったのです。それで電車内においても面接を行った人とずっと話をしながら帰ることとなり、その結果緊張が解け面接しているよりもお話が弾んで、それが奏功したからなのか運良く採用を手に入れることができました。

自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意した方が良いです。

自分の好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は注意が必要です。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが本当に大好きでそれが理由で飲食店(レストラン)で働いていた時期がありました。その飲食店での業務は、そのお店で私が担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんでいたのですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまったのです。そのことが原因で、仕事をやめることにしたのですが、それと同時に、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物さえも苦手になり、類似の飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことですが、しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、もう一度自分と向き合う必要があります。

転職を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返しません。現在は、ネットを使って精神面を強くするための自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。また、転職と異なる行動をする事もメンタル面を強化することが可能です。何かと言うとズバリ「海外に行くこと」です。海外に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、どんな瞬間も勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、今までの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただ、退職間もないあいだは、精神的に弱くなりがちなので、気力回復のために休業期間も必要です。

『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば…

『転職したい!』と思っている人で自身の意志が本当に強いものであるなら、即、上司にその旨を伝えておきましょう。しかし、そのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際にわたしが転職をすると話した時には退職を引き伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。退職する旨をはじめに直属の上司に話した時は年度末、退職届けを出せたのは同年の11月です。本当ならは区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、思ったとおりにはいきませんでした。やはり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの要望を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので心底会社や上司に対して失望しました。

転職時の採用面接でのよく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいとあからさま…

転職の際に外せない採用面接での、してはいけないのは良い印象を与えたいと過度に猫かぶりすることは、思いのほか不採用となる可能性が高いです。ですから、猫をかぶるよりも面接時は、「休暇」など、普通であればかなり質問しづらいことを思い切って率直に質問しておくと、最終的に確実にあなたのためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なそういった質問をすることで選考結果に不採用になるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、ですが、意外と相手からの印象もいい可能性が高いといいます。これらの労働環境やお金に関連する疑問点は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。それなのに、面接応募者の多くは、大半の人が質問を躊躇しています。けれど、一歩踏み出しておくと、「こいつは他と違う」と面接担当者へのアピールとなるのです。

現在の職場や業務内容について何かしらの不満点があるはずです。

現在の自身の職場や仕事に対する大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自身の能力(スキル)を真面目に評価してくれない」そのため、「賃金は変わらないし、将来的な昇格も期待できない」といった点が多くを占めるでしょう。しかし、気持ちは理解できます。しかし、そういった悩みを持っている人の中には自分の持っている手腕を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。仮に、そういった人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、中々就職先が決まらないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態に陥りがちです。なので転職活動をスムーズに行うためにも、自分のスキルや能力を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。

退職|女性が再就職する場合、一昔前と今とで少なからず、状況に違いがあったりします。

女性の再就職については、セクハラが社会的に問題になる前と今とで多少の違いがあるようです。一昔前は、結婚の予定や出産予定などに関して、ごく普通に質問されることが多くありました。ですが、今の社会では、その手の内容は、セクハラに該当するかもしれないので質問を避ける会社が増加傾向にあります。そして、世間に名の知れた大企業ほど、NG質問として神経を尖らせているようです。とはいえ、企業側は、YES・NO、の2択でなく、その女性の人生観、結婚後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを漠然とは知っておきたいとは思うはずです。自身の将来設計をわかってもらうためにも、自己PRや志望した動機とともに伝えることで、相手方の疑問も解消できると考えられます。ですから、聞かれていない内容でも、先にあなたの方から企業にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いです。

転身を念頭に置いているならまめに多種多様な企業を定期的にチェックしておけ…

転身を予定しているのなら、労を惜しまずにたくさんの企業を普段から調べておくと転業先の判断が大いにしやすくなります。今の職場に何かしらの不満がある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社もいいように映ってしまいます。そうすると、どの企業を選択していいのか迷いが出てしまい選択を誤りかねません。ヘタをすると、早々に不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その転職したい会社の「取引先」も要チェックです。良い会社は、取引している会社情報を開示していますし、反対にそうではない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。さらに、会社によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

再就職の面接などにおいて担当者に名刺を手渡された・・

再就職の時の面接などの際に名刺を手渡されとしたら、自分も相手の方に名刺を差し出すべきであるのかどうかと対応の仕方に迷った際は、大体の場合は渡す必要はないと思っておきましょう。面接というものは仕事内のことではなくて、職を得るための採用活動内のことです。ですから普通一般的には名刺を交換する時ではないのです。加えて、あなたは立場上会社の人間として出向いているのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。という事で、もしも相手側から名刺を差し出されても、こちらにおいては名刺を受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげる必要は少しもないと判断できるのです。

仕事のなかで精神的なダメージが蓄積され、転職せざるを得ない状況にまで悪化したな…

仕事のなかで精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職せざるを得ない状況に至ったなら、そのときは、職場の人と相談していくより家族などの近しい存在の人に相談したうえで、退職するかどうかを決めたほうがいいです。それは、仕事をするということは当事者であるあなたです。が、しかし家族の問題が第一でもあるからです。毎月、どれだけ高い給料を得られたとしても、精神的ダメージを負うほど無理しながら仕事をするのは望ましくありません。現在では、金銭的な豊かさよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にする生き方も認められつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族とともに、あなた自身の心身をいたわりましょう。

退職|転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。

転職しようと考えている会社で会社見学などがあるとすごく勉強になります。特に、「職人」さんがいる会社では、職人技を近い距離で見られるので楽しくなります。が、「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、普段の仕事風景を見せてくれることはまずありません。例えると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に働きだしてからでないと、実際の姿はみえないものです。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことが賢明です。さらに、見学の時に仕事体験できる会社はとてもキケンですし、気を付けるべきです。入社していない人には万が一何かあっても、それに対する保証は一切ありません。仮に、勧められてもやんわりと断ることが大事です。

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。とはいっても、仕事を続けながら求人を求めて奔走したり、面接を受けるのは心身ともに消耗が激しいです。転職活動を行っている間は、今の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、そうではなく直接応募していた場合も相手企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにしても自分の大事な時間を浪費することとなるため、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しておくべきです。

退職|転職をするならば、当然やりがいのある仕事か考えることも大切だけ…

転職先を決めるのに、当然仕事におけるやりがいアップも重要だけど加えて年収のアップも重要なので「年収サイト」というところに登録をして今いろいろ研究をしています。同一の会社で加えて同一の職種、経歴であるのに人によって大きく幅がある場合も多くて、正直に言うと面接を受けた時に質問したことがあります。面接官もそのサイトを見たことがあるようで「高い収入で書いているのは、書いた人物について誰なのかだいたい予想がついてるんですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入だと覚悟しておいてください」とのことでした。

退職|転職サイトは有名なサイトの方が掲載される企業の数も多くなるた・・

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される数も多くなるので、興味のある2,3の会社を、サイトに登録した上で、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、次に自動で案件についての連絡が入るようにしておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。だとしても、初回だけは登録するのがとても大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初回時、時間が多少掛かるため、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、後々のためにも、初めの準備を抜かりなく行うことを頭に入れておきましょう。